*

毛利新介 今井翼が演じる織田信長の馬廻!本能寺の変で討死

ジャニーズを退社してからも順風満帆な今井翼さん!

休養明けですが、大河ドラマへの出演という事で話題になっていました。今後の活躍が楽しみな今井翼ですが、「麒麟がくる」での役は毛利新介という人物でした。

桶狭間の戦いで、今川義元の首級をあげた人物として知られる毛利新介について調べてまとめてみましたので是非、読んでみて下さいね。

毛利新介の生涯について

毛利新介は、尾張国の出身と伝わります。毛利一族は代々、織田家に仕えていたので、新介も信長に仕えるようになります。そして、毛利新介は信長の馬廻(うままわり)という職に就いていました。

馬廻については、主君のそばに仕える事ができて、且つ主君をお守りする若者の出世コースとされていました。簡単に言えば信長の親衛隊です。

馬廻とは?

馬廻は、騎馬の武士で、大将の馬の周囲に付き添って護衛や伝令及び決戦兵力として用いられた武家の職制のひとつ。平時にも大名の護衛となり、事務の取次ぎなど大名の側近として吏僚的な職務を果たすこともあった。武芸に秀でたものが集められたエリートであり、親衛隊的な存在であったとされる。

織田信長の馬廻衆は、小姓と並んで土豪の次男・三男などから編成され、信長の側近として活躍した。信長の馬廻・小姓の精鋭は赤・黒二色の母衣衆に抜擢され、そこから部隊の指揮官に昇進した例も多い。

毛利新介 桶狭間の戦いでの活躍

毛利新介が一躍、その名を轟かすのは桶狭間の戦いの時でした。まだ若武者だった毛利新介は、主君の敵である今川義元の首級をあげました。

はじめ、今川義元に迫ったのは同じく馬廻だった服部小平太です。しかし小平太は、義元の反撃に遭い膝を負傷します。そこに新介が現れて、義元に襲い掛かるのでした。

今川義元は、毛利新介に首を斬られるときに新介の指を噛み切ったと伝わります。そして、嘘か誠か首だけになった義元の口には新介の指がくわえてあったそうな・・・。

うわぁー、想像しただけでぞぞっとしますね(汗)

しかし、指を噛み切られたとしても桶狭間の戦いでの最大の武功を毛利新介はあげたのですからきっと悔いはないでしょうね。

きっと服部小平太は悔しかったのではないでしょうか?

毛利新介 桶狭間の戦いのあと

桶狭間の戦いで大活躍した毛利新介は、その後も主君である織田信長の側近として仕えました。尺限廻番衆という職に就き判物や書状に署名をする仕事をしていたようです。

信長を敵から守る護衛というような職ではなく今でいう事務方の仕事ですね。勿論、尺限廻番衆も重臣の職の一つです。

毛利新介は、信長に随行することが多く最期まで傍に仕えていました。そのため本能寺の変でも信長に従い京に滞在していました。

しかし、本能寺の変では、すでに信長のいる本能寺は敵に囲まれていたために駆け付けることが出来ず、信長の嫡男・信忠がいる二条御所の方に駆け付けました。だが、二条御所も明智軍に囲まれて信忠とともに毛利新介も討ち死にする運命となったのです。

大河ドラマ「麒麟がくる」休止中に放送される次回の大河ドラマ「国盗り物語」では、毛利新介役を村松克巳さんが演じていました。名場面集なので登場ないかもしれませんが、もし桶狭間のシーンがあったら今井翼と対比して観るのも面白いかもしれませんね。

ab

スポンサーリンク

関連記事

大姫 源頼朝と北条政子の娘で婚約者の源義高を亡くし心の病になる

北条義時主人公の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」ですが、大姫の婚約者である源義高が殺害されてしまいました

記事を読む

no image

常盤御前の子供たち

久しぶりに平清盛の登場人物について紹介したいと思います。都の美女千人を集めた中で一番の美女だといわれ

記事を読む

織田信秀 ライバル・斎藤道三や息子・信長とは正反対の秩序ある武将

今日、紹介する大河ドラマ「麒麟がくる」の登場人物は、織田信長のお父さんである織田信秀です。 ド

記事を読む

明智光秀 本能寺の変

明智光秀 本能寺の変 今回、取り上げるのは明智光秀です。 主君、織田信長を裏切り本能寺の変で自害

記事を読む

明智秀満 光秀の娘婿で信頼厚き家臣!ドラマ「敵は本能寺にあり」の主人公

朝ドラもですが、大河ドラマも新型コロナウイルスの影響で放送の一時中止が決定してしまいましたね。朝ドラ

記事を読む

京極龍子 松の丸殿

京極龍子 松の丸殿 について。 豊臣秀吉の側室で、淀殿(茶々)の次に寵愛された京極龍子。 大河ド

記事を読む

おね 秀吉の正室

大河ドラマ「江~姫たちの戦国」第3話では、織田信長の計らいで 江は、羽柴秀吉の妻である【おね】と対

記事を読む

初 常高院について

初 常高院について。 大河ドラマ「江~姫たちの戦国」で、水川あさみが演じる ヒロイン・江姫の姉、

記事を読む

no image

待賢門院 藤原璋子

大河ドラマ「平清盛」の登場人物を紹介しています。 今回は、ぶっ飛び天然キャラの待賢門院・藤原璋子を取

記事を読む

no image

鳥羽上皇

大河ドラマ「平清盛」で三上博史が演じている鳥羽上皇。 奥さんの璋子さん同様、一風変わった感じで・・

記事を読む

ab

スポンサーリンク

ab

スポンサーリンク

平宗盛の最期とは?平清盛の後継者で父と正反対の性格で家族思い!

今回は、平清盛の後継者である平宗盛(たいらのむねもり)を紹介していきま

大姫 源頼朝と北条政子の娘で婚約者の源義高を亡くし心の病になる

北条義時主人公の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」ですが、大姫の婚約者である

源範頼 源頼朝の弟で源義経と比較されて凡将?最期は謀反・・・

源平合戦の最終章・・・源義経がついに平氏を追い詰めていくストーリーを大

源義経の正室 郷御前は静御前と対立!?夫と共に平泉に逃れて悲劇の最期

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」では、源義経が無尽の活躍をみせて平氏がいよ

一条忠頼 武田信義の嫡男で源頼朝に粛清される最期

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で少ない出番ながらも気になった登場人物がい

→もっと見る

PAGE TOP ↑