*

足立遠元 13人の一人であり安達盛長とは年齢逆転した甥と叔父の関係

鎌倉殿の13人(鎌倉幕府、13人の合議制)を紹介という事で、今回取り上げますのは足立遠元(あだちとおもと)になります。

大河ドラマでのキャストは大野泰広が演じています。

鎌倉幕府の御家人で「あだち姓」は、足立遠元安達盛長がいます。この二人は甥(足立遠元)と叔父(安達盛長)の関係です。そして足立氏と安達氏の祖とされています。

足立遠元の出身について

足立遠元は、武蔵国足立郡を支配していた豪族・藤原遠兼の息子として誕生しました。

父・遠兼はもともと京出身でしたが、武蔵国足立郡に移り住んでそのまま本拠地としました。そして、息子の遠元の代で地名に因んだ足立という姓に改名しました。

父・遠兼の弟として安達盛長がいます。(ただし「尊卑分脈」のみの記述)安達盛長は、源頼朝が流人だった頃からの家来で頼朝が最も信頼していた人物でもあります。遠元と盛長は甥と叔父の関係であっても遠元の方が年上だと言われています。

足立遠元 13人の一人として

足立遠元は、武士でありながら公文所寄人に選出されるなど坂東武者の中では極めて文才能力に長けた人物であったと伝わります。

そのため戦で活躍するというよりも幕府内では文官的な役割を与えられていたようです。2代将軍・頼家時代でも13人の合議制の一人として加わりました。ちなみに叔父の安達盛長も13人に入っています。

遠元は、幕府での文官としての地位が注目されがちですが勿論、過去には武士として戦にも出陣していました。平治の乱では、頼朝の父・源義朝に従い17騎の一人として戦いましたし頼朝の挙兵にもいち早く参上しました。

頼朝の死後、御家人たちの権力争いが勃発しても一線を画す感じで自身にあまり影響はなかったようです。

そして、足立遠元が歴史上の史実に載るのは1207年の闘鶏会参加が最後でした。この時すでに70歳を超えていて当時としてはかなりの高齢だったとみられます。

足立遠元は、源頼朝を支えた御家人の中でも天寿を全うした人物であったようですね。

ab

スポンサーリンク

関連記事

大姥局 江の関係は?

大姥局 江の関係は? 久々に大河ドラマ「江」の登場人物の紹介です。 加賀まりこが扮する大姥局(お

記事を読む

no image

平明子 清盛の最初の妻

平明子さんは、あまり情報がないので とにかく探しまくりました(汗) 2012年NHK

記事を読む

源頼家の正室はどちら?若狭局(せつ)と辻殿(つつじ)は御台所にならず

鎌倉幕府の2代将軍、源頼家の正室というか御台所は一体誰なのか? 大河ドラマ「鎌倉殿の13人」に

記事を読む

豊臣秀次 について

豊臣秀次 について。 大河ドラマ「江」の第28話の予告編で、豊臣秀次の切腹する 場面がありました

記事を読む

no image

安徳天皇の伝説

平清盛が溺愛したといわれる孫の安徳天皇について取り上げてみたいと思います。私の安徳天皇のイメージは、

記事を読む

明智秀満 光秀の娘婿で信頼厚き家臣!ドラマ「敵は本能寺にあり」の主人公

朝ドラもですが、大河ドラマも新型コロナウイルスの影響で放送の一時中止が決定してしまいましたね。朝ドラ

記事を読む

徳川国松(忠長)の生涯

徳川国松(忠長)の生涯 について。 江姫と徳川秀忠の次男で、徳川家光の弟である国松。 後の駿府藩

記事を読む

徳川吉宗 大奥

先日、テレビで初放映された大奥男女逆転の映画観ました。 結構、面白かったです。 それで江とは血が

記事を読む

天崇院 勝姫

江姫と徳川秀忠の間に生まれた子供で、三女の勝姫を取り上げます。勝姫はひじょ~に気の強い女性だったとい

記事を読む

九条完子(豊臣完子)について

九条完子(豊臣完子)について。 大河ドラマ「江」の登場人物紹介・・・久々です。 今回、取り上

記事を読む

ab

スポンサーリンク

ab

スポンサーリンク

服部正成 服部半蔵の2代目!徳川家康に忠義を尽くす

徳川家康と言えば、忍者を支配下にしていたことは有名です。その忍者の中で

鵜殿長照 大高城での籠城戦を経て上ノ郷城で討ち死にする戦国武将

珍しく本日、2回目の更新になります。 2023年の大河ドラマ「ど

松平昌久の裏切り 三河一向一揆で徳川家康から敵側に寝返った後はどうなる?

徳川家康の家臣・松平昌久(まつだいらまさひさ)を取り上げます。昌久は、

茶屋四郎次郎 徳川家康の伊賀越えを助け信頼を得る!徳川家の御用商人になる

大河ドラマにおける茶屋四郎次郎は、幾度となく登場しています。 2

空誓上人 三河一向一揆で徳川家康と対立するが後に関係修復する

三河の一向一揆を主導したと伝わる空誓上人(くうせいしょうにん)を取り上

→もっと見る

PAGE TOP ↑