*

白河法皇の殺生禁断令

公開日: : 最終更新日:2016/12/19 歴代・大河ドラマの紹介 , , ,

大河ドラマ「平清盛」第2話で、白河法皇が下した殺生禁断令について調べてみました。

殺生禁断令というのは、漁や狩りなどをして生き物を殺して食べてはいけないという規律です。
白河法皇がはじめて出したお触れではなく、ずっと昔からこのような殺生禁断令は出されていました。

殺生禁断令と似ていて思い出すのが、ご存知、あの生類憐みの令です。
一見、「生類憐みの令」の対象は、イヌだけに思われがちですが、あれは生き物全般でした。
犬のほか、猫、鳥、魚、貝、虫、人間の乳幼児にまで対象が及んだようです。
当時、子供のしつけ出来なかったのでは?

余談ですが、『古事談』という書物に、白河法皇の殺生禁断令を破った人物が記されています。
加藤成家という人物で、平清盛の父である平忠盛の家臣でした。
祇園女御の食事に鮮鳥を出して殺生禁断令を破りました。
主人である平忠盛の命令に従い、殺生禁断令を仕方なく破ったと白河法皇の前で開き直ったそうです。

ドラマの劇中では、鱸丸の父親が殺生禁断令を破って捕えられました。
鱸丸の父は、漁師でしたので言わば仕事をするなという命令です。
漁師から漁を取り上げるのは、死活問題、死ねということ。
どっちみち死ぬのであれば殺生禁断令に逆らって死んだほうがマシという事か?

ドラマでは、清盛が鱸丸に「助けられなかった」と謝っているので、鱸丸の父は殺されたのだろうな。

しかし白河法皇ってむちゃくちゃなお人ですね。
最高権力者で、やりたい放題。
早くも第2話で亡くなりましたが・・・

白河法皇は、女性関係も派手でしたが、実は若い頃はそうでもなかったようです。
30歳ぐらいで死に別れた中宮とは仲が睦ましく子供にも恵まれたようです。
その頃は、妻妾もあまりいなかったが、中宮が亡くなってから派手になって女だけでなく男にも手を出していたとか。

ab

広告

関連記事

no image

かむろ 平家が雇った禿

かむろと呼ばれる赤い着物を着た怖い子供たち。 兎丸まで殺してしまったのですが、あの子供たちはその後

記事を読む

no image

平清盛 視聴率ダウンは関西

大河ドラマ「平清盛」の視聴率が、歴代ワースト3でした。 初回放送から現在、第4回まで放送されましたが

記事を読む

no image

第25回・見果てぬ夢

2012年6月24日放送の第25回 「見果てぬ夢」のあらすじ。 平清盛は、信西と共に政治改革を推し

記事を読む

2018年大河ドラマ「西郷どん」の主人公を鈴木亮平が演じる!その他のキャストは?

2018年の大河ドラマに決まった「西郷どん」は、林真理子さんの小説「西郷どん!」が原作です。それを中

記事を読む

no image

第9回・ふたりのはみだし者

清盛と雅仁親王(後の後白河法皇)が出会います! 平清盛にはじめての子が誕生しました。 長男と

記事を読む

no image

第12回・宿命の再会

前回の更新から1ヶ月以上放置。 久しぶりの更新になってしまった(ドラマが面白くないとか・・・そ

記事を読む

no image

平清盛の初回視聴率17.3%

2012年1月8日(日)に放送された大河ドラマ「平清盛」第1回。 初回視聴率がわかりました。 17

記事を読む

no image

第27回・宿命の対決

大河ドラマ「平清盛」の第27回「宿命の対決」のあらすじです。宿命の対決ということで、当然、平清盛VS

記事を読む

no image

第4回・殿上の闇討ち

大河ドラマ「平清盛」第4回放送(2012年1月29日)分のあらすじです。 平清盛は、北面の武士とし

記事を読む

no image

第13回・祇園闘乱事件

平清盛のあらすじ、第13回放送(2012年4月1日)分です。 記憶が遠のいでいる・・・ 若き

記事を読む

ab

広告

ab

広告

藤原定子 夫・一条天皇に寵愛されたが実家の没落に見舞われた悲運の皇后

母の高階貴子や清少納言は取り上げたのですが、肝心の藤原定子を取り上げて

藤原宣孝 紫式部の夫で歳の差20歳以上?結婚生活は約3年で死別する

紫式部は、源氏物語という名作を世に出しましたが、当の本人は清少納言や和

清少納言と紫式部は犬猿の仲!?2度の結婚と藤原定子への宮仕え

紫式部のライバルとして名高い清少納言を取り上げます。 大河ドラマ

藤原道長の妻 源明子は本来なら女王の身分!源倫子との格差が大きい

藤原道長には、嫡妻である源倫子のほかに妻がもう一人います。源明子と言っ

藤原実資とその妻・桐子の夫婦仲は?日記「小右記」は本当にあった

お笑いの「ロバート」秋山竜次が、大河ドラマ「光る君へ」で藤原実資を演じ

→もっと見る

PAGE TOP ↑