*

大河ドラマの歴代ランキングは?戦国時代の作品のおすすめ

今週の大河ドラマ「麒麟がくる」も面白かったですね!

ここまで毎週、視聴している「麒麟がくる」ですが、撮影分が消化されると残り数回放送後に一旦、休止になってしまいます。毎週の楽しみがなくなってしまう。

麒麟がくる

「麒麟がくる」休止中に歴代の大河ドラマを観るのも良さそうですね。

ユーチューブでも映像を見ることが出来ますが、完全版ではないのが残念です。そこで、31日間の無料視聴があるU-NEXT(ユーネクスト)という動画配信サービスがあるので利用してみてはいかがでしょうか?


無料トライアル実施中!<U-NEXT>

歴代の大河ドラマ 人気ランキング

今年の2月に週刊ポストが実施した好きな大河ドラマの人気ランキングをご紹介致しましょう。週刊ポストの愛読者1000名が選んだというランキングです。

他でのアンケートならまた違う結果になるかもですが、参考程度にどうぞ。

1位 独眼竜政宗(1987年) 平均視聴率39.7%
2位 真田丸(2016年) 16.6%
3位 龍馬伝(2010年) 18.7%
4位 篤姫(2008年) 24.5%
5位 西郷どん(2018年) 12.7%
6位 太閤記(1965年) 31.2%
7位 赤穂浪士(1964年) 31.9%
8位 軍師官兵衛(2014年) 15.8%
9位 風林火山(2007年) 18.7%
10位 天と地と(1969年) 25.0%

11位以下は、「徳川家康」「利家とまつ」「竜馬がゆく」「おんな太閤記」「秀吉」「国盗り物語」「武田信玄」「八代将軍吉宗」「春日局」「樅ノ木は残った」と続きます。

視聴率的にも独眼竜政宗は歴代トップを誇ります。又、NHKのアンケートでも好きな大河ドラマのトップに輝いています。

視聴率の良さで言えば、「武田信玄」も「独眼竜政宗」に迫る人気の大河ドラマでした。

麒麟がくる 戦国時代を描いた過去の大河ドラマ

もし「麒麟がくる」の時代背景の過去の大河ドラマを観たい場合は、ランキング10位以内なら1位の「独眼竜政宗」、2位の「真田丸」、6位の「太閤記」、8位の「軍師官兵衛」、9位の「風林火山」、10位の「天と地と」が良さそうですね。

上でおすすめしたのは戦国時代が背景の作品なのですが、これをみるとやっぱり大河ドラマは戦国時代のものが人気高いです。

10位以下なら1973年の「国盗り物語」が「麒麟がくる」の越前編に入るまでの放送分そのまんまなのでそれを見るのも良いかもしれませんね。

ドラマ観るなら<U-NEXT>

麒麟がくる 終了後の大河ドラマについて

2020年の大河ドラマ「麒麟がくる」終了後、即ち、2021年と2022年の大河ドラマはすでに作品と主演俳優が発表になっています。

2021年は、吉沢亮主演の「青天を衝け」です。脚本は、大森美香さんです。資本主義の父である渋沢栄一が主人公の幕末から昭和に掛けての物語になります。

2022年は、小栗旬主演の「鎌倉殿の13人」という三谷幸喜脚本の作品になります。鎌倉幕府の2代執権である北条義時が主人公ですね。北条政子の弟になります。

「青天を衝け」は失礼ながらあまり興味がないのですが、「鎌倉殿の13人」は凄く観たいと思いました。1979年の大河ドラマ「草燃える」が北条政子主人公で評判良かったようなのでこの時代の作品興味があります。

ab

スポンサーリンク

関連記事

no image

第12回・宿命の再会

前回の更新から1ヶ月以上放置。 久しぶりの更新になってしまった(ドラマが面白くないとか・・・そ

記事を読む

no image

第17回・平氏の棟梁

大河ドラマ「平清盛」第17回(2012年4月29日放送)のあらすじです。 育ての父・平忠盛が亡くな

記事を読む

no image

白河法皇の女性関係

今回は、白河法皇を取り上げます。 大河ドラマでは、平清盛の実父として描かれています。 あの時代の最高

記事を読む

清盛と八坂神社のつながりとは?

清盛の縁の土地を紹介します。今回は、祇園の八坂神社です。八坂神社は、京都を代表する神社のひとつです。

記事を読む

2023年の大河ドラマは松本潤主演の「どうする家康」に決定!

まだまだ先の話ですが、2023年・・・来年の大河ドラマの主演に嵐の松本潤(37)が決定したと報じられ

記事を読む

no image

第4回・殿上の闇討ち

大河ドラマ「平清盛」第4回放送(2012年1月29日)分のあらすじです。 平清盛は、北面の武士とし

記事を読む

no image

第7回・光らない君

清盛の前にあらわれた二人の女性 後に妻となる「明子」と「時子」が登場します! 大河ド

記事を読む

no image

第24回・清盛の大一番

大河ドラマ「平清盛」第24回放送のあらすじ。 保元の乱は、後白河帝の勝利で終わり敗者の崇徳上皇は讃

記事を読む

no image

第25回・見果てぬ夢

2012年6月24日放送の第25回 「見果てぬ夢」のあらすじ。 平清盛は、信西と共に政治改革を推し

記事を読む

no image

第18回・誕生、後白河帝

大河ドラマ「平清盛」第18回(2012年5月6日放送)のあらすじを超簡単に! 風変りな雅仁親王が天

記事を読む

ab

スポンサーリンク

ab

スポンサーリンク

平賀朝雅の最期とは?鎌倉殿になれず畠山重忠の乱の原因にもなった人物

北条時政とりく(牧の方)の娘婿である平賀朝雅を取り上げます。大河ドラマ

藤原兼子 北条政子と関係深く後鳥羽上皇の乳母として権勢を奮う

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」から紹介する登場人物、久しぶりに朝廷から藤

和田義盛 鎌倉殿の13人のひとりで初代侍所別当!巴御前が側室なのは本当?

鎌倉幕府の十三人の合議制に連なる御家人・和田義盛(わだよしもり)とはど

北条時房 北条政子・義時の異母弟で鎌倉幕府の初代連署を務める

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の登場人物、最近は13人の御家人を紹介して

三善康信 鎌倉殿の信頼厚い幕府の初代問注所執事!子孫が職を世襲

鎌倉殿の13人という事で、本日は三善康信(みよしやすのぶ)を取り上げま

→もっと見る

PAGE TOP ↑