*

白河法皇の殺生禁断令

公開日: : 最終更新日:2016/12/19 歴代・大河ドラマの紹介 , , ,

大河ドラマ「平清盛」第2話で、白河法皇が下した殺生禁断令について調べてみました。

殺生禁断令というのは、漁や狩りなどをして生き物を殺して食べてはいけないという規律です。
白河法皇がはじめて出したお触れではなく、ずっと昔からこのような殺生禁断令は出されていました。

殺生禁断令と似ていて思い出すのが、ご存知、あの生類憐みの令です。
一見、「生類憐みの令」の対象は、イヌだけに思われがちですが、あれは生き物全般でした。
犬のほか、猫、鳥、魚、貝、虫、人間の乳幼児にまで対象が及んだようです。
当時、子供のしつけ出来なかったのでは?

余談ですが、『古事談』という書物に、白河法皇の殺生禁断令を破った人物が記されています。
加藤成家という人物で、平清盛の父である平忠盛の家臣でした。
祇園女御の食事に鮮鳥を出して殺生禁断令を破りました。
主人である平忠盛の命令に従い、殺生禁断令を仕方なく破ったと白河法皇の前で開き直ったそうです。

ドラマの劇中では、鱸丸の父親が殺生禁断令を破って捕えられました。
鱸丸の父は、漁師でしたので言わば仕事をするなという命令です。
漁師から漁を取り上げるのは、死活問題、死ねということ。
どっちみち死ぬのであれば殺生禁断令に逆らって死んだほうがマシという事か?

ドラマでは、清盛が鱸丸に「助けられなかった」と謝っているので、鱸丸の父は殺されたのだろうな。

しかし白河法皇ってむちゃくちゃなお人ですね。
最高権力者で、やりたい放題。
早くも第2話で亡くなりましたが・・・

白河法皇は、女性関係も派手でしたが、実は若い頃はそうでもなかったようです。
30歳ぐらいで死に別れた中宮とは仲が睦ましく子供にも恵まれたようです。
その頃は、妻妾もあまりいなかったが、中宮が亡くなってから派手になって女だけでなく男にも手を出していたとか。

ab

スポンサーリンク

関連記事

no image

第2回・無頼の高平太

NHK大河ドラマ「平清盛」第2回の放送が終わりました。 第2回のタイトルは「無頼の高平太」です。 い

記事を読む

no image

白拍子とは?

平清盛の実母である舞子や祇園女御は元白拍子で登場します。 これから多分、登場するであろう清盛の愛妾

記事を読む

no image

第4回・殿上の闇討ち

大河ドラマ「平清盛」第4回放送(2012年1月29日)分のあらすじです。 平清盛は、北面の武士とし

記事を読む

no image

第22回・勝利の代償

大河ドラマ「平清盛」のあらすじ。 今回は、2012年6月3日放送の第22回「勝利の代償」です。

記事を読む

大河ドラマの歴代ランキングは?戦国時代の作品のおすすめ

今週の大河ドラマ「麒麟がくる」も面白かったですね! ここまで毎週、視聴している「麒麟がくる」で

記事を読む

no image

平清盛の初回視聴率17.3%

2012年1月8日(日)に放送された大河ドラマ「平清盛」第1回。 初回視聴率がわかりました。 17

記事を読む

no image

第17回・平氏の棟梁

大河ドラマ「平清盛」第17回(2012年4月29日放送)のあらすじです。 育ての父・平忠盛が亡くな

記事を読む

no image

第9回・ふたりのはみだし者

清盛と雅仁親王(後の後白河法皇)が出会います! 平清盛にはじめての子が誕生しました。 長男と

記事を読む

no image

第5回・海賊討伐

大河ドラマ「平清盛」第5回放送は、2012年2月5日。 「海賊討伐」がテーマでした。 平忠盛と宗子

記事を読む

大河ドラマ「国盗り物語」高橋英樹の信長がイケメンだった

昨日、6月21日(日)の大河ドラマは、過去放映作品の大河ドラマ「国盗り物語」の名場面が紹介されていま

記事を読む

ab

スポンサーリンク

ab

スポンサーリンク

大河ドラマ「秀吉」の感想と視聴率!竹中直人と沢口靖子が夫婦役

麒麟がくる休止中に放送された過去の大河ドラマという事で、この間の日曜日

大河ドラマ「国盗り物語」高橋英樹の信長がイケメンだった

昨日、6月21日(日)の大河ドラマは、過去放映作品の大河ドラマ「国盗り

毛利新介 今井翼が演じる織田信長の馬廻!本能寺の変で討死

ジャニーズを退社してからも順風満帆な今井翼さん! 休養明けですが

独眼竜政宗の両親 伊達輝宗の最期と義姫の毒殺未遂事件について

大河ドラマは、「麒麟がくる」が休止中ということで、6月14日放送分は1

源応尼 徳川家康の祖母で超絶美人!5度も嫁ぐが夫に先立たれる

はい、本日は、徳川家康の祖母である源応尼(華陽院)を取り上げますね。

→もっと見る

PAGE TOP ↑