*

妻木熙子 明智光秀の正室で細川ガラシャの母

2020年の大河ドラマ「麒麟がくる」の主人公、明智光秀の正室であり娘があの細川ガラシャである妻木熙子(つまきひろこ)について今回は取り上げてみたいと思います。

戦国の時代劇では、熙子も度々登場することが多くまずまず有名な女性ではありますが、彼女がどういう生涯を送ったのか等々、あまり良く知らなかったので調べてみました。

私が知っていたことは、聡明な女性で夫である明智光秀との仲も良好だったことです。熙子は疱瘡で顔に痣が出来てしまっても光秀は気にせずそのまま嫁に迎えたことや側室を持たなかったことなどから夫婦仲はとても良かったのだろうなぁと・・・。

それでは、妻木熙子について主に明智光秀との夫婦愛などをまとめてみました。

明智光秀の正室は煕子ではない!?

まず、煕子について調べていくうちに一番はじめてに驚いたことが、明智光秀の正室として知られる「煕子」は、存在しないことがわかりました。

「煕子(ひろこ)」という名の女性はいませんが、明智光秀の正室はいました。

紛らわしくて申し訳ございません。

実は、煕子という名前は現代の小説からそう呼ばれるようになっただけで光秀の正室の名前は史料では確認が出来ないとの事でした。

昔の女性は名前が史料に残っているケースは少なく、武田信玄の側室、諏訪御料人なども由布姫や湖衣姫など小説から付けられた名前が広まってしまうケースが多いですよね。

なので私も煕子が俗称だとは思ってもみなかったです。

愛妻家である明智光秀は熙子ひとすじではない!?

愛妻家として有名な明智光秀は、確かに煕子との夫婦仲はとても良かったのですが、生涯、煕子ただ一人だけを愛したわけではなかったようです。

俗説ですが、明智光秀には、煕子を娶る前に妻がいた可能性もあるし、又、煕子は光秀よりも早く亡くなっているので後妻(煕子の妹説あり)がいた可能性もあるそうです。

ただ、煕子が存命中は側室を持たなかったと言うのは本当の様なので煕子がいたときは煕子ただ一人を愛していたのは間違いないかなぁと思います。

あっ、側室に出来なかった女性はいたようでその女性との間に隠し子もいたようですが・・・。まるで、徳川秀忠のようですね。

それでも戦国時代の武将なら明智光秀の理想的な旦那さんではありますね。

煕子は夫と娘の悲劇にどう向き合った?

本能寺の変後に、夫の明智光秀は豊臣秀吉に攻められて自害します。そして、娘の細川ガラシャも自害するという悲劇に見舞われます。

二人の悲劇に煕子は・・・。

ご存じの通り煕子は、若いうちに亡くなったので二人の最期をみることなく世を去りました。

煕子は、光秀との間に3男4女を儲けています。本能寺の変から明智家は、謀反人として辛い日々を送ることになるので煕子は家族の悲劇を目にすることなく亡くなったのは幸いだったのかなと思います。

ab

スポンサーリンク

関連記事

徳川国松(忠長)の生涯

徳川国松(忠長)の生涯 について。 江姫と徳川秀忠の次男で、徳川家光の弟である国松。 後の駿府藩

記事を読む

江 お江与

2011年のNHK大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」のヒロイン。 江についての生涯をご紹介していきた

記事を読む

豊臣秀吉 側室③

豊臣秀吉 側室 について続きの続きです。 豊臣秀吉の側室は、ホントに沢山いたらしいのですが、 史

記事を読む

徳川家康について

徳川家康について エピソードをご紹介します。 お江の後の義父になる徳川家康について、色々と調べてみ

記事を読む

no image

祇王祇女と仏御前

平清盛の寵愛をうけた白拍子ということで、ドラマにも登場した祇王祇女、そして仏御前について取り上げたい

記事を読む

no image

堀河局 百人一首の女流歌人

今回、取り上げるのは堀河局です。 大河ドラマ「平清盛」では、りょうが演じています。 第4話で、堀河

記事を読む

渋沢栄一は何した人なのか?嫁・千代以外にも妾がいて女好き!

NHKの大河ドラマ「青天を衝け」が2月14日からスタートしたわけですが、登場人物を全然紹介していなか

記事を読む

豊臣秀次 について

豊臣秀次 について。 大河ドラマ「江」の第28話の予告編で、豊臣秀次の切腹する 場面がありました

記事を読む

明智光秀の娘 長女・岸の2度の結婚と最期について

大河ドラマ「麒麟がくる」ですが、本能寺の変まであと5年なんですね。という事は最終回も近いという事か・

記事を読む

細川藤孝 明智光秀の盟友で細川ガラシャの義父!世渡り上手な文化人

前回は、異母兄の三淵藤英を取り上げたので、今回はその弟である細川藤孝を取り上げたいと思います。後の細

記事を読む

ab

スポンサーリンク

ab

スポンサーリンク

牧の方 りくという名前で登場する北条時政の後妻

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」ですが、今回登場する人物は宮沢りえが演じて

平宗盛の最期とは?平清盛の後継者で父と正反対の性格で家族思い!

今回は、平清盛の後継者である平宗盛(たいらのむねもり)を紹介していきま

大姫 源頼朝と北条政子の娘で婚約者の源義高を亡くし心の病になる

北条義時主人公の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」ですが、大姫の婚約者である

源範頼 源頼朝の弟で源義経と比較されて凡将?最期は謀反・・・

源平合戦の最終章・・・源義経がついに平氏を追い詰めていくストーリーを大

源義経の正室 郷御前は静御前と対立!?夫と共に平泉に逃れて悲劇の最期

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」では、源義経が無尽の活躍をみせて平氏がいよ

→もっと見る

PAGE TOP ↑