*

静御前 源義経の愛妾!しづやしづの舞を披露した白拍子

先日、源義経の正室である郷御前(「鎌倉殿の13人」では里)を取り上げましたので、もう一人の妻である静御前を紹介していきますね。

静御前は、義経同様にとても人気の高い人物です。そして、ドラえもんのしずかちゃん!(しずかちゃんの名前が源静香なのは偶然?)

静御前については、義経との悲恋や頼朝の逆鱗に触れた義経を慕う舞「しづやしづ~」が有名です。また、鎌倉から京に戻ったあとの消息が不明で彼女がその後どうなったのか様々な伝承が残されています。

静御前 源義経の愛妾

静御前が登場するのは、「吾妻鏡」という歴史書だけになります。




眠れないほどおもしろい吾妻鏡

はじめて「吾妻鏡」に静御前が登場する場面は、都落ちしていた源義経が九州行きの船に乗っている時です。その時、義経とともにしていたのが静御前と弁慶、源有綱、堀景光だけでした。義経には他にも妾がいたのに静御前だけを同行させた背景をみてもどれだけ寵愛深かったのか分かりますね。

その後の「吾妻鏡」での静御前は、九州には嵐で行けずに吉野山に逃げていました。しかし、途中で義経とはぐれてしまい、共をしていた者が義経が与えてくれた金品を奪い静御前だけを置いて去ってしまいました。

静御前は、吉野山でさまよっていたところを捕らえられて、京都守護をしていた北条時政のもとに引き渡されてしまいます。

そして、静御前は母の磯禅師と一緒に鎌倉へと連行されていきました。

鎌倉での静御前は、義経の行方を尋問されたり舞を披露するように命じられます。病気で舞う事は出来ないと断ったりしましたが、北条政子が天下の舞の名手を前にしてその芸を見ないのは残念だと頼朝に大いに勧めます。

この場面でようやく静御前が都で随一の白拍子だという事が分かります。

そして、いよいよ断り切れなくなった静御前は鶴岡八幡宮の社前で舞を披露する事になります。

静御前 しずやしづの舞を披露する

白拍子

白拍子の静御前が、北条政子や源頼朝たちを前にして披露した舞が、以下の二つです。

しづやしづ しづのをだまき くり返し 昔を今に なすよしもがな

※しずの布を織る麻糸をまるく巻いた苧だまきから糸が繰り出されるように、たえず繰り返しつつ、どうか昔を今にする方法があったなら

吉野山 峰の白雪 ふみわけて 入りにし人の 跡ぞ恋しき

※吉野山の峰の白雪を踏み分けて姿を隠していったあの人(源義経)のあとが恋しい

どちらも源義経を慕う歌でしたので、当然、源頼朝は激怒します。しかし、北条政子が静御前を庇ったことで事なきを得ました。

静御前も下手をすると処刑されるかもしれないのに堂々と義経を慕う舞を披露したことで度胸がありますが、北条政子も嫉妬深い一面がありますが、大姫の事と言い人情のある人だと思いました。

静御前 義経との子供は男

静御前は、鎌倉に入ったとき源義経の子を妊娠していました。そして、出産するまで鎌倉に留め置かれる事になりました。

「吾妻鏡」の描写によると、鎌倉で御家人たちが静御前の宿舎に集まり宴会を催したりしたようです。確かに天下の名手の舞を見ながらお酒を飲んでみたいと思うのでしょうが、いい迷惑ですよね。

その時は母の磯禅師が舞を披露したようですが、梶原景茂(梶原景時の子)が静御前に言い寄ったようでこっぴどくフラれています。

その後、静御前は出産します。

生まれた子供が女子なら命を助けるが、男子なら将来の禍根を残さないために命を奪うと決まっていました。残念ながら静御前の産んだ子供は男子でした。

静御前は、赤子を離さず泣き叫んで拒否しましたが使いの者の厳しい催促に母の磯禅師が折れて結局、赤子は取り上げられて由比ヶ浜に捨てられてしまいました。

この時も北条政子は頼朝に赤子の助命を嘆願しましたが、叶わなかったそうです。政子と大姫は、静御前をとても不憫に思い沢山の財宝を与えて京に帰したと伝わります。

静御前の最期とは?

