*

大河ドラマ「秀吉」の感想と視聴率!竹中直人と沢口靖子が夫婦役

麒麟がくる休止中に放送された過去の大河ドラマという事で、この間の日曜日(2020年7月12日放送)は、1996年の「秀吉」の特集が組まれました。

大河ドラマ「秀吉」

ゲストに大河ドラマ「秀吉」の主演を務めた竹中直人。勿論、役柄は豊臣秀吉です。

その他にキャストは、織田信長役に渡哲也、明智光秀役に村上弘明、秀長役に高嶋政伸、おね役に沢口靖子、なか役に市原悦子、足利義昭役に玉置浩二、茶々役に松たか子など。

私、大河ドラマ「秀吉」は当時観ていなかったのですが、名場面集だけでも面白いと感じたので、当時観ていなかったを悔やまれます。視聴率も平均30%を超えていて評判も高かったそうなので本当に残念です。

大河ドラマ「秀吉」で印象に残ったこと

・収録外での信長・光秀・秀吉の主従関係(タバコの話)が面白かった
・流行語にもなった心配御無用は「秀吉」からだとはじめて知った
・秀吉の竹中直人が泥臭くてよい演技だと思った
・秀吉が噛り付いていた大根の土が実はチョコレートなのも衝撃
・秀吉の光秀に対する対抗心や心情などが凄く良く描かれていると思った
・渡哲也の信長がはまり役だと思った
・沢口靖子が綺麗過ぎておね役としては・・・
・光秀の母役を演じた野際陽子の最期の印象が強い
・玉置浩二の足利義昭がいかにもそれっぽい
・序盤の秀吉の姉妹がえらい美人だと思ったら細川直美(さと役)だった
・細川ガラシャ役は田村英里子だったのね

大河ドラマ「秀吉」では、信長の正室である濃姫は出ずに側室の吉乃やお鍋の方がクローズアップされているようですね。

大河ドラマ「秀吉」の感想について

秀吉の関しては、このサイトでも過去に何度か取り上げているのでここでは、大河ドラマ「秀吉」の特集をみた感想をTwitterから集めてみました。

「この秀吉から明智光秀のイメージが、ガラッと変わった。」

「秀吉の晩年は描かれていないんだよな。」

「秀吉の特集みてレンタル借りようと思ったら同じ事考えている人多くてなかった。」

「秀吉のふんどしや尻出しを麒麟の佐々木蔵之介もやってくれたら鼻血出す。」

「沢口靖子がめっちゃきれい~。」

「秀吉も信長もはまり役で脇も豪華だった。」

なかなか面白いと思った感想を取り上げてみましたよ。

ab

スポンサーリンク

関連記事

2015年大河ドラマ「花燃ゆ」の簡単なあらすじ

今度の大河は、既に「花燃ゆ」に決定しています。 井上真央が主演です。 放送開始は20

記事を読む

no image

崇徳天皇 呪い?

崇徳天皇は「悲運」「哀れ」という言葉が似合います。 「怨霊伝説」まである崇徳天皇はどんな人

記事を読む

清盛と八坂神社のつながりとは?

清盛の縁の土地を紹介します。今回は、祇園の八坂神社です。八坂神社は、京都を代表する神社のひとつです。

記事を読む

no image

白河法皇の女性関係

今回は、白河法皇を取り上げます。 大河ドラマでは、平清盛の実父として描かれています。 あの時代の最高

記事を読む

2023年の大河ドラマは松本潤主演の「どうする家康」に決定!

まだまだ先の話ですが、2023年・・・来年の大河ドラマの主演に嵐の松本潤(37)が決定したと報じられ

記事を読む

no image

第13回・祇園闘乱事件

平清盛のあらすじ、第13回放送(2012年4月1日)分です。 記憶が遠のいでいる・・・ 若き

記事を読む

no image

第1回・ふたりの父

2012年NHK大河ドラマ「平清盛」がスタートしました。 ドラマの始まりは、源氏の棟梁である源頼朝

記事を読む

no image

第4回・殿上の闇討ち

大河ドラマ「平清盛」第4回放送(2012年1月29日)分のあらすじです。 平清盛は、北面の武士とし

記事を読む

濃姫の代役が川口春奈に決定!信長の正室、帰蝶の生涯と過去に演じた女優陣

明智光秀が主人公となる2020年の大河ドラマ「麒麟がくる」ですが、撮影も順調に行われていたと思った矢

記事を読む

no image

第21回・保元の乱

大河ドラマ「平清盛」第21回放送分(2012年5月27日)のあらすじです。 今回のタイトル通り、保

記事を読む

ab

スポンサーリンク

ab

スポンサーリンク

姫の前 北条義時の正室・比奈は後に離縁して源具親と再婚する

女優の堀田真由演じる比奈が、大河ドラマ「鎌倉殿の13人」に先週初登場し

阿野全成 今若丸の幼少名で知られる源義経の同母兄

以前、このサイトで妻の阿波局(実衣)を取り上げた事がありますが、夫の阿

藤原秀衡の正室が義理の息子・藤原国衡に再嫁する!?マジ話でした

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」先週の第20回放送で気になる場面がありまし

静御前 源義経の愛妾!しづやしづの舞を披露した白拍子

先日、源義経の正室である郷御前(「鎌倉殿の13人」では里)を取り上げま

源行家 死神と言われた男の最期とは?源頼朝、源義経、源義仲の叔父

さて、本日取り上げるのは源頼朝・源義経・源義仲の叔父にあたる源行家(み

→もっと見る

PAGE TOP ↑