*

細川藤孝 明智光秀の盟友で細川ガラシャの義父!世渡り上手な文化人

前回は、異母兄の三淵藤英を取り上げたので、今回はその弟である細川藤孝を取り上げたいと思います。後の細川幽斎です!

大河ドラマ「麒麟がくる」では、細川藤孝役を眞島秀和さんが演じています。

細川藤孝は、大河ドラマの主人公・明智光秀の盟友として知られている他に光秀の娘・細川ガラシャの養父に当たる人物ですね。

細川藤孝の生涯について

細川藤孝は、足利将軍家に仕える三淵晴員の次男として誕生しました。7才の時、叔父・細川元常(もしくは細川晴広)の養子となります。

その後、異母兄の三淵藤英とともに13代将軍の足利義輝に仕えるようになります。

足利義輝が永禄の変で、三好三人衆に討たれると兄とともに当時、興福寺に監禁されていた足利義昭を救出して次期将軍に擁立しようと越前の朝倉義景などを頼って奔走します。そして、足利義昭が室町幕府の15代将軍に就くと幕臣として義昭に仕えます。

細川藤孝 足利義昭vs織田信長

足利義昭は、織田信長の協力があって将軍職に就いたのですが、次第に義昭は信長を疎ましく思うようになります。

そして、ついに足利義昭vs織田信長の対立が決定的となります。

この時、兄の三淵藤英は足利義昭側につきますが、細川藤孝は主君と兄を裏切り織田信長側に付いてしまいます。

足利義昭と織田信長の戦いは、将軍・義昭の追放という形であっけなく幕府も滅亡してしまいます。

その後、細川藤孝は晴れて織田信長の家臣となり戦でも功を挙げて丹後国の宮津11万石の大名となります。又、嫡男の細川忠興の正室として盟友・明智光秀の娘・玉(後の細川ガラシャ)を迎え入れます。

主君となった織田信長との関係も良好だったようですね。

細川藤孝 本能寺の変で明智光秀を裏切る?

やがて、盟友でもあり親戚関係を結んでいた明智光秀が、主君・織田信長に謀反、本能寺の変で信長は討たれてしまいます。

細川藤孝は、本能寺の変で明智光秀から再三、味方になれという要請がありましたが、それを断って頭を丸め出家します。そして、家督は嫡男・忠興に譲ります。

一応、出家したのは主君・信長に殉じてとなっていますが・・・。

結局、明智光秀は山崎の戦いで豊臣秀吉に敗れて自害してしまいます。

細川藤孝が盟友であったはずの明智光秀に味方しなかったのはなぜなのか?

色んな説がありますが、対等な立場だった光秀が自分の上にくるのが嫌だったという説が一番濃厚ですよね。でも細川藤孝は、先見の明があると思うし家を守るためには仕方がなかったのかなぁと感じます。

細川藤孝 豊臣秀吉から徳川家康に仕える

本能寺の変で、主君・信長がいなくなり、盟友・明智光秀も山崎の戦いで討ち死にします。その後の細川藤孝はどうなったのか?

天下人・豊臣秀吉の家臣となり大切にされたと言います。さらに秀吉が亡くなると次の天下人・徳川家康に近付きここでも家康の家臣として大切にされたと言います。

思うに細川藤孝という人物は、会社でいえば社長に好かれて出世していくタイプなんですよね。一言で言うなら「世渡り上手」なんですよ。

ただ、一つ、人生において危ない場面も勿論、ありました。それは、家康と敵対した石田三成に攻められた時でした。(田辺城の戦い)この時は、籠城となり何とか助かりましたが、大坂にいた細川ガラシャは敵に包囲されて自害の道を選びました。

嫡男・忠興は関ヶ原の戦いで徳川家康に味方し功をあげて細川家は安泰。細川藤孝も晩年は穏やかな日々を送ったと伝わります。享年77才と戦国大名としてはとても幸せな一生だったのではないでしょうか?

最後に、細川藤孝は文武両道な人物で当代随一の教養人であり文化人であったとも言われています。

細川幽斎の経営学 価値観大転換時代を生き抜く知恵

ab

スポンサーリンク

関連記事

no image

待賢門院 藤原璋子

大河ドラマ「平清盛」の登場人物を紹介しています。 今回は、ぶっ飛び天然キャラの待賢門院・藤原璋子を取

記事を読む

徳川国松(忠長)の生涯

徳川国松(忠長)の生涯 について。 江姫と徳川秀忠の次男で、徳川家光の弟である国松。 後の駿府藩

記事を読む

織田信長について

戦国時代に天下統一を成し遂げる寸前、家臣の裏切りに遭い、 本能寺の変で命を落とした戦国大名・織田信

記事を読む

明智光秀の娘 長女・岸の2度の結婚と最期について

大河ドラマ「麒麟がくる」ですが、本能寺の変まであと5年なんですね。という事は最終回も近いという事か・

記事を読む

斎藤義龍 父の斎藤道三と長良川の戦いで勝利!父殺しの汚名とともに

大河ドラマ「麒麟がくる」、明日(2020年5月10日)放送は「長良川の対決」です。 いよいよ美

記事を読む

於大の方 徳川家康の母で実子に対しては非常に愛情深い女性

大河ドラマ「麒麟がくる」の登場人物を紹介しております。 今回は、竹千代(後の徳川家康)の生母で

記事を読む

渋沢栄一は何した人なのか?嫁・千代以外にも妾がいて女好き!

NHKの大河ドラマ「青天を衝け」が2月14日からスタートしたわけですが、登場人物を全然紹介していなか

記事を読む

no image

源義朝の常盤御前以外の側室

源頼朝・義経の父親である源義朝は、正室に由良御前と側室に常盤御前がいました。ドラマでもその二人しか登

記事を読む

豊臣秀次 について

豊臣秀次 について。 大河ドラマ「江」の第28話の予告編で、豊臣秀次の切腹する 場面がありました

記事を読む

毛利新介 今井翼が演じる織田信長の馬廻!本能寺の変で討死

ジャニーズを退社してからも順風満帆な今井翼さん! 休養明けですが、大河ドラマへの出演という事で

記事を読む

ab

スポンサーリンク

ab

スポンサーリンク

平宗盛の最期とは?平清盛の後継者で父と正反対の性格で家族思い!

今回は、平清盛の後継者である平宗盛(たいらのむねもり)を紹介していきま

大姫 源頼朝と北条政子の娘で婚約者の源義高を亡くし心の病になる

北条義時主人公の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」ですが、大姫の婚約者である

源範頼 源頼朝の弟で源義経と比較されて凡将?最期は謀反・・・

源平合戦の最終章・・・源義経がついに平氏を追い詰めていくストーリーを大

源義経の正室 郷御前は静御前と対立!?夫と共に平泉に逃れて悲劇の最期

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」では、源義経が無尽の活躍をみせて平氏がいよ

一条忠頼 武田信義の嫡男で源頼朝に粛清される最期

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で少ない出番ながらも気になった登場人物がい

→もっと見る

PAGE TOP ↑