*

安徳天皇の伝説

公開日: : 最終更新日:2016/12/19 大河ドラマの登場人物 , ,

平清盛が溺愛したといわれる孫の安徳天皇について取り上げてみたいと思います。私の安徳天皇のイメージは、壇ノ浦で祖母に抱かれて入水自殺をする可哀想な幼子です。

安徳天皇は、高倉天皇と中宮徳子(清盛の娘)の間に生まれました。生後生まれてすぐに太子に立てられ、そしてわずか3歳で天皇の位にのぼる。しかし、その後、平氏は源氏との戦いに敗れて壇ノ浦で平氏一門は滅亡します。安徳天皇は、この時わずか8歳だった。

入水するとき、安徳天皇は、祖母の平時子に「どこに連れていくのか」と尋ねた。平時子は、涙ながらに「この世はつらい事ばかりなのでこれから極楽浄土にお連れします」と慰めたらしいです。安徳天皇は歴代の中で最も寿命が短かった。

安徳天皇は、翌日に遺体となって漁師の手で引き上げられてます。何だか、このあたりも平氏の行く末を象徴しているような感じがしますね。

ただ、やはりこういった最期の場合は、どこかに落ち延びたという伝説伝承も多く残るものです。源義経なんかもよく聞きますね。安徳天皇も例外ではありません。平家の落人伝説もありますし。全国いろいろなところで安徳天皇が生き延びたという伝説があるそうです。

ab

スポンサーリンク

関連記事

今川氏真 徳川家康との関係やその子孫について!最期はどうなる?

大河ドラマ「どうする家康」で、溝端淳平が演じているのが今川氏真(いまがわうじざね)です。氏真は、今川

記事を読む

三条西実澄から細川藤孝への古今伝授!三条西家の公家としての家格は?

大河ドラマで気になる人物を紹介しています。今日、取り上げるのは石橋蓮司が演じている公家の三条西実澄で

記事を読む

柴田勝家とお市

柴田勝家とお市 について。 2011年大河ドラマ「江」のヒロイン・江姫の母であるお市。 2度の結

記事を読む

no image

祇王祇女と仏御前

平清盛の寵愛をうけた白拍子ということで、ドラマにも登場した祇王祇女、そして仏御前について取り上げたい

記事を読む

徳川家康について

徳川家康について エピソードをご紹介します。 お江の後の義父になる徳川家康について、色々と調べてみ

記事を読む

明智光秀の娘 長女・岸の2度の結婚と最期について

大河ドラマ「麒麟がくる」ですが、本能寺の変まであと5年なんですね。という事は最終回も近いという事か・

記事を読む

静御前 源義経の愛妾!しづやしづの舞を披露した白拍子

先日、源義経の正室である郷御前(「鎌倉殿の13人」では里)を取り上げましたので、もう一人の妻である静

記事を読む

no image

平明子 清盛の最初の妻

平明子さんは、あまり情報がないので とにかく探しまくりました(汗) 2012年NHK

記事を読む

土岐頼純 帰蝶の最初の夫で美濃国の守護大名

第2話目の大河ドラマ「麒麟がくる」も面白かったですね。今回は、最終回まで楽しく観れそうです。

記事を読む

正親町天皇 坂東玉三郎が演じる美しい帝と弟・覚恕との仲

坂東玉三郎が演じている第106代天皇の正親町天皇について調べてみました。 昨日の深夜、NHKで

記事を読む

ab

スポンサーリンク

ab

スポンサーリンク

石川数正の出奔の原因となる説とは?長野県・松本城の築城について

2023年の大河ドラマ「どうする家康」で、俳優の松重豊が演じている石川

徳川美術館や名古屋城や熱田神宮の見どころは?名古屋の観光名所への行き方

前回の愛知県岡崎市の観光地(岡崎城やなど大樹寺など)に引き続きNHK大

岡崎城、八丁味噌の郷、大樹寺への行き方とそれぞれの見どころ

いつも大河ドラマの登場人物ばかりを紹介してきましたが、今回は久しぶりに

早川殿 今川氏真の正室で大河ドラマ「どうする家康」では糸という名前!

昨日取り上げた今川氏真に続いて、その妻である早川殿を取り上げたいと思い

今川氏真 徳川家康との関係やその子孫について!最期はどうなる?

大河ドラマ「どうする家康」で、溝端淳平が演じているのが今川氏真(いまが

→もっと見る

PAGE TOP ↑