*

水野信元 清洲同盟の立役者だが最期は甥の徳川家康に処刑される運命!

徳川家康主人公の2023大河ドラマ「どうする家康」から登場人物を紹介しています。家臣の紹介が多かったのですが、今回は身内を紹介していきますね。

取り上げるのは徳川家康の叔父にあたる水野信元です。水野信元は、徳川家康の実母である於大の方の異母兄になります。

「どうする家康」での水野信元役は、寺島進さんが演じていますが、過去のNHK大河ドラマでは「徳川家康」「麒麟がくる」でそれぞれ村井国夫さんと横田栄司さんが演じている役です。

その他、水野信元は「水野一族の光と陰」や「図説 徳川家康と家臣団 平和の礎を築いた稀代の“天下人” 」にも登場しています。

水野信元の生まれは?

水野信元は、1522年前後の生まれと伝わり尾張国知多郡東部と三河国碧海郡西部を所領としていた水野忠政の次男として誕生しました。

父・忠政が、1543年に亡くなったことで水野家の家督を継ぎました。

水野信元には、近守や信近をはじめ忠守や近信など9人の兄弟に加え、於大の方をはじめ松平家広や石川清兼などに嫁いだ6人の姉妹がいます。兄の水野近守は父よりも早く亡くなったため次男の信元が家督を継ぐことになったと思われます。

水野信元 今川氏や織田氏を行ったり来たり

水野信元は、徳川家康が誕生した1543年に於大の方と松平広忠が離縁していることから今川氏から離反して織田信長の家臣になったと考えられています。

しかし、小豆坂の戦いで再び今川氏の傘下となりました。更に1554年には、今川氏による水野氏征伐をきっかけに再び織田氏の傘下に入ります。

何となくあっちに行ったりこっちに行ったりと風見鶏の様に主君を変える節操のなさですよね。まぁ戦国時代を生き抜くには仕方がなかった事かもしれませんが・・・。

水野信元 清洲同盟を取り持つ

水野信元は、20歳前後で家督を継いでいる事からそれ以前に初陣を果たしているはずですが、記録がなく家督を継承した1543年に宮津城の新海淳尚や成岩城の榎本了円や富貴城の戸田法雲を攻め滅ぼしています。

そして、知多半島の覇権を得るべく戦と身内の政略結婚を推し進めていきました。その犠牲(?)となったのが於大の方ですね。

戦国大名としての水野信元は、1570年の姉川の戦いでの佐和山城攻略や1574年の長島一向一揆の参戦など多くの武功を挙げています。

更に、水野信元は徳川氏と織田氏の領地の中間に所領を持っていたため徳川家康と織田信長の仲を取り持ち1562年に清洲同盟を締結させました。清洲同盟の立役者として、一目置かれる城主となったのです。

水野信元の最期 甥の徳川家康に殺害される

水野信元は、織田信長の家臣であった佐久間信盛による讒言がきっかけで信長の命を下された甥の徳川家康によって1576年1月27日に殺害されました。

水野信元の享年は、55歳前後という事になります。

佐久間信盛による讒言は、織田氏と敵対していた武田勝頼の家臣・秋山信友と内通したというものです。勿論、これは冤罪でした。

信元は、身の危険を感じたために家康の居城であった岡崎城に避難しました。しかし、信長の命令に逆らえない家康は三河国の大樹寺で信元を処刑したのです。

信長による命令で身内を処刑するというと築山殿や嫡男・松平信康(自害ですが)と同じですよね。しかも武田家との内通が原因なのは築山殿と同じですし。

ab

広告

関連記事

藤原公任は藤原道長よりも名門出身の御曹司!紫式部や清少納言とも交流あり

大河ドラマ「光る君へ」で、町田啓太が演じる藤原公任(ふじわらのきんとう)にスポットをあててみますね。

記事を読む

織田信秀 ライバル・斎藤道三や息子・信長とは正反対の秩序ある武将

今日、紹介する大河ドラマ「麒麟がくる」の登場人物は、織田信長のお父さんである織田信秀です。 ド

記事を読む

徳川将軍家 夫に冷遇された御台所

江は、徳川将軍家で唯一の次期将軍を生んだ御台所であり、夫からも大切にされた女性です。御台所の中では、

記事を読む

お振の方と千代姫

徳川家光の側室といえば、「お万の方」「お玉の方」「お楽の方」「お夏の方」が有名です。っていうか、この

記事を読む

西郡の局 徳川家康の娶ったはじめての側室で督姫の母

徳川家康のはじめての側室と伝わる西郡の局(にしのこおりのつぼね)は、大河ドラマ「どうする家康」で北香

記事を読む

今川氏真 徳川家康との関係やその子孫について!最期はどうなる?

大河ドラマ「どうする家康」で、溝端淳平が演じているのが今川氏真(いまがわうじざね)です。氏真は、今川

記事を読む

真田幸村 江

真田幸村 江 に登場! 大河ドラマ「江」の登場人物の紹介、今回は真田幸村です。 戦国大名の中です

記事を読む

榊原康政 徳川家康のお気に入りで豊臣秀吉を怒らせた徳川四天王のひとり

徳川家康の家臣であった榊原康政は、大河ドラマに何度も登場している人物です。 今年の大河ドラマ「

記事を読む

藤原秀衡の正室が義理の息子・藤原国衡に再嫁する!?マジ話でした

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」先週の第20回放送で気になる場面がありました。 その場面というのは

記事を読む

源行家 死神と言われた男の最期とは?源頼朝、源義経、源義仲の叔父

さて、本日取り上げるのは源頼朝・源義経・源義仲の叔父にあたる源行家(みなもとのゆきいえ)になります。

記事を読む

ab

広告

ab

広告

藤原定子 夫・一条天皇に寵愛されたが実家の没落に見舞われた悲運の皇后

母の高階貴子や清少納言は取り上げたのですが、肝心の藤原定子を取り上げて

藤原宣孝 紫式部の夫で歳の差20歳以上?結婚生活は約3年で死別する

紫式部は、源氏物語という名作を世に出しましたが、当の本人は清少納言や和

清少納言と紫式部は犬猿の仲!?2度の結婚と藤原定子への宮仕え

紫式部のライバルとして名高い清少納言を取り上げます。 大河ドラマ

藤原道長の妻 源明子は本来なら女王の身分!源倫子との格差が大きい

藤原道長には、嫡妻である源倫子のほかに妻がもう一人います。源明子と言っ

藤原実資とその妻・桐子の夫婦仲は?日記「小右記」は本当にあった

お笑いの「ロバート」秋山竜次が、大河ドラマ「光る君へ」で藤原実資を演じ

→もっと見る

PAGE TOP ↑