*

白河法皇の女性関係

公開日: : 最終更新日:2016/12/19 歴代・大河ドラマの紹介 , ,

今回は、白河法皇を取り上げます。
大河ドラマでは、平清盛の実父として描かれています。
あの時代の最高権力者であり全て思うがままの人生を歩んだ人物です。

白河法皇というと、どうしてもエロ親父のイメージが強いです。
女性関係が派手で、孫の嫁(待賢門院・藤原璋子)にまで手を出すありさま。
しかし、あの白河法皇にも純愛エピソードがあったりします。

白河法皇がまだ東宮だった頃に入内した4歳年下の藤原賢子という女性がいました。
彼女は、夫が天皇の位につくと女御になり親王誕生で中宮の位につきました。

白河法皇に深く寵愛されましたが、28歳の若さで崩御。
藤原賢子の亡骸を抱いて号泣、食事もままならぬ状態だったそうです。
天皇は、死者に触れることを禁じられていたので、まわりが諭すと「例はこれよりこそ始まらめ」と反論した話は有名です。

出産の折も危篤の折も実家に戻すことが当たり前でしたが、藤原賢子の場合は決して退出を許さなかったそうです。

藤原賢子が崩御後は、月命日に仏像を造らせて供養した。
そして、早々に賢子が生んだ息子に皇位を譲る。(院政のはじまり)

ここまでなら何て純粋で愛情深い人なんだろう・・・と思うが!

藤原賢子が亡くなってから白河法皇は人が変わってしまったようだ。
白河法皇=好色になってしまう。
賢子の生前、女御と典侍の二人程度だった妻妾が、死後は沢山の女性と関係を持つようになる。
身分を問わず関係をもったとされ、その女性達もまた、家臣たちに与えられたりした。
平清盛が白河法皇のご落胤ではないかという噂もここから来ているらしい。

白河法皇は女だけでなく男とも関係を持ち噂も絶えなかった。

もうやりたい放題ですね。

藤原賢子が長生きしていたらどんな人生を送っていたのでしょうか?

白河法皇―中世をひらいた帝王
平清盛をめぐる101の謎

ab

スポンサーリンク

関連記事

no image

第25回・見果てぬ夢

2012年6月24日放送の第25回 「見果てぬ夢」のあらすじ。 平清盛は、信西と共に政治改革を推し

記事を読む

no image

平清盛の視聴率がワースト記録更新か!?

低視聴率だった昨年の大河ドラマ「江~姫たちの戦国」を上回るほど低視聴率に悩む2012年の大河ドラマ「

記事を読む

no image

第5回・海賊討伐

大河ドラマ「平清盛」第5回放送は、2012年2月5日。 「海賊討伐」がテーマでした。 平忠盛と宗子

記事を読む

no image

第9回・ふたりのはみだし者

清盛と雅仁親王(後の後白河法皇)が出会います! 平清盛にはじめての子が誕生しました。 長男と

記事を読む

no image

第18回・誕生、後白河帝

大河ドラマ「平清盛」第18回(2012年5月6日放送)のあらすじを超簡単に! 風変りな雅仁親王が天

記事を読む

no image

第26回・平治の乱

大河ドラマ「平清盛」のあらすじを紹介しています。 第26回(2012年7月1日放送)は、1159年

記事を読む

no image

崇徳天皇 呪い?

崇徳天皇は「悲運」「哀れ」という言葉が似合います。 「怨霊伝説」まである崇徳天皇はどんな人

記事を読む

no image

第21回・保元の乱

大河ドラマ「平清盛」第21回放送分(2012年5月27日)のあらすじです。 今回のタイトル通り、保

記事を読む

no image

第29回・滋子の婚礼

大河ドラマ「平清盛」の第29回は、清盛にとっては義理の妹にあたる平滋子の結婚がテーマです。相手は、あ

記事を読む

清盛と八坂神社のつながりとは?

清盛の縁の土地を紹介します。今回は、祇園の八坂神社です。八坂神社は、京都を代表する神社のひとつです。

記事を読む

ab

スポンサーリンク

ab

スポンサーリンク

平宗盛の最期とは?平清盛の後継者で父と正反対の性格で家族思い!

今回は、平清盛の後継者である平宗盛(たいらのむねもり)を紹介していきま

大姫 源頼朝と北条政子の娘で婚約者の源義高を亡くし心の病になる

北条義時主人公の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」ですが、大姫の婚約者である

源範頼 源頼朝の弟で源義経と比較されて凡将?最期は謀反・・・

源平合戦の最終章・・・源義経がついに平氏を追い詰めていくストーリーを大

源義経の正室 郷御前は静御前と対立!?夫と共に平泉に逃れて悲劇の最期

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」では、源義経が無尽の活躍をみせて平氏がいよ

一条忠頼 武田信義の嫡男で源頼朝に粛清される最期

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で少ない出番ながらも気になった登場人物がい

→もっと見る

PAGE TOP ↑