*

織田信光 甥の織田信長の味方で清洲城で織田信友を討つ

織田信長の叔父さんに当たる織田信光をそういえば、まだ取り上げていなかったなぁ~と思い、今回は彼を取り上げてみますね。

織田信光は、「麒麟がくる」にも登場しています。演じた役者は、木下ほうかさんです。

ドラマでは、帰蝶に煽られて(?)清洲城で敵の織田信友を殺害した信光でしたが、その場面だけが強烈な印象を残しましたが、そのあとの信光は全然登場しないなぁ~と。

史料によりますと、何と織田信光はあの後1年も経たないうちに殺害されている事が分かりました。大河ドラマでもそれやったかなぁ?

織田信光について

織田信光は、信長の父・信秀と同じく織田信定と正室いぬゐの方の間に誕生しました。信長にとっては、叔父さんに当たりますね。

そして、武芸に優れており又、戦上手でもあったそうです。小豆坂の戦いなどでも活躍したという記録が残っています。信光は、小豆坂七本槍の一人として称えられたらしい。

そんな頼れる織田信光は、信秀にもとても信頼されていました。遺言として「信長と信光は親子だと思え」という言葉を残すほどでした。

周辺諸国だけでなく身内でさえも敵しかいなかった信長の唯一の味方が、この信光だったわけです。信光は、家督を継いだ信長のためにそれはれそれは頑張りました!

織田信光 甥の信長のために清洲城をプレゼント

織田信光を語る上で欠かせないのが、清洲城での織田信友の殺害事件(正確には、信友を切腹に追い込んだ。)です。

織田信友は、尾張下四郡の守護代を務めていて信長と対立していました。そこで、信光は信友の重臣である坂井大膳に誘われるふりをして清洲城に入ります。清洲城で、信友を謀殺することに成功、そのまま清洲城を奪いました。

そして、奪った清洲城は、信長に渡します。褒美として、信光は那古野城を譲られますが、その後、1年と経たないうちに自分も殺害されてしまうのです。

織田信光 殺害したのは誰?

織田信光は、自身の家臣である坂井孫八郎により那古野城で殺害されました。

その原因は、信光の正室と坂井孫八郎が密通していたと伝わりますが、この不自然な死は、信長が信光の勢力拡大を危惧していたからではないかという憶測を呼びました。

確かに信長にとってはベストタイミングで信光が消えてくれました。

しかし、すぐに信長は坂井孫八郎のもとに佐々孫介をはじめとした5人の討っ手を差し向けて殺害しているし、信長と信光の仲は良好だったとも言われるし、勢力拡大を危惧しただけで殺害するかなぁと思います。

それに本気で邪魔になったらあの信長なので、コソコソしないでやると思います。

ab

スポンサーリンク

関連記事

斎藤義龍 父の斎藤道三と長良川の戦いで勝利!父殺しの汚名とともに

大河ドラマ「麒麟がくる」、明日(2020年5月10日)放送は「長良川の対決」です。 いよいよ美

記事を読む

家光の側室 お万の方

新ドラマの「大奥 誕生~有功・家光篇」が始まりましたが、映画「大奥」と同様に男女逆転のお話です。主人

記事を読む

no image

堀河局 百人一首の女流歌人

今回、取り上げるのは堀河局です。 大河ドラマ「平清盛」では、りょうが演じています。 第4話で、堀河

記事を読む

徳川 和姫

徳川 和姫 について。 大河ドラマ「江」のヒロイン、江姫と徳川秀忠の間に 生まれた末っ子の姫が、

記事を読む

渋沢市郎右衛門 渋沢栄一の父の生涯について!実はお婿さん

渋沢栄一の父である渋沢市郎右衛門を取り上げたいと思います。 大河ドラマ「青天を衝け」では、小林

記事を読む

織田信秀 ライバル・斎藤道三や息子・信長とは正反対の秩序ある武将

今日、紹介する大河ドラマ「麒麟がくる」の登場人物は、織田信長のお父さんである織田信秀です。 ド

記事を読む

真田幸村 江

真田幸村 江 に登場! 大河ドラマ「江」の登場人物の紹介、今回は真田幸村です。 戦国大名の中です

記事を読む

阿波局 北条政子と北条義時の妹を演じるのは宮澤エマ

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の登場人物、今回は宮澤エマ演じる実衣を紹介していきたいと思います。

記事を読む

no image

藤原頼長

藤原摂関家の超エリート! 武士(平清盛)の台頭を必死で抵抗した男!! 藤原頼長は、以前「歴史秘話

記事を読む

浅井長政

浅井長政について特集です。 江の父親である浅井長政は、北近江の戦国大名でした。 浅井の読み方は、

記事を読む

ab

スポンサーリンク

ab

スポンサーリンク

平宗盛の最期とは?平清盛の後継者で父と正反対の性格で家族思い!

今回は、平清盛の後継者である平宗盛(たいらのむねもり)を紹介していきま

大姫 源頼朝と北条政子の娘で婚約者の源義高を亡くし心の病になる

北条義時主人公の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」ですが、大姫の婚約者である

源範頼 源頼朝の弟で源義経と比較されて凡将?最期は謀反・・・

源平合戦の最終章・・・源義経がついに平氏を追い詰めていくストーリーを大

源義経の正室 郷御前は静御前と対立!?夫と共に平泉に逃れて悲劇の最期

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」では、源義経が無尽の活躍をみせて平氏がいよ

一条忠頼 武田信義の嫡男で源頼朝に粛清される最期

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で少ない出番ながらも気になった登場人物がい

→もっと見る

PAGE TOP ↑