*

源義経は女好きだった!?

公開日: : 最終更新日:2016/12/19 歴代・大河ドラマの紹介 , , ,

日本人の中では悲劇のヒーロー的な感じでとても人気のある源義経。静御前との悲恋もありイメージ的に何となく誠実で男らしく純粋な感じに描かれる事が多いです。というか、大河ドラマ「平清盛」でもそういう描かれ方をしていますね。

今回は、源義経の意外性という事で、実は、源義経は女好きだった!というエピソードをいくつかご紹介したいと思います。

都にいた時は、24人の女性と関係があった。その後、源頼朝と敵対して都落ちする段階で、10人以上の女性を連れていた。平家物語にもこのあたりは描かれているようです。都落ちの途中、船が難破した時、これらの女性はすべて海岸で別れたが、静御前だけは吉野山まで同行したので、取りあえず、静御前は特別な女性であったのは確かなようです。

ちなみに、源義経には正室の女性がいて郷御前といいます。彼女は、一緒に平泉まで着いて行きますが、義経と最期をともにします。義経は最期、郷御前と娘を殺害して自分も自害しました。ふたりの結婚は、頼朝の命だったのですが、悲劇的な最期となってしまいましたね。

あと、これはないだろうと思いますが、壇ノ浦で建礼門院を助けた時に、男女の関係になったという俗説もあるそうです。嘘だと思いますが・・・。

源義経と静御前―源平合戦の華 若き勇者と京の舞姫

義経と郷姫―悲恋柚香菊 河越御前物語

ab

スポンサーリンク

関連記事

no image

第4回・殿上の闇討ち

大河ドラマ「平清盛」第4回放送(2012年1月29日)分のあらすじです。 平清盛は、北面の武士とし

記事を読む

no image

第14回・家盛決起

またまた簡単にあらすじ書きます。 記憶が乏しい大河ドラマ「平清盛」第14回 (2012年4月8

記事を読む

no image

平清盛の視聴率がワースト記録更新か!?

低視聴率だった昨年の大河ドラマ「江~姫たちの戦国」を上回るほど低視聴率に悩む2012年の大河ドラマ「

記事を読む

no image

第17回・平氏の棟梁

大河ドラマ「平清盛」第17回(2012年4月29日放送)のあらすじです。 育ての父・平忠盛が亡くな

記事を読む

no image

第24回・清盛の大一番

大河ドラマ「平清盛」第24回放送のあらすじ。 保元の乱は、後白河帝の勝利で終わり敗者の崇徳上皇は讃

記事を読む

清盛と八坂神社のつながりとは?

清盛の縁の土地を紹介します。今回は、祇園の八坂神社です。八坂神社は、京都を代表する神社のひとつです。

記事を読む

2018年大河ドラマ「西郷どん」の主人公を鈴木亮平が演じる!その他のキャストは?

2018年の大河ドラマに決まった「西郷どん」は、林真理子さんの小説「西郷どん!」が原作です。それを中

記事を読む

no image

平清盛が白河院のご落胤なのは本当か?

平清盛は、白河法皇のご落胤だといわれるのは、「平家物語」での描かれ方が影響しているようです。白河法皇

記事を読む

no image

第22回・勝利の代償

大河ドラマ「平清盛」のあらすじ。 今回は、2012年6月3日放送の第22回「勝利の代償」です。

記事を読む

no image

白河法皇の殺生禁断令

大河ドラマ「平清盛」第2話で、白河法皇が下した殺生禁断令について調べてみました。 殺生禁断令という

記事を読む

ab

スポンサーリンク

ab

スポンサーリンク

渋沢市郎右衛門 渋沢栄一の父の生涯について!実はお婿さん

渋沢栄一の父である渋沢市郎右衛門を取り上げたいと思います。 大河

渋沢栄一は何した人なのか?嫁・千代以外にも妾がいて女好き!

NHKの大河ドラマ「青天を衝け」が2月14日からスタートしたわけですが

足利義昭 室町幕府15代将軍の最期と嫁について!駒は側室?

麒麟がくるの登場人物の中で登場シーンが多いわりにまだここで取り上げてい

三条西実澄から細川藤孝への古今伝授!三条西家の公家としての家格は?

大河ドラマで気になる人物を紹介しています。今日、取り上げるのは石橋蓮司

2023年の大河ドラマは松本潤主演の「どうする家康」に決定!

まだまだ先の話ですが、2023年・・・来年の大河ドラマの主演に嵐の松本

→もっと見る

PAGE TOP ↑