*

森蘭丸 兄弟 について

公開日: : 最終更新日:2016/02/25 大河ドラマの登場人物 , , , , , ,

森蘭丸 兄弟 について。
織田信長の小姓で、男色の相手とも言われる森蘭丸。
男でありながら女性のような美貌をもっていたと言われます。

森蘭丸といえば、私の中では同じ「蘭丸」という事で
少女漫画の「はいからさんが通る」の蘭丸のイメージが強い。
多分、はいからさんが通るの蘭丸は、森蘭丸をイメージしたのだろう。

大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」では、森蘭丸とそしてその兄弟達。
森坊丸、森力丸が登場人物として描かれていました。
森兄弟は、皆ね美形の設定で、江の姉・初も森兄弟のファンのようです。

史実に残っている森蘭丸とは、一体どんな人物なのでしょうか?

森蘭丸の兄弟は、その他2名しかドラマでは描かれていませんが、
本当はもっと沢山いるようです。森蘭丸の本名は、「森成利」です。

父は、父は織田信長の家臣として信頼も厚かった森可成です。
森蘭丸のお父さんである森可成は、江の父・浅井長政に討たれました。
なので、江たちが森蘭丸兄弟たちの仇なのは本当のようです。

森蘭丸の兄弟は、兄に森可隆、森長可がいます。
弟に森坊丸、森力丸、森忠政、女子もいるようです。

森蘭丸は、美貌だけでなく仕事も有能だったようです。
18歳の時、本能寺の変で織田信長とともに亡くなっています。

森蘭丸が有名になったのは、後の創作物の影響が強いそうです。
史実では、森蘭丸はそれほど登場していません。

そして、気になるのが織田信長との関係です。
織田信長と森蘭丸は、同性愛の関係だったとも伝えられています。
当時の男色は珍しくなかった。衆道と呼ばれ名誉な事だったとか?
織田信長は、森蘭丸の他に前田利家も有名ですよね。
武田信玄や伊達政宗、上杉景勝など名だたる大名は男色傾向がみられた。
さすがに、女好きで有名な豊臣秀吉は違うようですがm(_ _)m

ab

スポンサーリンク

関連記事

初 常高院について

初 常高院について。 大河ドラマ「江~姫たちの戦国」で、水川あさみが演じる ヒロイン・江姫の姉、

記事を読む

朝倉義景の息子たち 溺愛した阿君丸と愛王丸!そして朝倉信景

大河ドラマ「麒麟がくる」では、2、3話前のストーリーだったかと思いますが、朝倉義景が嫡男だった阿君丸

記事を読む

斎藤義龍 父の斎藤道三と長良川の戦いで勝利!父殺しの汚名とともに

大河ドラマ「麒麟がくる」、明日(2020年5月10日)放送は「長良川の対決」です。 いよいよ美

記事を読む

豊臣秀吉 側室②

豊臣秀吉 側室 について続きです。 天下人・豊臣秀吉の側室を何名かご紹介したいと思います。 名門

記事を読む

静御前 源義経の愛妾!しづやしづの舞を披露した白拍子

先日、源義経の正室である郷御前(「鎌倉殿の13人」では里)を取り上げましたので、もう一人の妻である静

記事を読む

徳川将軍家 夫に冷遇された御台所

江は、徳川将軍家で唯一の次期将軍を生んだ御台所であり、夫からも大切にされた女性です。御台所の中では、

記事を読む

佐治一成 江

佐治一成 江 の最初の夫について。 江は、生涯で3度の結婚をする事になります。 戦国時代の政略結

記事を読む

源行家 死神と言われた男の最期とは?源頼朝、源義経、源義仲の叔父

さて、本日取り上げるのは源頼朝・源義経・源義仲の叔父にあたる源行家(みなもとのゆきいえ)になります。

記事を読む

菊丸の正体は服部半蔵?大河ドラマ初出演の岡村隆史が忍者役

2020年の大河ドラマ「麒麟がくる」の登場人物の中に、架空の人物が何名かいます。 例えば、ヒロ

記事を読む

足立遠元 13人の一人であり安達盛長とは年齢逆転した甥と叔父の関係

鎌倉殿の13人(鎌倉幕府、13人の合議制)を紹介という事で、今回取り上げますのは足立遠元(あだちとお

記事を読む

ab

スポンサーリンク

ab

スポンサーリンク

石川数正の出奔の原因となる説とは?長野県・松本城の築城について

2023年の大河ドラマ「どうする家康」で、俳優の松重豊が演じている石川

徳川美術館や名古屋城や熱田神宮の見どころは?名古屋の観光名所への行き方

前回の愛知県岡崎市の観光地(岡崎城やなど大樹寺など)に引き続きNHK大

岡崎城、八丁味噌の郷、大樹寺への行き方とそれぞれの見どころ

いつも大河ドラマの登場人物ばかりを紹介してきましたが、今回は久しぶりに

早川殿 今川氏真の正室で大河ドラマ「どうする家康」では糸という名前!

昨日取り上げた今川氏真に続いて、その妻である早川殿を取り上げたいと思い

今川氏真 徳川家康との関係やその子孫について!最期はどうなる?

大河ドラマ「どうする家康」で、溝端淳平が演じているのが今川氏真(いまが

→もっと見る

PAGE TOP ↑