*

おね 秀吉の正室

公開日: : 最終更新日:2016/02/25 大河ドラマの登場人物 , , ,

大河ドラマ「江~姫たちの戦国」第3話では、織田信長の計らいで
江は、羽柴秀吉の妻である【おね】と対面する場面がありました。
大河ドラマのおね役は、大竹しのぶでしたね。

秀吉の妻である【おね】にスポットをあててみたいと思います。

■おねの呼び方

大河ドラマでは、【おね】と呼ばれています。
ドラマや本では、いろんな呼び方をされていますね。

「おね」の他に「ねね」という名もあります。
「ねね」の方が一般的に使われる名前です。

そして、秀吉が天下を獲ると「北政所」です。
出家してからは「高台院」と名乗りました。

■おねと秀吉

戦国時代では、珍しい恋愛結婚だったそうです。
女好きで側室もいっぱいいた事で有名な秀吉ですが、
生涯、おねを大切にしたことは有名です。

秀吉の実母とも仲が良くて嫁姑問題ももちろん無し。
築山殿と徳姫の嫁姑関係とは、正反対ですね。

秀吉の主君である織田信長は、おねと個人的に親しかったらしい。
秀吉の浮気を訴えられた信長は、おねに慰めの手紙を送っている。

内容は、「藤吉郎(秀吉のこと)が色々と不満を言っているようだが、
言語道断である。あのハゲネズミ(秀吉)があなたほど素晴らしい女性を
他に得られるはずはない。奥方らしく堂々として、嫉妬しないように」

■おね VS 茶々

何かと対立したことで有名な北政所(おね)と秀吉の側室・淀殿(茶々)
ドラマや本でも激しい対立が描かれていますが、近年の研究では、
豊臣家のために協力し合った良好な関係との見方があるそうです。

茶々は、ドラマなどで気位が高く勝ち気な印象があります。
醍醐の花見などでは、松ノ丸殿(京極竜子)と杯の順番を争ったと
されていますが、実際のふたりは従姉妹同士で仲が良かったそうです。

おねと茶々の関係も興味がありますね。

ab

スポンサーリンク

関連記事

no image

堀河局 百人一首の女流歌人

今回、取り上げるのは堀河局です。 大河ドラマ「平清盛」では、りょうが演じています。 第4話で、堀河

記事を読む

徳川家光 竹千代

徳川家光 竹千代 について。 大河ドラマ「江」の登場人物を紹介しています。 今回登場するのは、江

記事を読む

no image

統子内親王(むねこないしんのう)

久々に朝廷側の人物を取り上げたいと思います。 統子内親王(上西門院)という女性で、大河ドラマ「平清

記事を読む

江が溺愛した徳川忠長の子供はあの松平長七郎!?

徳川家光の弟で、家光よりも出来が良く、江が溺愛したとされる徳川忠長。 最期は、家光の邪魔となり28

記事を読む

足立遠元 13人の一人であり安達盛長とは年齢逆転した甥と叔父の関係

鎌倉殿の13人(鎌倉幕府、13人の合議制)を紹介という事で、今回取り上げますのは足立遠元(あだちとお

記事を読む

浅井長政

浅井長政について特集です。 江の父親である浅井長政は、北近江の戦国大名でした。 浅井の読み方は、

記事を読む

徳川家康 正室 築山殿

徳川家康 正室 築山殿 について。 大河ドラマ「江」の2011年1月23日放送で、江に衝撃を与える

記事を読む

土田御前 大河ドラマで織田信長の母を演じるのは檀れい

大河ドラマ「麒麟がくる」で、帰蝶が織田家に嫁ぎました。 そのため、織田家の人物が登場するように

記事を読む

保科幸松(保科正之)

保科幸松(保科正之) について。 2011年の大河ドラマ「江~姫たちの戦国」が、 最終回を迎

記事を読む

摂津晴門 片岡鶴太郎が演じるインパクトある悪役は本当に悪い人?

久しぶりの更新になります。ここ2か月ほど、忙しくて大河ドラマを観る暇がなかったので、録画していたのを

記事を読む

ab

スポンサーリンク

ab

スポンサーリンク

平賀朝雅の最期とは?鎌倉殿になれず畠山重忠の乱の原因にもなった人物

北条時政とりく(牧の方)の娘婿である平賀朝雅を取り上げます。大河ドラマ

藤原兼子 北条政子と関係深く後鳥羽上皇の乳母として権勢を奮う

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」から紹介する登場人物、久しぶりに朝廷から藤

和田義盛 鎌倉殿の13人のひとりで初代侍所別当!巴御前が側室なのは本当?

鎌倉幕府の十三人の合議制に連なる御家人・和田義盛(わだよしもり)とはど

北条時房 北条政子・義時の異母弟で鎌倉幕府の初代連署を務める

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の登場人物、最近は13人の御家人を紹介して

三善康信 鎌倉殿の信頼厚い幕府の初代問注所執事!子孫が職を世襲

鎌倉殿の13人という事で、本日は三善康信(みよしやすのぶ)を取り上げま

→もっと見る

PAGE TOP ↑