*

2018年大河ドラマ「西郷どん」の主人公を鈴木亮平が演じる!その他のキャストは?

2018年の大河ドラマに決まった「西郷どん」は、林真理子さんの小説「西郷どん!」が原作です。それを中園ミホさんの脚本で2018年1月から放送されます。

あらすじは、薩摩の下級藩士の家に生まれた西郷隆盛が、明治維新を成し遂げるというものです。ロケ地は主に鹿児島で、仙巌園や精矛神社、龍門司坂、知覧武家屋敷庭園といったところで撮影されました。

大河ドラマ「西郷どん」の主要キャストについて

キャストは、主人公の西郷隆盛を演じるのが鈴木亮平さんです。1983年3月29日生まれ、兵庫県の出身です。

西郷隆盛の盟友で、なおかつライバルでもある大久保利通を演じるのは瑛太さんです。彼は1982年12月13日生まれで新潟県出身です。ただ、父親が鹿児島県の出身で、西郷隆盛とは血縁関係にあると明かしています。

黒木華さんは1990年3月14日生まれ大阪府出身です。彼女が演じるのは西郷隆盛の3人目妻、岩山糸という人物です。

続いて桜庭ななみですが、1992年10月17日生まれで、出身地は今回の西郷どんの舞台となっている鹿児島県です。

北川景子さんは1986年8月22日生まれ、兵庫県出身の彼女が演じるのは篤姫です。

他にも有村俊斎役には高橋光臣さん、村田新八役に堀井新太さんがいます。それからふき役に大河ドラマ初出演となる高梨臨さん、赤山靭負役に沢村一樹さん、幾島役に斉藤由貴といった面々が発表されているのです。

由羅役には小柳ルミ子さん、島津斉興役に鹿賀丈史さん、大山格之助役に北村有起哉さんらも出演が決まっています。


2018年NHK大河ドラマ「西郷どん」完全読本

ab

広告

関連記事

no image

第8回・宋銭と内大臣

大河ドラマ「平清盛」第8回(2012年2月26日放送)は【宋銭と内大臣】でした。 宋銭は、宋のお金

記事を読む

no image

平清盛も情けをかける

何となく平清盛って悪人イメージが強く、実際にドラマや小説などでは悪人として描かれる事が多いです。なぜ

記事を読む

no image

平清盛の視聴率がワースト記録更新か!?

低視聴率だった昨年の大河ドラマ「江~姫たちの戦国」を上回るほど低視聴率に悩む2012年の大河ドラマ「

記事を読む

no image

第16回・さらば父上

平清盛のあらすじです! 第16回、2012年4月22日放送分。 「さらば父上」というタイトル

記事を読む

no image

第24回・清盛の大一番

大河ドラマ「平清盛」第24回放送のあらすじ。 保元の乱は、後白河帝の勝利で終わり敗者の崇徳上皇は讃

記事を読む

大河ドラマ「秀吉」の感想と視聴率!竹中直人と沢口靖子が夫婦役

麒麟がくる休止中に放送された過去の大河ドラマという事で、この間の日曜日(2020年7月12日放送)は

記事を読む

2023年の大河ドラマは松本潤主演の「どうする家康」に決定!

まだまだ先の話ですが、2023年・・・来年の大河ドラマの主演に嵐の松本潤(37)が決定したと報じられ

記事を読む

no image

第18回・誕生、後白河帝

大河ドラマ「平清盛」第18回(2012年5月6日放送)のあらすじを超簡単に! 風変りな雅仁親王が天

記事を読む

大河ドラマ「国盗り物語」高橋英樹の信長がイケメンだった

昨日、6月21日(日)の大河ドラマは、過去放映作品の大河ドラマ「国盗り物語」の名場面が紹介されていま

記事を読む

no image

第23回・叔父を斬る

2012年6月10日に放送された「平清盛」第23回・叔父を斬る のあらすじを紹介します。 タイトル

記事を読む

ab

広告

ab

広告

藤原定子 夫・一条天皇に寵愛されたが実家の没落に見舞われた悲運の皇后

母の高階貴子や清少納言は取り上げたのですが、肝心の藤原定子を取り上げて

藤原宣孝 紫式部の夫で歳の差20歳以上?結婚生活は約3年で死別する

紫式部は、源氏物語という名作を世に出しましたが、当の本人は清少納言や和

清少納言と紫式部は犬猿の仲!?2度の結婚と藤原定子への宮仕え

紫式部のライバルとして名高い清少納言を取り上げます。 大河ドラマ

藤原道長の妻 源明子は本来なら女王の身分!源倫子との格差が大きい

藤原道長には、嫡妻である源倫子のほかに妻がもう一人います。源明子と言っ

藤原実資とその妻・桐子の夫婦仲は?日記「小右記」は本当にあった

お笑いの「ロバート」秋山竜次が、大河ドラマ「光る君へ」で藤原実資を演じ

→もっと見る

PAGE TOP ↑