*

第3回・源平の御曹司

公開日: : 最終更新日:2016/12/19 歴代・大河ドラマの紹介 , , ,

NHK大河ドラマ「平清盛」、第3回のあらすじです。
今回のタイトルは「源平の御曹司」です。

生涯のライバルとなる二人の御曹司
平氏の平清盛
源氏の源義朝(源頼朝と源義経のお父さん)を中心とした展開でした。

それでは、第3回「源平の御曹司」のあらすじです。

平家では、平忠盛の次男・平次が元服して名前を平家盛と改めた。
家中では、忠盛と正室・宗子との間に生まれた実子の家盛のほうが跡取りに相応しいという雰囲気が漂っていた。

一方、清盛は西海(現在の瀬戸内海のこと)で鱸丸たちと一緒に海賊たちから漁民を守っていた。
そして、奪われた食物を漁民たちに返して感謝されていた。

自分の行いに満足する清盛だったが、ある日、賊に間違われて京に連れ戻されてしまう。

そんな中、清盛はある男と出会う。
源氏の棟梁・源為義の嫡男である源義朝だ。

源義朝は突然、清盛を呼び止めて競べ馬で勝負しろとふっかけてくる。
しかし、清盛は相手にせず。

白河法皇が崩御して、権力は鳥羽上皇に移っていた。
鳥羽上皇の后で崇徳帝の母である璋子は、上皇が帝への愛情が薄い事を訴える。
それに対して上皇は、帝は自分の子ではなく璋子が白河法皇と密通して生まれた子ではないかと怒りをあらわにする。
その言葉に璋子は、なぜ上皇が怒っているのか理解できず終いには「叔父子と思って可愛がって下さい」と言う始末。

ある意味、第3回で鳥羽上皇と璋子のやりとりがぶっ飛んでいた。
無邪気で悪気がないんだろうな、璋子は。

後から登場人物編で「待賢門院 藤原璋子」について取り上げたいと思います。
劇中にも出てきましたが、佐藤義清(後の西行法師)が恋い焦がれたほど美しい女性だったようです。

源為義は義朝を鳥羽院の警護をする「北面の武士」にしようと鳥羽上皇の近臣・藤原家保・家成親子へ願い出る。
しかし、「北面の武士」の座は、清盛に白羽の矢があたる。
白河法皇への忠誠が強かった平氏が鳥羽上皇にも忠誠心があるか試したかったからだ。

一方、清盛は検非違使に捕らわれたままの仲間を牢から助け出すが、再度、役人に捕まってしまう。
そして、平氏の館にも役人が押し掛けてきた。
清盛は自分がすべて責任をとるというが、叔父の平忠正はそう思うなら平氏と縁を切ってくれと懇願する。
しかし、忠盛はそれを許さず。そして、清盛は、無頼の日々を送れているのは平氏一門が守っていたからだと知る。

自分の情けなさを知って心がズタズタの清盛は、源義朝に競べ馬を申し込む。
勝負の途中で、落馬した清盛は自分の無力さを嘆きわめく。

その姿をみた義朝は、数年前に白河法皇の前で清盛の舞う姿を見た事があると告げる。
その時から自分は、清盛を目標にしてきたこと。
そして、武士は「王家の犬」ではなく武士が「王家を守っている」という事を伝えてその場を立ち去る。

清盛がもっとも恐れた男 源義朝

ab

スポンサーリンク

関連記事

no image

第1回・ふたりの父

2012年NHK大河ドラマ「平清盛」がスタートしました。 ドラマの始まりは、源氏の棟梁である源頼朝

記事を読む

no image

第6回・西海の海賊王

NHK大河ドラマ「平清盛」の第6回は、2012年2月12日放送でした。 「西海の海賊王」が第6

記事を読む

no image

平清盛 視聴率ダウンは関西

大河ドラマ「平清盛」の視聴率が、歴代ワースト3でした。 初回放送から現在、第4回まで放送されましたが

記事を読む

no image

源義経は女好きだった!?

日本人の中では悲劇のヒーロー的な感じでとても人気のある源義経。静御前との悲恋もありイメージ的に何とな

記事を読む

no image

第23回・叔父を斬る

2012年6月10日に放送された「平清盛」第23回・叔父を斬る のあらすじを紹介します。 タイトル

記事を読む

no image

平清盛の視聴率がワースト記録更新か!?

低視聴率だった昨年の大河ドラマ「江~姫たちの戦国」を上回るほど低視聴率に悩む2012年の大河ドラマ「

記事を読む

no image

第11回・もののけの涙

大河ドラマ「平清盛」第11回放送(2012.3.18)のあらすじです。 佐藤義清が失恋して出家・・

記事を読む

no image

第26回・平治の乱

大河ドラマ「平清盛」のあらすじを紹介しています。 第26回(2012年7月1日放送)は、1159年

記事を読む

no image

第5回・海賊討伐

大河ドラマ「平清盛」第5回放送は、2012年2月5日。 「海賊討伐」がテーマでした。 平忠盛と宗子

記事を読む

no image

平清盛も情けをかける

何となく平清盛って悪人イメージが強く、実際にドラマや小説などでは悪人として描かれる事が多いです。なぜ

記事を読む

ab

スポンサーリンク

ab

スポンサーリンク

於大の方 徳川家康の母で実子に対しては非常に愛情深い女性

大河ドラマ「麒麟がくる」の登場人物を紹介しております。 今回は、

土田御前 大河ドラマで織田信長の母を演じるのは檀れい

大河ドラマ「麒麟がくる」で、帰蝶が織田家に嫁ぎました。 そのため

土岐頼芸 鷹の絵を得意とする美濃の守護大名で斎藤道三に追放される

大河ドラマ「麒麟がくる」で、尾美としのりが演じていた土岐頼芸を取り上げ

織田信秀 ライバル・斎藤道三や息子・信長とは正反対の秩序ある武将

今日、紹介する大河ドラマ「麒麟がくる」の登場人物は、織田信長のお父さん

土岐頼純 帰蝶の最初の夫で美濃国の守護大名

第2話目の大河ドラマ「麒麟がくる」も面白かったですね。今回は、最終回ま

→もっと見る

PAGE TOP ↑