*

第13回・祇園闘乱事件

公開日: : 最終更新日:2016/12/19 歴代・大河ドラマの紹介 , , ,

平清盛のあらすじ、第13回放送(2012年4月1日)分です。
記憶が遠のいでいる・・・

若き日の 弁慶 が登場したようですが気付かなかった、、、

またまた簡単なあらすじでいきます。

清盛は、祇園社(八坂神社)で僧兵と大乱闘を起こしてしまいます。
その事件をきっかけに平氏の立場が危ういものになる。

比叡山延暦寺の明雲が、以前より平氏をよく思っていなかったので
ここぞとばかりに鳥羽院に直訴し、忠盛清盛親子を流罪にせよと訴える。

僧兵たちは、神聖な神輿をたてにするが、清盛は何と神輿に矢を突き刺してしまう。
御所で、清盛たちの処遇を話あっている時、ひとりの僧兵があらわれる。

鬼若という若い僧兵が登場する。←この人物が、弁慶だった!!!

鬼若は、清盛がわざと神輿を射たと証言する。

藤原頼長は清盛を流罪とすることを強く主張するが鳥羽院は迷っている。
そして、直接、清盛のもとを訪れ問いただす。

鳥羽院は、神輿に矢を射たように自分にも射てみよと清盛に言う。
清盛は鳥羽院の胸を射るしぐさをする。
こんな無礼なことをしたのにも関わらず、清盛は許されてしまう(汗)

一方、平氏一族の中でも暗雲が立ち込める。
清盛の弟・家盛である。
あんなに従順だった家盛が清盛に対し反旗を翻す。
そして、清盛に自分が平氏を率いると宣言する。

ab

広告

関連記事

no image

第25回・見果てぬ夢

2012年6月24日放送の第25回 「見果てぬ夢」のあらすじ。 平清盛は、信西と共に政治改革を推し

記事を読む

no image

第16回・さらば父上

平清盛のあらすじです! 第16回、2012年4月22日放送分。 「さらば父上」というタイトル

記事を読む

no image

第14回・家盛決起

またまた簡単にあらすじ書きます。 記憶が乏しい大河ドラマ「平清盛」第14回 (2012年4月8

記事を読む

no image

第5回・海賊討伐

大河ドラマ「平清盛」第5回放送は、2012年2月5日。 「海賊討伐」がテーマでした。 平忠盛と宗子

記事を読む

no image

第28回・友の子、友の妻

大河ドラマ「平清盛」のあらすじです。 第28回は「友の子、友の妻」という事で、清盛のよきライバルで

記事を読む

大河ドラマ「国盗り物語」高橋英樹の信長がイケメンだった

昨日、6月21日(日)の大河ドラマは、過去放映作品の大河ドラマ「国盗り物語」の名場面が紹介されていま

記事を読む

no image

白拍子とは?

平清盛の実母である舞子や祇園女御は元白拍子で登場します。 これから多分、登場するであろう清盛の愛妾

記事を読む

濃姫の代役が川口春奈に決定!信長の正室、帰蝶の生涯と過去に演じた女優陣

明智光秀が主人公となる2020年の大河ドラマ「麒麟がくる」ですが、撮影も順調に行われていたと思った矢

記事を読む

no image

崇徳天皇 呪い?

崇徳天皇は「悲運」「哀れ」という言葉が似合います。 「怨霊伝説」まである崇徳天皇はどんな人

記事を読む

no image

第9回・ふたりのはみだし者

清盛と雅仁親王(後の後白河法皇)が出会います! 平清盛にはじめての子が誕生しました。 長男と

記事を読む

ab

広告

ab

広告

藤原定子 夫・一条天皇に寵愛されたが実家の没落に見舞われた悲運の皇后

母の高階貴子や清少納言は取り上げたのですが、肝心の藤原定子を取り上げて

藤原宣孝 紫式部の夫で歳の差20歳以上?結婚生活は約3年で死別する

紫式部は、源氏物語という名作を世に出しましたが、当の本人は清少納言や和

清少納言と紫式部は犬猿の仲!?2度の結婚と藤原定子への宮仕え

紫式部のライバルとして名高い清少納言を取り上げます。 大河ドラマ

藤原道長の妻 源明子は本来なら女王の身分!源倫子との格差が大きい

藤原道長には、嫡妻である源倫子のほかに妻がもう一人います。源明子と言っ

藤原実資とその妻・桐子の夫婦仲は?日記「小右記」は本当にあった

お笑いの「ロバート」秋山竜次が、大河ドラマ「光る君へ」で藤原実資を演じ

→もっと見る

PAGE TOP ↑