*

早川殿 今川氏真の正室で大河ドラマ「どうする家康」では糸という名前!

昨日取り上げた今川氏真に続いて、その妻である早川殿を取り上げたいと思います。

大河ドラマ「どうする家康」では、女優の志田未来が演じていて名前は「」(勿論、仮名)という設定になっていますね。

それでは、早川殿はどんな人生を歩んだのか紹介していきたいと思います。

早川殿 今川氏真の正室になるまで

早川殿の出身は、相模国(現在の神奈川県)です。

そして、早川殿は北条氏康の長女ではあるが庶子であり、氏康の正室・瑞渓院(今川氏親の娘)から生まれた嫡男・北条氏政の異母姉とされてきました。

しかし、近年の研究により早川殿も北条氏康と瑞渓院の子供だと言う説が有力になってきているそうです。確かに甲相駿三国同盟を結ぶにあたって嫡出子でないと成り立たない感じもしますよね。

なぜ早川殿が長らく庶子だと思われていたかというと、瑞渓院の嫁入り時期が関わってきます。嫁入りが天文6年説から2年前にあたる天文4年説が唱えられ瑞渓院所生の子でも成り立つようになったためです。

その後、早川殿は武田氏、北条氏、今川氏の同盟関係により婚姻政策の一環として天文23年(1554年)に今川氏真と結婚することになりました。

早川殿の生年月日は分かっていないので、何歳で嫁いだかはわかりません。ただ、先述の母・瑞渓院の嫁入り時期を考えると19歳ぐらいで氏真に嫁いだ可能性大ですね。ちなみに夫となる今川氏真は天文7年生まれなので結婚当時は16歳で年下でした。

早川殿と今川氏真の婚儀は勝山記に記されており、かなり盛大だったことが分かっています。そういえば、武田信玄の娘・黄梅院が北条氏政に嫁いだ際も輿入れの行列が大変豪華だったと言いますね。いかにこの同盟が重要視されていたかが分かりますね。

三国同盟による政略結婚は、今川氏真・早川殿の夫婦以外の2組は悲劇的な結末を迎えてしまいましたが・・・。(すべて武田信玄のせい!?)

早川殿 逃避行が歩きで父・北条氏康が大激怒

早川殿のエピソードで、有名なのが歩いて逃避行した事でしょうか?

永禄11年(1568年)の12月という寒い時期に、甲斐国の武田信玄が駿河侵攻を行いました。その時に早川殿は、夫・氏真とともに遠江国の掛川城へ逃避行しました。

この逃避行の際、武田氏は早川殿の保護を怠ったために早川殿は徒歩で逃げる羽目になりました。この事を知った父の北条氏康は大激怒して武田氏との同盟を破棄してしまいました。そして、長年の宿敵だった上杉謙信との同盟に切り替えたのです。

武田氏との同盟を破るほど激怒して宿敵だった上杉氏と同盟を結ぶということは、早川殿は父にとても愛された娘だったのでしょうね。

早川殿 掛川城の戦い後の行方は?

遠江国の掛川城は、結局、徳川家康により開城を促されて今川氏真と早川殿は沼津に移ることになります。このことから今川家は統治権がすべて無くなり戦国大名として滅亡することになります。

その後、伊豆にある今川家の御料所がある大平郷に移り大平城を築きました。早川殿は元亀元年(1570年)に小田原付近の早川郷へ移ったとされています。

ここで、お分かりですね!
早川殿と言う名はここから来ているのです!!

父の北条氏康も亡くなり、最終的にこの夫妻は徳川家康を頼る事となります。京都に移り住んだあとは、江戸の品川に移り慶長18年(1613年)2月に夫よりも先に亡くなりました。

早川殿と今川氏真は、仲睦まじい夫婦だったようで、二人の間には4男1女がいます。ただ、最後に産んだ子は天正7年(1579年)なので、44歳という当時でもかなりの高齢出産でしたね。子供たちは2代将軍・徳川秀忠に仕えたようです。

ab

広告

関連記事

豊臣秀吉の妹 旭姫は夫と離縁させられて徳川家康の正室になる

大河ドラマ「どうする家康」の放送もあと残り2回ですかね?最終回は確か12月17日でしたね。みだ見てい

記事を読む

比企尼とは?源頼朝の乳母で伊豆に流された頼朝を長年助け続ける

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」から草笛光子演じる比企尼にスポットを当てていきますね。比企尼は源頼朝の乳

記事を読む

おね 秀吉の正室

大河ドラマ「江~姫たちの戦国」第3話では、織田信長の計らいで 江は、羽柴秀吉の妻である【おね】と対

記事を読む

豊臣秀吉 側室

豊臣秀吉 側室 についてご紹介します。 戦国時代きっての女好き、天下人の豊臣秀吉に側室たちに ス

記事を読む

於愛の方(西郷局)の死因は毒殺?心労による死?美人薄命の家康側室

徳川秀忠の生母であり徳川家康に寵愛されたという於愛の方(西郷局)を取り上げますね。大河ドラマ「どうす

記事を読む

阿野全成 今若丸の幼少名で知られる源義経の同母兄

以前、このサイトで妻の阿波局(実衣)を取り上げた事がありますが、夫の阿野全成はまだ取り上げていなかっ

記事を読む

足利義輝 剣豪で知られる悲運の最期を遂げる足利13代将軍!

大河ドラマ「麒麟がくる」の登場人物という事で、今回は室町幕府の第13代将軍・足利義輝をクローズアップ

記事を読む

保科幸松(保科正之)

保科幸松(保科正之) について。 2011年の大河ドラマ「江~姫たちの戦国」が、 最終回を迎

記事を読む

五徳姫の十二ヶ条の訴状とは?築山殿・松平信康との不仲原因

大河ドラマ「どうする家康」からの登場人物、紹介していそうでしていなかった五徳姫を今更ながら紹介したい

記事を読む

西郡の局 徳川家康の娶ったはじめての側室で督姫の母

徳川家康のはじめての側室と伝わる西郡の局(にしのこおりのつぼね)は、大河ドラマ「どうする家康」で北香

記事を読む

ab

広告

ab

広告

藤原道長の妻 源明子は本来なら女王の身分!源倫子との格差が大きい

藤原道長には、嫡妻である源倫子のほかに妻がもう一人います。源明子と言っ

藤原実資とその妻・桐子の夫婦仲は?日記「小右記」は本当にあった

お笑いの「ロバート」秋山竜次が、大河ドラマ「光る君へ」で藤原実資を演じ

藤原義懐 大出世する花山天皇の叔父!ドラマとは乖離する人物像

大河ドラマ「光る君へ」で印象に残った人物として花山天皇の叔父にあたる藤

藤原公任は藤原道長よりも名門出身の御曹司!紫式部や清少納言とも交流あり

大河ドラマ「光る君へ」で、町田啓太が演じる藤原公任(ふじわらのきんとう

藤原道綱母 蜻蛉日記の作者は本朝三大美人の一人!道長の父・藤原兼家の妾妻

藤原道長の父である藤原兼家には、嫡妻である時姫以外にも当然の如く妻がい

→もっと見る

PAGE TOP ↑