*

白河法皇の女性関係

公開日: : 最終更新日:2016/12/19 歴代・大河ドラマの紹介 , ,

今回は、白河法皇を取り上げます。
大河ドラマでは、平清盛の実父として描かれています。
あの時代の最高権力者であり全て思うがままの人生を歩んだ人物です。

白河法皇というと、どうしてもエロ親父のイメージが強いです。
女性関係が派手で、孫の嫁(待賢門院・藤原璋子)にまで手を出すありさま。
しかし、あの白河法皇にも純愛エピソードがあったりします。

白河法皇がまだ東宮だった頃に入内した4歳年下の藤原賢子という女性がいました。
彼女は、夫が天皇の位につくと女御になり親王誕生で中宮の位につきました。

白河法皇に深く寵愛されましたが、28歳の若さで崩御。
藤原賢子の亡骸を抱いて号泣、食事もままならぬ状態だったそうです。
天皇は、死者に触れることを禁じられていたので、まわりが諭すと「例はこれよりこそ始まらめ」と反論した話は有名です。

出産の折も危篤の折も実家に戻すことが当たり前でしたが、藤原賢子の場合は決して退出を許さなかったそうです。

藤原賢子が崩御後は、月命日に仏像を造らせて供養した。
そして、早々に賢子が生んだ息子に皇位を譲る。(院政のはじまり)

ここまでなら何て純粋で愛情深い人なんだろう・・・と思うが!

藤原賢子が亡くなってから白河法皇は人が変わってしまったようだ。
白河法皇=好色になってしまう。
賢子の生前、女御と典侍の二人程度だった妻妾が、死後は沢山の女性と関係を持つようになる。
身分を問わず関係をもったとされ、その女性達もまた、家臣たちに与えられたりした。
平清盛が白河法皇のご落胤ではないかという噂もここから来ているらしい。

白河法皇は女だけでなく男とも関係を持ち噂も絶えなかった。

もうやりたい放題ですね。

藤原賢子が長生きしていたらどんな人生を送っていたのでしょうか?

白河法皇―中世をひらいた帝王
平清盛をめぐる101の謎

ab

スポンサーリンク

関連記事

no image

第13回・祇園闘乱事件

平清盛のあらすじ、第13回放送(2012年4月1日)分です。 記憶が遠のいでいる・・・ 若き

記事を読む

no image

第28回・友の子、友の妻

大河ドラマ「平清盛」のあらすじです。 第28回は「友の子、友の妻」という事で、清盛のよきライバルで

記事を読む

no image

第16回・さらば父上

平清盛のあらすじです! 第16回、2012年4月22日放送分。 「さらば父上」というタイトル

記事を読む

2018年大河ドラマ「西郷どん」の主人公を鈴木亮平が演じる!その他のキャストは?

2018年の大河ドラマに決まった「西郷どん」は、林真理子さんの小説「西郷どん!」が原作です。それを中

記事を読む

濃姫の代役が川口春奈に決定!信長の正室、帰蝶の生涯と過去に演じた女優陣

明智光秀が主人公となる2020年の大河ドラマ「麒麟がくる」ですが、撮影も順調に行われていたと思った矢

記事を読む

no image

第6回・西海の海賊王

NHK大河ドラマ「平清盛」の第6回は、2012年2月12日放送でした。 「西海の海賊王」が第6

記事を読む

大河ドラマ「秀吉」の感想と視聴率!竹中直人と沢口靖子が夫婦役

麒麟がくる休止中に放送された過去の大河ドラマという事で、この間の日曜日(2020年7月12日放送)は

記事を読む

no image

第22回・勝利の代償

大河ドラマ「平清盛」のあらすじ。 今回は、2012年6月3日放送の第22回「勝利の代償」です。

記事を読む

no image

かむろ 平家が雇った禿

かむろと呼ばれる赤い着物を着た怖い子供たち。 兎丸まで殺してしまったのですが、あの子供たちはその後

記事を読む

no image

第1回・ふたりの父

2012年NHK大河ドラマ「平清盛」がスタートしました。 ドラマの始まりは、源氏の棟梁である源頼朝

記事を読む

ab

スポンサーリンク

ab

スポンサーリンク

平賀朝雅の最期とは?鎌倉殿になれず畠山重忠の乱の原因にもなった人物

北条時政とりく(牧の方)の娘婿である平賀朝雅を取り上げます。大河ドラマ

藤原兼子 北条政子と関係深く後鳥羽上皇の乳母として権勢を奮う

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」から紹介する登場人物、久しぶりに朝廷から藤

和田義盛 鎌倉殿の13人のひとりで初代侍所別当!巴御前が側室なのは本当?

鎌倉幕府の十三人の合議制に連なる御家人・和田義盛(わだよしもり)とはど

北条時房 北条政子・義時の異母弟で鎌倉幕府の初代連署を務める

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の登場人物、最近は13人の御家人を紹介して

三善康信 鎌倉殿の信頼厚い幕府の初代問注所執事!子孫が職を世襲

鎌倉殿の13人という事で、本日は三善康信(みよしやすのぶ)を取り上げま

→もっと見る

PAGE TOP ↑