*

第2回・無頼の高平太

公開日: : 最終更新日:2016/12/19 歴代・大河ドラマの紹介 , , , ,

NHK大河ドラマ「平清盛」第2回の放送が終わりました。
第2回のタイトルは「無頼の高平太」です。
いよいよ主役の俳優・松山ケンイチが登場します。

「平清盛」は、出だしから兵庫県知事からの批判があったり
劇中でのセリフ「王家」への賛否両論など別の意味で話題になっています。

兵庫県知事の批判については、全くのお門違いって感じです。
「王家」というセリフについては確かに違和感がありますが別に使っていいと思う。
日本の場合は、「皇室」や「王朝」とかの表現のほうがいいのかな?
「王室」だと英国などヨーロッパ諸国。
「王家」だとエジプトがぱっと思い浮かぶ。
(王家の紋章という古い少女漫画の影響・・・)

話が思いっきり逸れましたが、第2回のあらすじです。

舞子が生んだ平太は、平忠盛の子として成長する。
しかし、自分が一体何者なのか葛藤もあり荒くれた人物になっていた。
そんな平太をみてまわりの人々は「無頼の高平太」と呼ぶようになる。

平家でも平太よりも実子の家盛を嫡男にという声が上がる。

そんな中、平太は、落とし穴にはまっている高階通憲という男を助ける。
通憲は、無意味な殺生禁断令を出した白河法皇を「もののけ」と呼び、乱れた世の中を嘆いていた。

今もまだ白河法皇が権力を握っていたのだ。
鳥羽上皇は、后の璋子が白河法皇と通じていてもまだ彼女のもとに通っていた。
しかし、心の中では白河法皇への憎しみを募らせていた。

平太は、元服式を迎えて名を「平清盛」とあらためる。

殺生禁断令を破った漁師のすずき丸の父を救おうと白河法皇のもとに直接出向いた清盛。
清盛は、白河法皇に殺生禁断令で民を苦しめないでほしいと懇願するが聞き入れて貰えず。
そして、白河法皇に向かって「もののけ」と言い放つが、白河法皇から衝撃的な真実を告げられる。

清盛の母が、法皇の命に背いて災いをもたらす赤子を出産したこと。
今、清盛がいる場所で母は矢で討たれ殺されたこと。
そして、清盛にも「もののけ」の血が流れていること・・・

ある日のこと、石清水八幡宮の祭りで舞人に選ばれた清盛は、白河法皇や貴族、平氏、源氏などの前で華麗に舞を舞う。
踊りの途中で、清盛は、白河法皇に斬りかかるように刃を向ける。
そして、剣を大地に思いっきり刺して「おもしろう生きてやる」と宣言。

その姿に、白河法皇は「おもしろい舞だった」と告げその場を立ち去る。
また、清盛の姿を遠くから見つめる青年・武者丸(源義朝)がいた。

数か月後、白河法皇は崩御する。
譲位させられていた鳥羽上皇が権威の座につき、また乱世へとなだれこむ。

白河法皇―中世をひらいた帝王

待賢門院璋子の生涯

ab

スポンサーリンク

関連記事

no image

第4回・殿上の闇討ち

大河ドラマ「平清盛」第4回放送(2012年1月29日)分のあらすじです。 平清盛は、北面の武士とし

記事を読む

no image

第20回・前夜の決断

大河ドラマ「平清盛」のあらすじを紹介しています。 2012年5月20日放送の第20回 「前夜の

記事を読む

no image

第22回・勝利の代償

大河ドラマ「平清盛」のあらすじ。 今回は、2012年6月3日放送の第22回「勝利の代償」です。

記事を読む

no image

第18回・誕生、後白河帝

大河ドラマ「平清盛」第18回(2012年5月6日放送)のあらすじを超簡単に! 風変りな雅仁親王が天

記事を読む

no image

第15回・嵐の中の一門

大河「平清盛」第15回のあらすじ。 2012年4月15日放送分、また簡単にいっちゃいます。

記事を読む

戦国大河ドラマ名場面スペシャル 初回放送は1987年「独眼竜政宗」

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が、今度の日曜日の回をもって一時休止になります。新型コロナの影響で、4

記事を読む

no image

第1回・ふたりの父

2012年NHK大河ドラマ「平清盛」がスタートしました。 ドラマの始まりは、源氏の棟梁である源頼朝

記事を読む

no image

かむろ 平家が雇った禿

かむろと呼ばれる赤い着物を着た怖い子供たち。 兎丸まで殺してしまったのですが、あの子供たちはその後

記事を読む

no image

平清盛が白河院のご落胤なのは本当か?

平清盛は、白河法皇のご落胤だといわれるのは、「平家物語」での描かれ方が影響しているようです。白河法皇

記事を読む

no image

第12回・宿命の再会

前回の更新から1ヶ月以上放置。 久しぶりの更新になってしまった(ドラマが面白くないとか・・・そ

記事を読む

ab

スポンサーリンク

ab

スポンサーリンク

平宗盛の最期とは?平清盛の後継者で父と正反対の性格で家族思い!

今回は、平清盛の後継者である平宗盛(たいらのむねもり)を紹介していきま

大姫 源頼朝と北条政子の娘で婚約者の源義高を亡くし心の病になる

北条義時主人公の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」ですが、大姫の婚約者である

源範頼 源頼朝の弟で源義経と比較されて凡将?最期は謀反・・・

源平合戦の最終章・・・源義経がついに平氏を追い詰めていくストーリーを大

源義経の正室 郷御前は静御前と対立!?夫と共に平泉に逃れて悲劇の最期

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」では、源義経が無尽の活躍をみせて平氏がいよ

一条忠頼 武田信義の嫡男で源頼朝に粛清される最期

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で少ない出番ながらも気になった登場人物がい

→もっと見る

PAGE TOP ↑