*

第1回・ふたりの父

公開日: : 最終更新日:2016/12/19 歴代・大河ドラマの紹介 , , , ,

2012年NHK大河ドラマ「平清盛」がスタートしました。

ドラマの始まりは、源氏の棟梁である源頼朝が妻の北条政子と共に平家滅亡の知らせを受ける場面。
壇ノ浦の戦いで栄華を誇った平家一門が滅亡した知らせに、家来たちは皆歓声をあげて喜ぶ。
しかし、頼朝は平清盛という武士の世をはじめて作った男のことを思い出していた。

平家滅亡の時は、もちろん平清盛は亡くなっています。

時は遡って、武士が朝廷や王家の犬と呼ばれていた頃のはなし。
この頃の武士は、朝廷からの命令で盗賊の捕まえて殺したりしていた。
いわゆる汚れ作業をしていたので貴族たちにも見下されていた。

その頃の権力者は、白河法皇で上皇となってもまだ権力を握っていた。
そんな白河法皇の命を受けて源為義はある女を探していた。
その女は舞子と言って院の御所に出入りする白拍子だった。
舞子は、白河法皇の子を身ごもっていた。
しかし、その子は不吉な子として命を狙われていた。
鳥羽天皇の后である璋子が体調が優れないのは、舞子の身ごもっている子が原因とされたからだ。

ある日、平氏の嫡男、平忠盛は盗賊を殺して川で血を洗い流している時に舞子に出会う。
命を狙われて必死に逃げようとする舞子に対して忠盛は屋敷にかくまい子供を産ませる。
この子供が後の平清盛です。

いつしか忠盛と舞子は心を通わせるが、源為義に見つかってしまう。
舞子は白河法皇のもとに引き出されたが、祇園女御と忠盛の助命嘆願で子供の命は助かる。
しかし、白河法皇は残酷な命令を下す。
子供の代わりに舞子を忠盛の手で殺せと言うのだ。

窮地に陥った忠盛を見かねた舞子は、子供を忠盛に託す。
そして、法皇のもとに刃物を向けるが弓矢にあたり命を落とす。

舞子の子供は、忠盛の子として「平太」と名付けられる。

数年後、朝廷では、白河法皇の命令で鳥羽天皇が急遽、譲位させられた。
そして、鳥羽天皇の后である璋子は、なんと白河法皇と関係を持っていたのだ。
ひとり苦しむ鳥羽天皇。

一方、少年になった平太は父(養父)忠盛や母(養母)宗子の実子として育っていた。
弟も生まれたが、ある日、自分が両親の本当の子ではない事を知ってしまう。
そして、実父が白河法皇であることも知ってしまう。

忠盛に出生の秘密を打ち明けられた平太は、忠盛に「強くなれ」と突き放される。

ab

スポンサーリンク

関連記事

濃姫の代役が川口春奈に決定!信長の正室、帰蝶の生涯と過去に演じた女優陣

明智光秀が主人公となる2020年の大河ドラマ「麒麟がくる」ですが、撮影も順調に行われていたと思った矢

記事を読む

麒麟がくるの視聴率推移 同時間帯「ポツンと一軒家」「世界の果てまでイッテQ!との比較

大河ドラマ「麒麟がくる」の記事、ここ最近は登場人物の紹介をしていました。 ここで、初回からいま

記事を読む

2020年の大河ドラマ「麒麟がくる」のあらすじとキャストについて

来年、2020年の大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」が非常に楽しみです。 2019年の大河ドラ

記事を読む

no image

第19回・鳥羽院の遺言

大河・平清盛のあらすじです。 2012年5月13日放送の第19回・・・あれからだいぶ経ってます

記事を読む

no image

第16回・さらば父上

平清盛のあらすじです! 第16回、2012年4月22日放送分。 「さらば父上」というタイトル

記事を読む

no image

第21回・保元の乱

大河ドラマ「平清盛」第21回放送分(2012年5月27日)のあらすじです。 今回のタイトル通り、保

記事を読む

no image

第22回・勝利の代償

大河ドラマ「平清盛」のあらすじ。 今回は、2012年6月3日放送の第22回「勝利の代償」です。

記事を読む

no image

第29回・滋子の婚礼

大河ドラマ「平清盛」の第29回は、清盛にとっては義理の妹にあたる平滋子の結婚がテーマです。相手は、あ

記事を読む

no image

白拍子とは?

平清盛の実母である舞子や祇園女御は元白拍子で登場します。 これから多分、登場するであろう清盛の愛妾

記事を読む

no image

第24回・清盛の大一番

大河ドラマ「平清盛」第24回放送のあらすじ。 保元の乱は、後白河帝の勝利で終わり敗者の崇徳上皇は讃

記事を読む

ab

スポンサーリンク

ab

スポンサーリンク

平宗盛の最期とは?平清盛の後継者で父と正反対の性格で家族思い!

今回は、平清盛の後継者である平宗盛(たいらのむねもり)を紹介していきま

大姫 源頼朝と北条政子の娘で婚約者の源義高を亡くし心の病になる

北条義時主人公の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」ですが、大姫の婚約者である

源範頼 源頼朝の弟で源義経と比較されて凡将?最期は謀反・・・

源平合戦の最終章・・・源義経がついに平氏を追い詰めていくストーリーを大

源義経の正室 郷御前は静御前と対立!?夫と共に平泉に逃れて悲劇の最期

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」では、源義経が無尽の活躍をみせて平氏がいよ

一条忠頼 武田信義の嫡男で源頼朝に粛清される最期

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で少ない出番ながらも気になった登場人物がい

→もっと見る

PAGE TOP ↑