*

第5回・海賊討伐

公開日: : 最終更新日:2016/12/19 歴代・大河ドラマの紹介 , , ,

大河ドラマ「平清盛」第5回放送は、2012年2月5日。
「海賊討伐」がテーマでした。

平忠盛と宗子の間に平五郎が誕生します。
後の平頼盛です。
平五郎は、忠盛にとって五男になるのですが、三男と四男は宗子腹ではないようですね。

ある日、佐藤義清の自邸に招かれた平清盛と源義朝。
三人はそれぞれ今後の目標を語り合う。

一方、朝廷では崇徳天皇が、政治への意欲を示す。
しかし、鳥羽上皇はこれを許さず、権力を譲ろうとしない。

崇徳天皇の生母であり鳥羽上皇の中宮・璋子は、依然、宮中で絶大な権力を持っていた。
そんな璋子のもとに病み上がりの藤原長実が、娘の得子を伴ってある願いを申し出る。
崇徳天皇の后として得子を入内させてほしいという願いだった。

璋子は鳥羽上皇に得子の入内の話を持ちかける。
そして、ついでに自分もかつて白河法皇から寵愛された思い出話を無邪気に語ってみせる。
鳥羽上皇は璋子の話を聞いて激怒する。
璋子を「もののけ」と呼んで罵る鳥羽上皇だったが、その感情を偶然居合わせた得子に向けてしまう。
そして、得子に手を出してしまう鳥羽上皇。

結局、得子は崇徳天皇ではなく鳥羽上皇の后になる。

朝廷では、瀬戸内海を荒らしまくる海賊を成敗するための会議が行われていた。
その席に、高階通憲が招かれたが、自己中な貴族達とは意見が合わない。

鳥羽上皇の命令で平氏が海賊討伐をすることになる。
忠盛は、清盛も海賊討伐の一員として同行させる。
清盛は、叔父の忠正から「お前が平氏にとって禍の種だ」と言われて思い悩む。
そんな清盛の前に突然、高階通憲があらわれる。
通憲は、清盛に禍となるか宝になるかは自分次第だと言い放つ。

ab

スポンサーリンク

関連記事

no image

第26回・平治の乱

大河ドラマ「平清盛」のあらすじを紹介しています。 第26回(2012年7月1日放送)は、1159年

記事を読む

no image

第2回・無頼の高平太

NHK大河ドラマ「平清盛」第2回の放送が終わりました。 第2回のタイトルは「無頼の高平太」です。 い

記事を読む

no image

第12回・宿命の再会

前回の更新から1ヶ月以上放置。 久しぶりの更新になってしまった(ドラマが面白くないとか・・・そ

記事を読む

大河ドラマ「秀吉」の感想と視聴率!竹中直人と沢口靖子が夫婦役

麒麟がくる休止中に放送された過去の大河ドラマという事で、この間の日曜日(2020年7月12日放送)は

記事を読む

no image

第29回・滋子の婚礼

大河ドラマ「平清盛」の第29回は、清盛にとっては義理の妹にあたる平滋子の結婚がテーマです。相手は、あ

記事を読む

no image

第10回・義清散る

NHK大河ドラマ「平清盛」のあらすじを紹介しています。 今回は、2012年3月11日放送の第1

記事を読む

no image

第22回・勝利の代償

大河ドラマ「平清盛」のあらすじ。 今回は、2012年6月3日放送の第22回「勝利の代償」です。

記事を読む

no image

第14回・家盛決起

またまた簡単にあらすじ書きます。 記憶が乏しい大河ドラマ「平清盛」第14回 (2012年4月8

記事を読む

no image

平清盛が白河院のご落胤なのは本当か?

平清盛は、白河法皇のご落胤だといわれるのは、「平家物語」での描かれ方が影響しているようです。白河法皇

記事を読む

戦国大河ドラマ名場面スペシャル 初回放送は1987年「独眼竜政宗」

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が、今度の日曜日の回をもって一時休止になります。新型コロナの影響で、4

記事を読む

ab

スポンサーリンク

ab

スポンサーリンク

渋沢市郎右衛門 渋沢栄一の父の生涯について!実はお婿さん

渋沢栄一の父である渋沢市郎右衛門を取り上げたいと思います。 大河

渋沢栄一は何した人なのか?嫁・千代以外にも妾がいて女好き!

NHKの大河ドラマ「青天を衝け」が2月14日からスタートしたわけですが

足利義昭 室町幕府15代将軍の最期と嫁について!駒は側室?

麒麟がくるの登場人物の中で登場シーンが多いわりにまだここで取り上げてい

三条西実澄から細川藤孝への古今伝授!三条西家の公家としての家格は?

大河ドラマで気になる人物を紹介しています。今日、取り上げるのは石橋蓮司

2023年の大河ドラマは松本潤主演の「どうする家康」に決定!

まだまだ先の話ですが、2023年・・・来年の大河ドラマの主演に嵐の松本

→もっと見る

PAGE TOP ↑