*

織田信勝 信長の弟で母・土田御前の溺愛による非業の死

俳優の木村了が演じる織田信長の弟・織田信勝を取り上げます。

いや~、前回、信長が自分の地位を脅かそうとしている弟の信勝をついに追い詰めて自害させたシーンは迫力ありましたね。

二人の兄弟の母親である土田御前は、弟の信勝だけを溺愛していました。そして、出来がよく礼儀正しい信勝を織田家の主にしようと企む家臣たちもいました。

それが、織田信勝を非業の死へと導いてしまった感がしますが・・・。

非業の死

織田信勝の生涯について

まず、織田信勝の名前についてですが、今回の大河ドラマ「麒麟がくる」では、信勝を採用していますが、過去の大河ドラマを含めて織田信行という名の方が多かったです。というか、殆どは織田信行で通っていましたね。

でも信憑性のある史料では、信行という名前はなくて信勝が正しいみたいです。なぜ、信行で呼ばれるようになったのでしょうね?

織田信勝は、織田信秀と土田御前の間に誕生しました。織田信長の同母弟という事になります。お市の方もそうですよね。

織田信秀が尾張で勢力を伸ばしていた頃、まだ守護大名や守護代の存在もあり国は安定していなかったので、信秀と息子・信長がそれぞれ末森城と那古野城に入り2つの城を要として守っていました。

那古野城はご存じ、信長の居城。そして、末森城には、信秀夫妻と信勝が居城としていました。なので幼い頃からずっと一緒にいた信勝を土田御前が可愛がるのも当然ですよね。信長は幼き頃から離れて暮らしているわけでしかもうつけと評判・・・。

やがて、信秀が亡くなると信勝が正式な末森城主となります。信勝は信秀がまだ生きている時も両親を後ろ盾としていたので、ある程度、権力も持っていました。織田信秀が生きていた頃は、まだ危ういながらも兄妹のバランスは上手くとれていたと思うのですが、信秀が亡くなると家督争いが起きます。

まぁ~、信秀の葬式の時に、信長が仏様の前で抹香を投げつけるという「うつけ行為」をしましたが、一方の信勝は、きちんとした身なりで礼儀正しくしていたと言います。織田家の家臣たちは、「この兄、ヤバい!弟に家継がせろ」と絶対思ったはず!

織田信勝 兄・信長との家督争い

信秀の死後、末森城主となった信勝と家督を継いだ信長は、兄弟仲良く手を取り合って・・・という風には勿論、なりません。

織田家の家臣も信勝派と信長派に分かれます。さらに兄弟の実母、土田御前も当たり前のように信勝に肩入れします。

信勝自身も信長を差し置いて織田家の当主のような振る舞いをしてしまいます。そんな弟・信勝の存在が、信長にとって大きな脅威になってきたのでした。

そして、次第に信勝側も反・信長を鮮明に表してきます。ついには稲生の戦いとなるわけですが、信長側の勝利で終わります。信長は信勝を攻めようとしましたが、母の土田御前が信長に許しを請い、赦免されました。

織田信勝 2度の謀反と最期

しかし、懲りない信勝は美濃の斎藤義龍や尾張守護代の織田信安などに煽られて再度、信長に反旗をひるがえします。

この謀反を密告したのが、柴田勝家です。先日の大河ドラマでもこの密告するシーンが描かれていました。

柴田勝家は、信勝派の重臣でしたが、信勝を裏切り信長に密告しました。なぜ裏切ったかと言うと、稲生の戦いで信長の手腕を認めた事と信勝が勝家を蔑ろにしたからだと言われています。

そして、ついに信長は信勝を討つことになります。

信長は仮病を使って信勝を清州城におびき出します。そして、大河ドラマでの信勝は毒をもって自害しますが、史実では信長家臣の河尻秀隆達に殺されてしまいました。

目の上のたん瘤、信勝を討った信長は、あっという間に尾張国を統一していきます。

ちなみに織田信勝の嫡男である津田信澄は、生かされて柴田勝家に養育されました。

成長した津田信澄は、自分の実父を殺害した信長によく仕えていて信頼されていたそうです。しかし、本能寺の変のあと、誤解されて織田信孝に殺害されてしまいました。(津田信澄が明智光秀の娘と結婚していたため共謀したと思われた。何て、早とちり!)

