*

2020年の大河ドラマ「麒麟がくる」のあらすじとキャストについて

来年、2020年の大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」が非常に楽しみです。

2019年の大河ドラマ「いだてん」は現代ものなので観ていません。観れば面白いとは思うのですが、大河ドラマはやっぱり時代劇じゃないと・・・。

しかも「麒麟がくる」の時代背景は、私の好きな戦国時代なので尚更、楽しみです。

今回は、「麒麟がくる」のあらすじや出演が発表されているキャスト陣を中心にお伝えしたいと思います。

大河ドラマ「麒麟がくる」の主人公は明智光秀

「麒麟がくる」の主人公は、明智光秀になります。

明智光秀は、本能寺の変で主君だった織田信長を討った謀反人で、かつては裏切り者の印象が強かったと思います。

しかし、明智光秀の様々なエピソードを聞くたびにこの武将は本当に過小評価だよなぁと思っていました。

明智光秀は、善政を布いていたため領民たちから慕われていたそうですし、妻の煕子(ひろこ)に対する愛情の深さからみても人となりが分かると思います。

又、文化人としても知られ織田信長の比叡山延暦寺の焼き討ちにも猛反対しました。

明智光秀は、織田信長からの信頼も厚く寵愛されていた武将でもありましたが、根本的に織田信長とは全てが合わなかったのだと思います。

大河ドラマ「麒麟がくる」では、明智光秀の青年時代から本能寺の変、最期となる山崎の戦いまでが描かれる予定です。


新装版 明智光秀 真の天下太平を願った武将

大河ドラマ「麒麟がくる」のキャスト

大河ドラマだけあってやはり今回の「麒麟がくる」も大物俳優などが脇を固めるほど豪華なキャスト陣の出演が発表になっています。

まだ、未発表の主要人物もありますが、現在、発表されているキャストを紹介しますね。

大河ドラマ「麒麟がくる」の主演は長谷川博己

2020年の大河ドラマ「麒麟がくる」の主人公、明智光秀役は長谷川博己です。

長谷川博己は、昨年のNHK朝ドラ「まんぷく」にも出演していましたし、NHKの仕事が立て続けなので制作側にも好かれていそうですよね。そもそも脚本を担当した池端俊策のリクエストらしいですが。

ちなみにご存じ、鈴木京香の彼氏としても有名ですね。何となく大河ドラマが終了する頃に結婚しそうな気もしますが・・・。

大河ドラマ「麒麟がくる」のヒロインは誰?

大河ドラマ「麒麟がくる」のヒロインですが、通常なら「麒麟がくる」の主人公、明智光秀の正室である熙子が相応しいと思いましたが、制作側は今回の大河ドラマのヒロインはオリジナルキャラの門脇麦演じる駒、濃姫役の沢尻エリカになるとしています。

織田信長の妻である濃姫がヒロインというのも?ですが、さらにオリジナルキャラである駒がヒロインというのも何だかなぁという感じです。

駒は、明智光秀が京で知り合う娘で最初から最後まで出番があるそうです。なので最もヒロインに近いのは駒役の門脇麦になるかと思います。

ちなみに熙子役を演じるのが女優の木村文乃です。

熙子のイメージは慎ましいけれども芯のしっかりした女性。夫に寄り添い支える熙子は、木村文乃の持ち味にぴったりと合いますね。

私は、明智光秀役の長谷川博己と共に木村文乃の熙子役も非常に楽しみです。

大河ドラマ「麒麟がくる」のキャスト その他

長谷川博己、門脇麦、沢尻エリカ、木村文乃以外のキャスト陣を紹介しますね。

語りは市川海老蔵です。2020年5月に市川團十郎を襲名予定ですので、海老蔵からクレジット変更があるのか気になります。

すでに発表になっている出演者ですが、

男性陣は明智光安役に西村まさ彦、望月東庵役に堺正章、織田信長役に染谷将太、今川義元役に片岡愛之助、藤吉郎(豊臣秀吉)役に佐々木蔵之介、徳川家康役に風間俊介、斎藤道三役に本木雅弘、足利義昭役に滝藤賢一、足利義輝に向井理、細川幽斎役に眞島秀和、松永久秀役に吉田鋼太郎、三淵藤英役に谷原章介、藤田伝吾役に徳重聡、稲葉一鉄役に村田雄浩。

女性陣は、斎藤道三の側室である深芳野役に南果歩、織田信秀の継室で信長生母の土田御前役に檀れい、伊呂波太夫役に尾野真千子が決定しています。

大河ドラマ後半に登場するかもしれませんが、明智光秀の娘である細川ガラシャを誰が演じるのか楽しみです。


ここまでわかった! 明智光秀の謎

ab

スポンサーリンク

関連記事

no image

平清盛が白河院のご落胤なのは本当か?

平清盛は、白河法皇のご落胤だといわれるのは、「平家物語」での描かれ方が影響しているようです。白河法皇

記事を読む

独眼竜政宗の両親 伊達輝宗の最期と義姫の毒殺未遂事件について

大河ドラマは、「麒麟がくる」が休止中ということで、6月14日放送分は1987年の「独眼竜政宗」の名場

記事を読む

no image

第7回・光らない君

清盛の前にあらわれた二人の女性 後に妻となる「明子」と「時子」が登場します! 大河ド

記事を読む

no image

かむろ 平家が雇った禿

かむろと呼ばれる赤い着物を着た怖い子供たち。 兎丸まで殺してしまったのですが、あの子供たちはその後

記事を読む

no image

崇徳天皇 呪い?

崇徳天皇は「悲運」「哀れ」という言葉が似合います。 「怨霊伝説」まである崇徳天皇はどんな人

記事を読む

no image

第22回・勝利の代償

大河ドラマ「平清盛」のあらすじ。 今回は、2012年6月3日放送の第22回「勝利の代償」です。

記事を読む

no image

第26回・平治の乱

大河ドラマ「平清盛」のあらすじを紹介しています。 第26回(2012年7月1日放送)は、1159年

記事を読む

no image

第14回・家盛決起

またまた簡単にあらすじ書きます。 記憶が乏しい大河ドラマ「平清盛」第14回 (2012年4月8

記事を読む

no image

第8回・宋銭と内大臣

大河ドラマ「平清盛」第8回(2012年2月26日放送)は【宋銭と内大臣】でした。 宋銭は、宋のお金

記事を読む

no image

白河法皇の殺生禁断令

大河ドラマ「平清盛」第2話で、白河法皇が下した殺生禁断令について調べてみました。 殺生禁断令という

記事を読む

ab

スポンサーリンク

ab

スポンサーリンク

平宗盛の最期とは?平清盛の後継者で父と正反対の性格で家族思い!

今回は、平清盛の後継者である平宗盛(たいらのむねもり)を紹介していきま

大姫 源頼朝と北条政子の娘で婚約者の源義高を亡くし心の病になる

北条義時主人公の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」ですが、大姫の婚約者である

源範頼 源頼朝の弟で源義経と比較されて凡将?最期は謀反・・・

源平合戦の最終章・・・源義経がついに平氏を追い詰めていくストーリーを大

源義経の正室 郷御前は静御前と対立!?夫と共に平泉に逃れて悲劇の最期

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」では、源義経が無尽の活躍をみせて平氏がいよ

一条忠頼 武田信義の嫡男で源頼朝に粛清される最期

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で少ない出番ながらも気になった登場人物がい

→もっと見る

PAGE TOP ↑