*

第17回・平氏の棟梁

公開日: : 最終更新日:2016/12/19 歴代・大河ドラマの紹介 , , ,

大河ドラマ「平清盛」第17回(2012年4月29日放送)のあらすじです。

育ての父・平忠盛が亡くなって清盛はついに平氏の棟梁になります。

清盛は、平氏の棟梁になったことで忠盛が住んでいた屋敷に移り住みます。
そこで皆を集めて武士の世を目指すことを宣言する。

一方、清盛の妻・時子は膳の数を間違ったりと清盛の機嫌を損ねてばかり。
そんな清盛も公卿が集まる歌会で四苦八苦。


清盛のライバル・源義朝は、心のよりどころを常盤に求め彼女を側室にしていた。
常盤を寵愛する夫のかげで、義朝の正室・由良は寂しい毎日を送っていた。
そんな母の姿をみて心を痛める幼き鬼武者(源頼朝)だった。

義朝は父・源為義との対立が一層激化していた。
為義は、義朝の腹違いの弟・義賢に源氏に代々伝わる太刀・友切を授ける。

同じく朝廷でも不穏な空気が漂っていた。

鳥羽上皇と得子の子・近衛天皇の病気が悪化する。
近衛天皇が亡くなれば、時期天皇に誰がなるのか?
権力の行方に注目が集まる。


話は遡って清盛は・・・

ある日、三男の清三郎が稽古をサボっている事を知り時子のしつけがなっていないと叱りつける。そして、先妻・明子だったら棟梁の妻として立派に勤めを果たしたと言ってしまう。その言葉に傷つく時子だったが・・・何だかんだで仲直り(面倒なので少し省略)

今回の唖然な場面はコレ↓

歌会での清盛の歌・・・

「重盛に 基盛それに 清三郎 清四郎みな われらの子なり」

ドラマとは言えこんな風に家庭の事情を歌う人なんてありえない(汗)
今の天皇陛下の前で「翔太、颯太、健太、悠太、みんな僕の子供で~す」って言う感じ?

ab

スポンサーリンク

関連記事

no image

第18回・誕生、後白河帝

大河ドラマ「平清盛」第18回(2012年5月6日放送)のあらすじを超簡単に! 風変りな雅仁親王が天

記事を読む

no image

第2回・無頼の高平太

NHK大河ドラマ「平清盛」第2回の放送が終わりました。 第2回のタイトルは「無頼の高平太」です。 い

記事を読む

濃姫の代役が川口春奈に決定!信長の正室、帰蝶の生涯と過去に演じた女優陣

明智光秀が主人公となる2020年の大河ドラマ「麒麟がくる」ですが、撮影も順調に行われていたと思った矢

記事を読む

no image

第8回・宋銭と内大臣

大河ドラマ「平清盛」第8回(2012年2月26日放送)は【宋銭と内大臣】でした。 宋銭は、宋のお金

記事を読む

no image

第27回・宿命の対決

大河ドラマ「平清盛」の第27回「宿命の対決」のあらすじです。宿命の対決ということで、当然、平清盛VS

記事を読む

no image

第21回・保元の乱

大河ドラマ「平清盛」第21回放送分(2012年5月27日)のあらすじです。 今回のタイトル通り、保

記事を読む

no image

第11回・もののけの涙

大河ドラマ「平清盛」第11回放送(2012.3.18)のあらすじです。 佐藤義清が失恋して出家・・

記事を読む

2020年の大河ドラマ「麒麟がくる」のあらすじとキャストについて

来年、2020年の大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」が非常に楽しみです。 2019年の大河ドラ

記事を読む

2015年大河ドラマ「花燃ゆ」の簡単なあらすじ

今度の大河は、既に「花燃ゆ」に決定しています。 井上真央が主演です。 放送開始は20

記事を読む

no image

第15回・嵐の中の一門

大河「平清盛」第15回のあらすじ。 2012年4月15日放送分、また簡単にいっちゃいます。

記事を読む

ab

スポンサーリンク

ab

スポンサーリンク

石川数正の出奔の原因となる説とは?長野県・松本城の築城について

2023年の大河ドラマ「どうする家康」で、俳優の松重豊が演じている石川

徳川美術館や名古屋城や熱田神宮の見どころは?名古屋の観光名所への行き方

前回の愛知県岡崎市の観光地(岡崎城やなど大樹寺など)に引き続きNHK大

岡崎城、八丁味噌の郷、大樹寺への行き方とそれぞれの見どころ

いつも大河ドラマの登場人物ばかりを紹介してきましたが、今回は久しぶりに

早川殿 今川氏真の正室で大河ドラマ「どうする家康」では糸という名前!

昨日取り上げた今川氏真に続いて、その妻である早川殿を取り上げたいと思い

今川氏真 徳川家康との関係やその子孫について!最期はどうなる?

大河ドラマ「どうする家康」で、溝端淳平が演じているのが今川氏真(いまが

→もっと見る

PAGE TOP ↑