*

平手政秀役は上杉祥三!織田信秀と信長に仕えた家臣で最期は切腹する

大河ドラマ「麒麟がくる」は、織田信秀が亡くなり今川に睨まれて四面楚歌の織田信長に義父である斎藤道三が助け船を出しますが、何だか斎藤家中も織田家中も不穏な空気が流れていて・・・。

そんな中、さらっと流されてしまった感のある織田家家臣・平手政秀(ひらてまさひで)の切腹事件。

大河ドラマでは、織田信秀に殉じた感じに描かれていた平手政秀の亡くなり方でしたが、平手政秀はなぜ最期に切腹をしてしまったのか?又、平手政秀の生涯について迫ってみたいと思います。

平手政秀を演じるのは俳優の上杉祥三

ところで、大河ドラマ「麒麟がくる」で平手政秀を演じていたのは上杉祥三さんです。

上杉祥三さんは、舞台俳優出身ですが、舞台だけでなく沢山のドラマや映画に出演していますね。

大河ドラマも「麒麟がくる」の他にも過去9作品出演を果たしています。ここ数年間では「軍師官兵衛」(2014)の江田善兵衛役、「花燃ゆ」(2015)の三条実美役、「おんな城主 直虎」(2017)の水野忠重役などがあります。

平手政秀は、うつけと呼ばれた織田信長の奇行を止めさせ目を覚ますように切腹を選んだというイメージがあります。上杉祥三さんは、そんな平手政秀のイメージにぴったりの俳優さんですね。

平手政秀の生涯について

それでは、戦国武将としての平手政秀、その生涯について解説していきます。

平手政秀は、織田信秀・信長の父子2代に仕えた重臣で信長が誕生してからは主に信長のもり役となりました。・・・信長はうつけと評判でしたので大層、苦労したはず(汗)

平手政秀 織田信秀の重臣で織田信長のもり役

平手政秀は史料が少なく確かではないのですが、平手経英の子として1492年に生まれたとされています。

その後、どんな経緯で織田信秀に仕えたのかは分かっていないのですが、主君の信頼も厚く次席家老となり尾張・志賀城の城主へと出世していきます。

又、嫡男だった信長が誕生するともり役を任されたと伝えられています。嫡男のもり役なので織田家では相当な地位にあったことが理解できますね。

織田信長の初陣にも後見役として参加します。他にも織田家と敵対していた斎藤道三との和睦にも一役買い、信長と帰蝶の結婚も成立させることができました。

平手政秀は、茶道にも精通している文化人だったのですが信長もその影響を受けたとも言われています。

まさに織田信長の父親代わりの存在だったのではないでしょうか?

平手政秀 織田家の外交官として大活躍

平手政秀は、先述の通り斎藤道三との和睦を取り成し帰蝶を信長の嫁にする事が出来ました。

他にも織田信秀の名代を預かり朝廷との交渉を行ったり苦しい戦いを強いられていた安城城での織田信広に援軍を率いたりと優れた外交手腕を発揮した事でも有名です。

平手政秀は、織田家にとってはなくてはならない家臣ですよね。

平手政秀はなぜ切腹したのか?

忠臣だった平手政秀は、悲しいことに切腹するという最期を迎えます。

切腹したのは、1553年2月で享年62才でした。1552年に織田信秀が亡くなっているので翌年という事になります。それは、織田家の家督を信長が継いで間もなくでもあります。

父・信秀が亡くなっても奇行ぶりが治らない信長を悔い改めさせるために切腹したとも伝わっています。当時の信長は、家督を継ぐにもまわりからかなり疑問視されていました。

平手政秀の切腹の原因は、他にも様々な説があります。

「信長公記」には、信長との不和が原因とあります。平手政秀の息子が持っていた馬を信長が欲しがったが譲らなかったため次第に不和に繋がったというものです。

他にも信長の弟である信行派である他の重臣達との対立が原因ではないかという説もあります。

平手政秀の切腹の謎はいまだに解明されていませんが、ただ、亡くなった平手政秀のために信長が政秀寺と名付けたお寺を建立、そして菩提を弔っていたり政秀の子たちが信長の家臣になっているので不和説はないのではないかと思うのですが・・・。

最後に、ネタ(?)として平手政秀の娘があの有楽斎(織田長益)の正室になっているんですよね!

ab

スポンサーリンク

関連記事

太原雪斎 今川義元の軍師で徳川家康の教育係?桶狭間の戦いまでの寿命

本日は、今川義元の軍師として名高い太原雪斎(たいげんせっさい)を取り上げたいと思います。大河ドラマ「

記事を読む

梶原景時 石橋山の戦いで敗けた源頼朝をなぜ見逃した?その後、源義経と対立

2022年の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の登場人物の一人、中村獅童が演じる梶原景時を取り上げていきた

記事を読む

大奥で権力を握った「右衛門佐」

電撃結婚して驚いた菅野美穂と堺雅人が主演した話題の映画「大奥~永遠~ 」から右衛門佐(映画では、堺雅

記事を読む

千姫の生涯 豊臣秀頼との夫婦愛

千姫の生涯 豊臣秀頼との夫婦愛。 大河ドラマ「江」第39話で、豊臣秀頼に側室が出来て 嫡男が誕生

記事を読む

徳川家康について

徳川家康について エピソードをご紹介します。 お江の後の義父になる徳川家康について、色々と調べてみ

記事を読む

保科幸松(保科正之)

保科幸松(保科正之) について。 2011年の大河ドラマ「江~姫たちの戦国」が、 最終回を迎

記事を読む

家光の側室 お玉の方

今回、取り上げるのはお玉の方、後の桂昌院です。テレビドラマ「大奥 誕生~有功・家光篇」では、KAT-

記事を読む

京極龍子 松の丸殿

京極龍子 松の丸殿 について。 豊臣秀吉の側室で、淀殿(茶々)の次に寵愛された京極龍子。 大河ド

記事を読む

豊臣秀吉 側室

豊臣秀吉 側室 についてご紹介します。 戦国時代きっての女好き、天下人の豊臣秀吉に側室たちに ス

記事を読む

朝倉義景 織田信長に徹底マークされて滅んだ越前の守護大名

大河ドラマ「麒麟がくる」の越前編がスタートしましたね。新しい登場人物として、主人公の明智光秀が落ち延

記事を読む

ab

スポンサーリンク

ab

スポンサーリンク

牧の方 りくという名前で登場する北条時政の後妻

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」ですが、今回登場する人物は宮沢りえが演じて

平宗盛の最期とは?平清盛の後継者で父と正反対の性格で家族思い!

今回は、平清盛の後継者である平宗盛(たいらのむねもり)を紹介していきま

大姫 源頼朝と北条政子の娘で婚約者の源義高を亡くし心の病になる

北条義時主人公の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」ですが、大姫の婚約者である

源範頼 源頼朝の弟で源義経と比較されて凡将?最期は謀反・・・

源平合戦の最終章・・・源義経がついに平氏を追い詰めていくストーリーを大

源義経の正室 郷御前は静御前と対立!?夫と共に平泉に逃れて悲劇の最期

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」では、源義経が無尽の活躍をみせて平氏がいよ

→もっと見る

PAGE TOP ↑