*

白河法皇の女性関係

公開日: : 最終更新日:2016/12/19 歴代・大河ドラマの紹介 , ,

今回は、白河法皇を取り上げます。
大河ドラマでは、平清盛の実父として描かれています。
あの時代の最高権力者であり全て思うがままの人生を歩んだ人物です。

白河法皇というと、どうしてもエロ親父のイメージが強いです。
女性関係が派手で、孫の嫁(待賢門院・藤原璋子)にまで手を出すありさま。
しかし、あの白河法皇にも純愛エピソードがあったりします。

白河法皇がまだ東宮だった頃に入内した4歳年下の藤原賢子という女性がいました。
彼女は、夫が天皇の位につくと女御になり親王誕生で中宮の位につきました。

白河法皇に深く寵愛されましたが、28歳の若さで崩御。
藤原賢子の亡骸を抱いて号泣、食事もままならぬ状態だったそうです。
天皇は、死者に触れることを禁じられていたので、まわりが諭すと「例はこれよりこそ始まらめ」と反論した話は有名です。

出産の折も危篤の折も実家に戻すことが当たり前でしたが、藤原賢子の場合は決して退出を許さなかったそうです。

藤原賢子が崩御後は、月命日に仏像を造らせて供養した。
そして、早々に賢子が生んだ息子に皇位を譲る。(院政のはじまり)

ここまでなら何て純粋で愛情深い人なんだろう・・・と思うが!

藤原賢子が亡くなってから白河法皇は人が変わってしまったようだ。
白河法皇=好色になってしまう。
賢子の生前、女御と典侍の二人程度だった妻妾が、死後は沢山の女性と関係を持つようになる。
身分を問わず関係をもったとされ、その女性達もまた、家臣たちに与えられたりした。
平清盛が白河法皇のご落胤ではないかという噂もここから来ているらしい。

白河法皇は女だけでなく男とも関係を持ち噂も絶えなかった。

もうやりたい放題ですね。

藤原賢子が長生きしていたらどんな人生を送っていたのでしょうか?

白河法皇―中世をひらいた帝王
平清盛をめぐる101の謎

ab

スポンサーリンク

関連記事

no image

第3回・源平の御曹司

NHK大河ドラマ「平清盛」、第3回のあらすじです。 今回のタイトルは「源平の御曹司」です。 生涯の

記事を読む

戦国大河ドラマ名場面スペシャル 初回放送は1987年「独眼竜政宗」

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が、今度の日曜日の回をもって一時休止になります。新型コロナの影響で、4

記事を読む

no image

第13回・祇園闘乱事件

平清盛のあらすじ、第13回放送(2012年4月1日)分です。 記憶が遠のいでいる・・・ 若き

記事を読む

2015年大河ドラマ「花燃ゆ」の簡単なあらすじ

今度の大河は、既に「花燃ゆ」に決定しています。 井上真央が主演です。 放送開始は20

記事を読む

no image

第15回・嵐の中の一門

大河「平清盛」第15回のあらすじ。 2012年4月15日放送分、また簡単にいっちゃいます。

記事を読む

no image

第28回・友の子、友の妻

大河ドラマ「平清盛」のあらすじです。 第28回は「友の子、友の妻」という事で、清盛のよきライバルで

記事を読む

no image

第22回・勝利の代償

大河ドラマ「平清盛」のあらすじ。 今回は、2012年6月3日放送の第22回「勝利の代償」です。

記事を読む

no image

かむろ 平家が雇った禿

かむろと呼ばれる赤い着物を着た怖い子供たち。 兎丸まで殺してしまったのですが、あの子供たちはその後

記事を読む

麒麟がくるの視聴率推移 同時間帯「ポツンと一軒家」「世界の果てまでイッテQ!との比較

大河ドラマ「麒麟がくる」の記事、ここ最近は登場人物の紹介をしていました。 ここで、初回からいま

記事を読む

no image

第10回・義清散る

NHK大河ドラマ「平清盛」のあらすじを紹介しています。 今回は、2012年3月11日放送の第1

記事を読む

ab

スポンサーリンク

ab

スポンサーリンク

石川数正の出奔の原因となる説とは?長野県・松本城の築城について

2023年の大河ドラマ「どうする家康」で、俳優の松重豊が演じている石川

徳川美術館や名古屋城や熱田神宮の見どころは?名古屋の観光名所への行き方

前回の愛知県岡崎市の観光地(岡崎城やなど大樹寺など)に引き続きNHK大

岡崎城、八丁味噌の郷、大樹寺への行き方とそれぞれの見どころ

いつも大河ドラマの登場人物ばかりを紹介してきましたが、今回は久しぶりに

早川殿 今川氏真の正室で大河ドラマ「どうする家康」では糸という名前!

昨日取り上げた今川氏真に続いて、その妻である早川殿を取り上げたいと思い

今川氏真 徳川家康との関係やその子孫について!最期はどうなる?

大河ドラマ「どうする家康」で、溝端淳平が演じているのが今川氏真(いまが

→もっと見る

PAGE TOP ↑