*

第17回・平氏の棟梁

公開日: : 最終更新日:2016/12/19 歴代・大河ドラマの紹介 , , ,

大河ドラマ「平清盛」第17回(2012年4月29日放送)のあらすじです。

育ての父・平忠盛が亡くなって清盛はついに平氏の棟梁になります。

清盛は、平氏の棟梁になったことで忠盛が住んでいた屋敷に移り住みます。
そこで皆を集めて武士の世を目指すことを宣言する。

一方、清盛の妻・時子は膳の数を間違ったりと清盛の機嫌を損ねてばかり。
そんな清盛も公卿が集まる歌会で四苦八苦。


清盛のライバル・源義朝は、心のよりどころを常盤に求め彼女を側室にしていた。
常盤を寵愛する夫のかげで、義朝の正室・由良は寂しい毎日を送っていた。
そんな母の姿をみて心を痛める幼き鬼武者(源頼朝)だった。

義朝は父・源為義との対立が一層激化していた。
為義は、義朝の腹違いの弟・義賢に源氏に代々伝わる太刀・友切を授ける。

同じく朝廷でも不穏な空気が漂っていた。

鳥羽上皇と得子の子・近衛天皇の病気が悪化する。
近衛天皇が亡くなれば、時期天皇に誰がなるのか?
権力の行方に注目が集まる。


話は遡って清盛は・・・

ある日、三男の清三郎が稽古をサボっている事を知り時子のしつけがなっていないと叱りつける。そして、先妻・明子だったら棟梁の妻として立派に勤めを果たしたと言ってしまう。その言葉に傷つく時子だったが・・・何だかんだで仲直り(面倒なので少し省略)

今回の唖然な場面はコレ↓

歌会での清盛の歌・・・

「重盛に 基盛それに 清三郎 清四郎みな われらの子なり」

ドラマとは言えこんな風に家庭の事情を歌う人なんてありえない(汗)
今の天皇陛下の前で「翔太、颯太、健太、悠太、みんな僕の子供で~す」って言う感じ?

ab

スポンサーリンク

関連記事

no image

第27回・宿命の対決

大河ドラマ「平清盛」の第27回「宿命の対決」のあらすじです。宿命の対決ということで、当然、平清盛VS

記事を読む

no image

崇徳天皇 呪い?

崇徳天皇は「悲運」「哀れ」という言葉が似合います。 「怨霊伝説」まである崇徳天皇はどんな人

記事を読む

no image

平清盛の視聴率がワースト記録更新か!?

低視聴率だった昨年の大河ドラマ「江~姫たちの戦国」を上回るほど低視聴率に悩む2012年の大河ドラマ「

記事を読む

no image

第2回・無頼の高平太

NHK大河ドラマ「平清盛」第2回の放送が終わりました。 第2回のタイトルは「無頼の高平太」です。 い

記事を読む

濃姫の代役が川口春奈に決定!信長の正室、帰蝶の生涯と過去に演じた女優陣

明智光秀が主人公となる2020年の大河ドラマ「麒麟がくる」ですが、撮影も順調に行われていたと思った矢

記事を読む

no image

第6回・西海の海賊王

NHK大河ドラマ「平清盛」の第6回は、2012年2月12日放送でした。 「西海の海賊王」が第6

記事を読む

no image

源義経は女好きだった!?

日本人の中では悲劇のヒーロー的な感じでとても人気のある源義経。静御前との悲恋もありイメージ的に何とな

記事を読む

no image

第24回・清盛の大一番

大河ドラマ「平清盛」第24回放送のあらすじ。 保元の乱は、後白河帝の勝利で終わり敗者の崇徳上皇は讃

記事を読む

no image

第11回・もののけの涙

大河ドラマ「平清盛」第11回放送(2012.3.18)のあらすじです。 佐藤義清が失恋して出家・・

記事を読む

no image

第12回・宿命の再会

前回の更新から1ヶ月以上放置。 久しぶりの更新になってしまった(ドラマが面白くないとか・・・そ

記事を読む

ab

スポンサーリンク

ab

スポンサーリンク

明智光秀の娘 長女・岸の2度の結婚と最期について

大河ドラマ「麒麟がくる」ですが、本能寺の変まであと5年なんですね。とい

正親町天皇 坂東玉三郎が演じる美しい帝と弟・覚恕との仲

坂東玉三郎が演じている第106代天皇の正親町天皇について調べてみました

朝倉義景の息子たち 溺愛した阿君丸と愛王丸!そして朝倉信景

大河ドラマ「麒麟がくる」では、2、3話前のストーリーだったかと思います

摂津晴門 片岡鶴太郎が演じるインパクトある悪役は本当に悪い人?

久しぶりの更新になります。ここ2か月ほど、忙しくて大河ドラマを観る暇が

大河ドラマ「秀吉」の感想と視聴率!竹中直人と沢口靖子が夫婦役

麒麟がくる休止中に放送された過去の大河ドラマという事で、この間の日曜日

→もっと見る

PAGE TOP ↑