静御前のその後は「吾妻鏡」にも記録がありません。ただ、義経と同じように全国各地で静御前に関する伝承が残っています。

沢山ある伝承の中でも割と多いのが静御前は若くして亡くなったというものです。これは義経も若くして亡くなっているのが影響しているのでしょうかね?奥州にいる義経を追っていくうちに病になったとか義経の訃報を聞いたとか色々あります。

静御前はその後どのような生涯を送ったのか?最期はどこで亡くなったのか?とても気になりますね。

最後に静御前は現代でも凄く人気のある歴史上の人物ですので、映画やドラマ、小説にもヒロインとしてたくさん登場しています。

静御前を演じた女優さんも「鎌倉殿の13人」では石橋静河でしたが、2005年の大河ドラマ「義経」では石原さとみが演じました。静御前は、女優さんが演じてみたい役柄の一つではないでしょうか?




義経と静御前・二人の「その後」 各地に残された生存伝説は何を語るのか

ab

スポンサーリンク

関連記事

江が溺愛した徳川忠長の子供はあの松平長七郎!?

徳川家光の弟で、家光よりも出来が良く、江が溺愛したとされる徳川忠長。 最期は、家光の邪魔となり28

記事を読む

牧の方 りくという名前で登場する北条時政の後妻

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」ですが、今回登場する人物は宮沢りえが演じている北条時政の後妻・りく にな

記事を読む

お市の方

今回、取り上げるのはヒロインの江の母である、お市の方です。 お市の方は、「戦国一の美女」など美貌に

記事を読む

織田信勝 信長の弟で母・土田御前の溺愛による非業の死

俳優の木村了が演じる織田信長の弟・織田信勝を取り上げます。 いや~、前回、信長が自分の地位を脅

記事を読む

大奥で権力を握った「右衛門佐」

電撃結婚して驚いた菅野美穂と堺雅人が主演した話題の映画「大奥~永遠~ 」から右衛門佐(映画では、堺雅

記事を読む

徳川国松(忠長)の生涯

徳川国松(忠長)の生涯 について。 江姫と徳川秀忠の次男で、徳川家光の弟である国松。 後の駿府藩

記事を読む

八田知家 鎌倉殿の13人のひとりで阿野全成を殺害した人物

鎌倉幕府で御家人たちが源頼家を抑える(?)ために結成された十三人の合議制の13名を紹介していきたいと

記事を読む

源応尼 徳川家康の祖母で超絶美人!5度も嫁ぐが夫に先立たれる

はい、本日は、徳川家康の祖母である源応尼(華陽院)を取り上げますね。 大河ドラマ「麒麟がくる」

記事を読む

和田義盛 鎌倉殿の13人のひとりで初代侍所別当!巴御前が側室なのは本当?

鎌倉幕府の十三人の合議制に連なる御家人・和田義盛(わだよしもり)とはどんな人物だったのかを紹介してい

記事を読む

no image

祇王祇女と仏御前

平清盛の寵愛をうけた白拍子ということで、ドラマにも登場した祇王祇女、そして仏御前について取り上げたい

記事を読む

ab

スポンサーリンク

ab

スポンサーリンク

平賀朝雅の最期とは?鎌倉殿になれず畠山重忠の乱の原因にもなった人物

北条時政とりく(牧の方)の娘婿である平賀朝雅を取り上げます。大河ドラマ

藤原兼子 北条政子と関係深く後鳥羽上皇の乳母として権勢を奮う

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」から紹介する登場人物、久しぶりに朝廷から藤

和田義盛 鎌倉殿の13人のひとりで初代侍所別当!巴御前が側室なのは本当?

鎌倉幕府の十三人の合議制に連なる御家人・和田義盛(わだよしもり)とはど

北条時房 北条政子・義時の異母弟で鎌倉幕府の初代連署を務める

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の登場人物、最近は13人の御家人を紹介して

三善康信 鎌倉殿の信頼厚い幕府の初代問注所執事!子孫が職を世襲

鎌倉殿の13人という事で、本日は三善康信(みよしやすのぶ)を取り上げま

→もっと見る

PAGE TOP ↑