織田信勝(織田信行)を演じた俳優

織田信勝は、信長の生涯を語る上では、欠かせない人物です。信長が主人公のドラマなども多いので、様々な俳優が信勝を演じています。

1973年の大河ドラマ「国盗り物語」・・・日吉としやす
1988年の大河ドラマ「武田信玄」・・・伊原剛志
1989年のTBSドラマ「織田信長」・・・坂上忍
1992年の大河ドラマ「信長 KING OF ZIPANGU」・・・保坂尚輝
1994年のテレビ東京ドラマ「織田信長」・・・石原良純
1996年の大河ドラマ「秀吉」・・・大石悟郎
2002年の大河ドラマ「利家とまつ」・・・大森貴人
2006年の大河ドラマ「功名が辻」・・・橋本啓輝
2014年のフジテレビドラマ「信長協奏曲」・・・柳楽優弥
2020年の大河ドラマ「麒麟がくる」・・・木村了

漫画ですが、信長との兄弟対決など面白いと評判↓




信長の弟 織田信行として生きて候

ab

スポンサーリンク

関連記事

姫の前 北条義時の正室・比奈は後に離縁して源具親と再婚する

女優の堀田真由演じる比奈が、大河ドラマ「鎌倉殿の13人」に先週初登場しましたね。 比奈は、新垣

記事を読む

上総介広常の最期は源頼朝に裏切られる?

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で、佐藤浩市が演じる上総介広常を今回は取り上げたいと思います。 坂

記事を読む

no image

祇王祇女と仏御前

平清盛の寵愛をうけた白拍子ということで、ドラマにも登場した祇王祇女、そして仏御前について取り上げたい

記事を読む

徳川国松(忠長)の生涯

徳川国松(忠長)の生涯 について。 江姫と徳川秀忠の次男で、徳川家光の弟である国松。 後の駿府藩

記事を読む

no image

藤原璋子VS藤原得子

大河ドラマ「平清盛」第5回まで放送されました。 個人的な第5回の見所は、藤原璋子(待賢門院)と鳥羽

記事を読む

お市の方

今回、取り上げるのはヒロインの江の母である、お市の方です。 お市の方は、「戦国一の美女」など美貌に

記事を読む

江 お江与

2011年のNHK大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」のヒロイン。 江についての生涯をご紹介していきた

記事を読む

明智光秀の娘 長女・岸の2度の結婚と最期について

大河ドラマ「麒麟がくる」ですが、本能寺の変まであと5年なんですね。という事は最終回も近いという事か・

記事を読む

no image

待賢門院 藤原璋子

大河ドラマ「平清盛」の登場人物を紹介しています。 今回は、ぶっ飛び天然キャラの待賢門院・藤原璋子を取

記事を読む

妻木熙子 明智光秀の正室で細川ガラシャの母

2020年の大河ドラマ「麒麟がくる」の主人公、明智光秀の正室であり娘があの細川ガラシャである妻木熙子

記事を読む

ab

スポンサーリンク

ab

スポンサーリンク

平賀朝雅の最期とは?鎌倉殿になれず畠山重忠の乱の原因にもなった人物

北条時政とりく(牧の方)の娘婿である平賀朝雅を取り上げます。大河ドラマ

藤原兼子 北条政子と関係深く後鳥羽上皇の乳母として権勢を奮う

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」から紹介する登場人物、久しぶりに朝廷から藤

和田義盛 鎌倉殿の13人のひとりで初代侍所別当!巴御前が側室なのは本当?

鎌倉幕府の十三人の合議制に連なる御家人・和田義盛(わだよしもり)とはど

北条時房 北条政子・義時の異母弟で鎌倉幕府の初代連署を務める

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の登場人物、最近は13人の御家人を紹介して

三善康信 鎌倉殿の信頼厚い幕府の初代問注所執事!子孫が職を世襲

鎌倉殿の13人という事で、本日は三善康信(みよしやすのぶ)を取り上げま

→もっと見る

PAGE TOP ↑