*

北条時房 北条政子・義時の異母弟で鎌倉幕府の初代連署を務める

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の登場人物、最近は13人の御家人を紹介してきましたが、それ以外の人物・・・ドラマを見ていて気になっていた人物を紹介したいと思います。

その人物とは、瀬戸康史演じる北条時房です!

北条時房は、北条時政の子であり北条政子・北条義時の異母弟にあたります。それから、時房の実母に関してですが今のところ不明となっています。

北条時房 北条政子・義時の異母弟

北条時房が吾妻鏡などに登場するようになるのは、鎌倉幕府の2代将軍・源頼家の時世です。頼家の側近として、比企能員の子たちと共に仕えるようになってからです。

北条時房は容姿に優れ立ち振る舞いも良く蹴鞠が得意だったこともあり源頼家や後鳥羽上皇にとても気に入られていたそうです。

また、北条氏が実権を握ってからは畠山重忠の乱や和田合戦で武人としての活躍をみせます。出世街道まっしぐらという感じで遠江守、駿河守、武蔵守に任ぜられました。

鎌倉幕府の3代将軍・源実朝が暗殺されると次の鎌倉殿となる藤原頼経を連れてきたり承久の乱後には初代の六波羅探題南方となりました。さらに、最終的には鎌倉幕府の初代連署に就任する事となりました。

鎌倉幕府の六波羅探題と連署とは?

六波羅探題は、鎌倉幕府が京都に配置した出先機関の事です。連署は、鎌倉幕府の執権を補佐する役職であり今で言う国のナンバー2(副総理)みたいな感じでしょうか?

北条時房は、時の執権・北条泰時とは政務の面でぶつかる事もあったようですが、良きパートナー関係を築いたと言われています。

そして、1240年の享年66才で亡くなるまで北条氏の長老として重きをなしました。

北条時房の愛称はトキューサ?

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」でもいい味を出している北条時房。視聴者の間では、トキューサなんて名前で呼ばれていたりします。

なぜ、トキューサという名で呼ばれるようになったかと言うと第30回のドラマ場面で北条時房が父・北条時政と義母・りくに改名する事を報告した際にりくが「トキューサ?」と聞き間違えたことでトキューサの文字テロップが表示されてしまいました。

視聴者からの反響が凄くそれ以来、北条時房=トキューサになったという事です。

ab

広告

関連記事

深芳野 土岐頼芸から下贈された斎藤道三の側室で美濃一の美女

来年の大河ドラマ「麒麟がくる」で、濃姫を演じる予定だった沢尻エリカの逮捕により出演者変更となった事か

記事を読む

大政所 豊臣秀吉の母なかの生涯について!嫁の北政所ねねとの嫁姑仲は?

豊臣秀吉や豊臣秀長、そして旭姫の母である大政所を取り上げますね。 大政所の呼び方は、「おおまん

記事を読む

松平昌久の裏切り 三河一向一揆で徳川家康から敵側に寝返った後はどうなる?

徳川家康の家臣・松平昌久(まつだいらまさひさ)を取り上げます。昌久は、主君・家康に付き従いながらも密

記事を読む

織田信秀 ライバル・斎藤道三や息子・信長とは正反対の秩序ある武将

今日、紹介する大河ドラマ「麒麟がくる」の登場人物は、織田信長のお父さんである織田信秀です。 ド

記事を読む

明智光秀の娘 長女・岸の2度の結婚と最期について

大河ドラマ「麒麟がくる」ですが、本能寺の変まであと5年なんですね。という事は最終回も近いという事か・

記事を読む

榊原康政 徳川家康のお気に入りで豊臣秀吉を怒らせた徳川四天王のひとり

徳川家康の家臣であった榊原康政は、大河ドラマに何度も登場している人物です。 今年の大河ドラマ「

記事を読む

大久保忠世 どうする家康では小手伸也が演じる!徳川十六神将のひとり

今年の大河ドラマ「どうする家康」の登場人物ですが、当サイトでは家康の家臣を中心に紹介しています。

記事を読む

穴山梅雪の最期が悲惨?正室の見性院は徳川家康の庇護を受け長生きする

まだ、続いてます~大河ドラマ「どうする家康」の登場人物紹介!武田家の家臣・穴山梅雪(穴山信君)を取り

記事を読む

家光の側室 お万の方

新ドラマの「大奥 誕生~有功・家光篇」が始まりましたが、映画「大奥」と同様に男女逆転のお話です。主人

記事を読む

麒麟がくるの稲葉一鉄役は村田雄浩!有能な武将で春日局の祖父

大河ドラマ「麒麟がくる」の登場人物紹介、今回はベテラン俳優の村田雄浩さんが演じる稲葉良通を取り上げて

記事を読む

ab

広告

ab

広告

藤原道長の妻 源明子は本来なら女王の身分!源倫子との格差が大きい

藤原道長には、嫡妻である源倫子のほかに妻がもう一人います。源明子と言っ

藤原実資とその妻・桐子の夫婦仲は?日記「小右記」は本当にあった

お笑いの「ロバート」秋山竜次が、大河ドラマ「光る君へ」で藤原実資を演じ

藤原義懐 大出世する花山天皇の叔父!ドラマとは乖離する人物像

大河ドラマ「光る君へ」で印象に残った人物として花山天皇の叔父にあたる藤

藤原公任は藤原道長よりも名門出身の御曹司!紫式部や清少納言とも交流あり

大河ドラマ「光る君へ」で、町田啓太が演じる藤原公任(ふじわらのきんとう

藤原道綱母 蜻蛉日記の作者は本朝三大美人の一人!道長の父・藤原兼家の妾妻

藤原道長の父である藤原兼家には、嫡妻である時姫以外にも当然の如く妻がい

→もっと見る

PAGE TOP ↑