*

第5回・海賊討伐

公開日: : 最終更新日:2016/12/19 歴代・大河ドラマの紹介 , , ,

大河ドラマ「平清盛」第5回放送は、2012年2月5日。
「海賊討伐」がテーマでした。

平忠盛と宗子の間に平五郎が誕生します。
後の平頼盛です。
平五郎は、忠盛にとって五男になるのですが、三男と四男は宗子腹ではないようですね。

ある日、佐藤義清の自邸に招かれた平清盛と源義朝。
三人はそれぞれ今後の目標を語り合う。

一方、朝廷では崇徳天皇が、政治への意欲を示す。
しかし、鳥羽上皇はこれを許さず、権力を譲ろうとしない。

崇徳天皇の生母であり鳥羽上皇の中宮・璋子は、依然、宮中で絶大な権力を持っていた。
そんな璋子のもとに病み上がりの藤原長実が、娘の得子を伴ってある願いを申し出る。
崇徳天皇の后として得子を入内させてほしいという願いだった。

璋子は鳥羽上皇に得子の入内の話を持ちかける。
そして、ついでに自分もかつて白河法皇から寵愛された思い出話を無邪気に語ってみせる。
鳥羽上皇は璋子の話を聞いて激怒する。
璋子を「もののけ」と呼んで罵る鳥羽上皇だったが、その感情を偶然居合わせた得子に向けてしまう。
そして、得子に手を出してしまう鳥羽上皇。

結局、得子は崇徳天皇ではなく鳥羽上皇の后になる。

朝廷では、瀬戸内海を荒らしまくる海賊を成敗するための会議が行われていた。
その席に、高階通憲が招かれたが、自己中な貴族達とは意見が合わない。

鳥羽上皇の命令で平氏が海賊討伐をすることになる。
忠盛は、清盛も海賊討伐の一員として同行させる。
清盛は、叔父の忠正から「お前が平氏にとって禍の種だ」と言われて思い悩む。
そんな清盛の前に突然、高階通憲があらわれる。
通憲は、清盛に禍となるか宝になるかは自分次第だと言い放つ。

ab

スポンサーリンク

関連記事

no image

白河法皇の殺生禁断令

大河ドラマ「平清盛」第2話で、白河法皇が下した殺生禁断令について調べてみました。 殺生禁断令という

記事を読む

no image

第16回・さらば父上

平清盛のあらすじです! 第16回、2012年4月22日放送分。 「さらば父上」というタイトル

記事を読む

no image

平清盛が白河院のご落胤なのは本当か?

平清盛は、白河法皇のご落胤だといわれるのは、「平家物語」での描かれ方が影響しているようです。白河法皇

記事を読む

no image

第21回・保元の乱

大河ドラマ「平清盛」第21回放送分(2012年5月27日)のあらすじです。 今回のタイトル通り、保

記事を読む

2020年の大河ドラマ「麒麟がくる」のあらすじとキャストについて

来年、2020年の大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」が非常に楽しみです。 2019年の大河ドラ

記事を読む

no image

平清盛 視聴率ダウンは関西

大河ドラマ「平清盛」の視聴率が、歴代ワースト3でした。 初回放送から現在、第4回まで放送されましたが

記事を読む

no image

第27回・宿命の対決

大河ドラマ「平清盛」の第27回「宿命の対決」のあらすじです。宿命の対決ということで、当然、平清盛VS

記事を読む

no image

第6回・西海の海賊王

NHK大河ドラマ「平清盛」の第6回は、2012年2月12日放送でした。 「西海の海賊王」が第6

記事を読む

no image

第17回・平氏の棟梁

大河ドラマ「平清盛」第17回(2012年4月29日放送)のあらすじです。 育ての父・平忠盛が亡くな

記事を読む

no image

第13回・祇園闘乱事件

平清盛のあらすじ、第13回放送(2012年4月1日)分です。 記憶が遠のいでいる・・・ 若き

記事を読む

ab

スポンサーリンク

ab

スポンサーリンク

牧の方 りくという名前で登場する北条時政の後妻

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」ですが、今回登場する人物は宮沢りえが演じて

平宗盛の最期とは?平清盛の後継者で父と正反対の性格で家族思い!

今回は、平清盛の後継者である平宗盛(たいらのむねもり)を紹介していきま

大姫 源頼朝と北条政子の娘で婚約者の源義高を亡くし心の病になる

北条義時主人公の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」ですが、大姫の婚約者である

源範頼 源頼朝の弟で源義経と比較されて凡将?最期は謀反・・・

源平合戦の最終章・・・源義経がついに平氏を追い詰めていくストーリーを大

源義経の正室 郷御前は静御前と対立!?夫と共に平泉に逃れて悲劇の最期

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」では、源義経が無尽の活躍をみせて平氏がいよ

→もっと見る

PAGE TOP ↑