*

細川藤孝 明智光秀の盟友で細川ガラシャの義父!世渡り上手な文化人

前回は、異母兄の三淵藤英を取り上げたので、今回はその弟である細川藤孝を取り上げたいと思います。後の細川幽斎です!

大河ドラマ「麒麟がくる」では、細川藤孝役を眞島秀和さんが演じています。

細川藤孝は、大河ドラマの主人公・明智光秀の盟友として知られている他に光秀の娘・細川ガラシャの養父に当たる人物ですね。

細川藤孝の生涯について

細川藤孝は、足利将軍家に仕える三淵晴員の次男として誕生しました。7才の時、叔父・細川元常(もしくは細川晴広)の養子となります。

その後、異母兄の三淵藤英とともに13代将軍の足利義輝に仕えるようになります。

足利義輝が永禄の変で、三好三人衆に討たれると兄とともに当時、興福寺に監禁されていた足利義昭を救出して次期将軍に擁立しようと越前の朝倉義景などを頼って奔走します。そして、足利義昭が室町幕府の15代将軍に就くと幕臣として義昭に仕えます。

細川藤孝 足利義昭vs織田信長

足利義昭は、織田信長の協力があって将軍職に就いたのですが、次第に義昭は信長を疎ましく思うようになります。

そして、ついに足利義昭vs織田信長の対立が決定的となります。

この時、兄の三淵藤英は足利義昭側につきますが、細川藤孝は主君と兄を裏切り織田信長側に付いてしまいます。

足利義昭と織田信長の戦いは、将軍・義昭の追放という形であっけなく幕府も滅亡してしまいます。

その後、細川藤孝は晴れて織田信長の家臣となり戦でも功を挙げて丹後国の宮津11万石の大名となります。又、嫡男の細川忠興の正室として盟友・明智光秀の娘・玉(後の細川ガラシャ)を迎え入れます。

主君となった織田信長との関係も良好だったようですね。

細川藤孝 本能寺の変で明智光秀を裏切る?

やがて、盟友でもあり親戚関係を結んでいた明智光秀が、主君・織田信長に謀反、本能寺の変で信長は討たれてしまいます。

細川藤孝は、本能寺の変で明智光秀から再三、味方になれという要請がありましたが、それを断って頭を丸め出家します。そして、家督は嫡男・忠興に譲ります。

一応、出家したのは主君・信長に殉じてとなっていますが・・・。

結局、明智光秀は山崎の戦いで豊臣秀吉に敗れて自害してしまいます。

細川藤孝が盟友であったはずの明智光秀に味方しなかったのはなぜなのか?

色んな説がありますが、対等な立場だった光秀が自分の上にくるのが嫌だったという説が一番濃厚ですよね。でも細川藤孝は、先見の明があると思うし家を守るためには仕方がなかったのかなぁと感じます。

細川藤孝 豊臣秀吉から徳川家康に仕える

本能寺の変で、主君・信長がいなくなり、盟友・明智光秀も山崎の戦いで討ち死にします。その後の細川藤孝はどうなったのか?

天下人・豊臣秀吉の家臣となり大切にされたと言います。さらに秀吉が亡くなると次の天下人・徳川家康に近付きここでも家康の家臣として大切にされたと言います。

思うに細川藤孝という人物は、会社でいえば社長に好かれて出世していくタイプなんですよね。一言で言うなら「世渡り上手」なんですよ。

ただ、一つ、人生において危ない場面も勿論、ありました。それは、家康と敵対した石田三成に攻められた時でした。(田辺城の戦い)この時は、籠城となり何とか助かりましたが、大坂にいた細川ガラシャは敵に包囲されて自害の道を選びました。

嫡男・忠興は関ヶ原の戦いで徳川家康に味方し功をあげて細川家は安泰。細川藤孝も晩年は穏やかな日々を送ったと伝わります。享年77才と戦国大名としてはとても幸せな一生だったのではないでしょうか?

最後に、細川藤孝は文武両道な人物で当代随一の教養人であり文化人であったとも言われています。

細川幽斎の経営学 価値観大転換時代を生き抜く知恵

ab

スポンサーリンク

関連記事

徳川吉宗 大奥

先日、テレビで初放映された大奥男女逆転の映画観ました。 結構、面白かったです。 それで江とは血が

記事を読む

徳川忠長の正室 松孝院

江に大変可愛がられた徳川忠長。 大河ドラマ「江」では、さすがに忠長の最期まではやらなかったのですが

記事を読む

浅井長政

浅井長政について特集です。 江の父親である浅井長政は、北近江の戦国大名でした。 浅井の読み方は、

記事を読む

豊臣秀吉 側室

豊臣秀吉 側室 についてご紹介します。 戦国時代きっての女好き、天下人の豊臣秀吉に側室たちに ス

記事を読む

阿茶局 徳川家康の側室

阿茶局 徳川家康の側室。 大河ドラマ「江」第42話に登場した阿茶局について紹介。 阿茶局は、大坂

記事を読む

朝倉義景の息子たち 溺愛した阿君丸と愛王丸!そして朝倉信景

大河ドラマ「麒麟がくる」では、2、3話前のストーリーだったかと思いますが、朝倉義景が嫡男だった阿君丸

記事を読む

no image

祇園女御

NHK大河ドラマ「平清盛」に出てくる登場人物を紹介していきます。 トップバッターは、祇園女御です。

記事を読む

徳川国松(忠長)の生涯

徳川国松(忠長)の生涯 について。 江姫と徳川秀忠の次男で、徳川家光の弟である国松。 後の駿府藩

記事を読む

豊臣秀吉 について

豊臣秀吉 について。 「織田信長」「豊臣秀吉」「徳川家康」の天下獲り3人は、 日本人なら誰でも知

記事を読む

深芳野 土岐頼芸から下贈された斎藤道三の側室で美濃一の美女

来年の大河ドラマ「麒麟がくる」で、濃姫を演じる予定だった沢尻エリカの逮捕により出演者変更となった事か

記事を読む

ab

スポンサーリンク

ab

スポンサーリンク

明智光秀の娘 長女・岸の2度の結婚と最期について

大河ドラマ「麒麟がくる」ですが、本能寺の変まであと5年なんですね。とい

正親町天皇 坂東玉三郎が演じる美しい帝と弟・覚恕との仲

坂東玉三郎が演じている第106代天皇の正親町天皇について調べてみました

朝倉義景の息子たち 溺愛した阿君丸と愛王丸!そして朝倉信景

大河ドラマ「麒麟がくる」では、2、3話前のストーリーだったかと思います

摂津晴門 片岡鶴太郎が演じるインパクトある悪役は本当に悪い人?

久しぶりの更新になります。ここ2か月ほど、忙しくて大河ドラマを観る暇が

大河ドラマ「秀吉」の感想と視聴率!竹中直人と沢口靖子が夫婦役

麒麟がくる休止中に放送された過去の大河ドラマという事で、この間の日曜日

→もっと見る

PAGE TOP ↑