*

大河ドラマの歴代ランキングは?戦国時代の作品のおすすめ

今週の大河ドラマ「麒麟がくる」も面白かったですね!

ここまで毎週、視聴している「麒麟がくる」ですが、撮影分が消化されると残り数回放送後に一旦、休止になってしまいます。毎週の楽しみがなくなってしまう。

麒麟がくる

「麒麟がくる」休止中に歴代の大河ドラマを観るのも良さそうですね。

ユーチューブでも映像を見ることが出来ますが、完全版ではないのが残念です。そこで、31日間の無料視聴があるU-NEXT(ユーネクスト)という動画配信サービスがあるので利用してみてはいかがでしょうか?


無料トライアル実施中!<U-NEXT>

歴代の大河ドラマ 人気ランキング

今年の2月に週刊ポストが実施した好きな大河ドラマの人気ランキングをご紹介致しましょう。週刊ポストの愛読者1000名が選んだというランキングです。

他でのアンケートならまた違う結果になるかもですが、参考程度にどうぞ。

1位 独眼竜政宗(1987年) 平均視聴率39.7%
2位 真田丸(2016年) 16.6%
3位 龍馬伝(2010年) 18.7%
4位 篤姫(2008年) 24.5%
5位 西郷どん(2018年) 12.7%
6位 太閤記(1965年) 31.2%
7位 赤穂浪士(1964年) 31.9%
8位 軍師官兵衛(2014年) 15.8%
9位 風林火山(2007年) 18.7%
10位 天と地と(1969年) 25.0%

11位以下は、「徳川家康」「利家とまつ」「竜馬がゆく」「おんな太閤記」「秀吉」「国盗り物語」「武田信玄」「八代将軍吉宗」「春日局」「樅ノ木は残った」と続きます。

視聴率的にも独眼竜政宗は歴代トップを誇ります。又、NHKのアンケートでも好きな大河ドラマのトップに輝いています。

視聴率の良さで言えば、「武田信玄」も「独眼竜政宗」に迫る人気の大河ドラマでした。

麒麟がくる 戦国時代を描いた過去の大河ドラマ

もし「麒麟がくる」の時代背景の過去の大河ドラマを観たい場合は、ランキング10位以内なら1位の「独眼竜政宗」、2位の「真田丸」、6位の「太閤記」、8位の「軍師官兵衛」、9位の「風林火山」、10位の「天と地と」が良さそうですね。

上でおすすめしたのは戦国時代が背景の作品なのですが、これをみるとやっぱり大河ドラマは戦国時代のものが人気高いです。

10位以下なら1973年の「国盗り物語」が「麒麟がくる」の越前編に入るまでの放送分そのまんまなのでそれを見るのも良いかもしれませんね。

ドラマ観るなら<U-NEXT>

麒麟がくる 終了後の大河ドラマについて

2020年の大河ドラマ「麒麟がくる」終了後、即ち、2021年と2022年の大河ドラマはすでに作品と主演俳優が発表になっています。

2021年は、吉沢亮主演の「青天を衝け」です。脚本は、大森美香さんです。資本主義の父である渋沢栄一が主人公の幕末から昭和に掛けての物語になります。

2022年は、小栗旬主演の「鎌倉殿の13人」という三谷幸喜脚本の作品になります。鎌倉幕府の2代執権である北条義時が主人公ですね。北条政子の弟になります。

「青天を衝け」は失礼ながらあまり興味がないのですが、「鎌倉殿の13人」は凄く観たいと思いました。1979年の大河ドラマ「草燃える」が北条政子主人公で評判良かったようなのでこの時代の作品興味があります。

ab

スポンサーリンク

関連記事

no image

第26回・平治の乱

大河ドラマ「平清盛」のあらすじを紹介しています。 第26回(2012年7月1日放送)は、1159年

記事を読む

no image

第5回・海賊討伐

大河ドラマ「平清盛」第5回放送は、2012年2月5日。 「海賊討伐」がテーマでした。 平忠盛と宗子

記事を読む

no image

第27回・宿命の対決

大河ドラマ「平清盛」の第27回「宿命の対決」のあらすじです。宿命の対決ということで、当然、平清盛VS

記事を読む

2020年の大河ドラマ「麒麟がくる」のあらすじとキャストについて

来年、2020年の大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」が非常に楽しみです。 2019年の大河ドラ

記事を読む

no image

第10回・義清散る

NHK大河ドラマ「平清盛」のあらすじを紹介しています。 今回は、2012年3月11日放送の第1

記事を読む

2015年大河ドラマ「花燃ゆ」の簡単なあらすじ

今度の大河は、既に「花燃ゆ」に決定しています。 井上真央が主演です。 放送開始は20

記事を読む

no image

第1回・ふたりの父

2012年NHK大河ドラマ「平清盛」がスタートしました。 ドラマの始まりは、源氏の棟梁である源頼朝

記事を読む

no image

平清盛の視聴率がワースト記録更新か!?

低視聴率だった昨年の大河ドラマ「江~姫たちの戦国」を上回るほど低視聴率に悩む2012年の大河ドラマ「

記事を読む

2023年の大河ドラマは松本潤主演の「どうする家康」に決定!

まだまだ先の話ですが、2023年・・・来年の大河ドラマの主演に嵐の松本潤(37)が決定したと報じられ

記事を読む

no image

第20回・前夜の決断

大河ドラマ「平清盛」のあらすじを紹介しています。 2012年5月20日放送の第20回 「前夜の

記事を読む

ab

スポンサーリンク

ab

スポンサーリンク

平宗盛の最期とは?平清盛の後継者で父と正反対の性格で家族思い!

今回は、平清盛の後継者である平宗盛(たいらのむねもり)を紹介していきま

大姫 源頼朝と北条政子の娘で婚約者の源義高を亡くし心の病になる

北条義時主人公の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」ですが、大姫の婚約者である

源範頼 源頼朝の弟で源義経と比較されて凡将?最期は謀反・・・

源平合戦の最終章・・・源義経がついに平氏を追い詰めていくストーリーを大

源義経の正室 郷御前は静御前と対立!?夫と共に平泉に逃れて悲劇の最期

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」では、源義経が無尽の活躍をみせて平氏がいよ

一条忠頼 武田信義の嫡男で源頼朝に粛清される最期

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で少ない出番ながらも気になった登場人物がい

→もっと見る

PAGE TOP ↑