*

江 あらすじ 5話【本能寺の変】

公開日: : 最終更新日:2016/02/23 大河ドラマのあらすじ , ,

NHK大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」第5話(2011年2月6日放送)です。
いよいよ織田信長が、明智光秀の討たれる時が来たのですが・・・。

江は、姉2人と母とともに馬乗りをしていた。
はじめて馬乗りを体験した江は、落馬したりと苦労していた。
母のお市の方が、江たちに馬乗りを披露してくれる。

江は、叔父・織田信長に二度と会いたくないと言ったことを
すごく悔やんでいた矢先、徳川家康から招待を受ける。
信長とも再会できることになり江は、急ぎ京に向かう事になる。

江は、徳川家康と一緒に千宗易(千利休)の元にも訪れ再会を果たす。
そして、江は信長が京を訪れる時を待ちわびていた。

一方、織田信長は、明智光秀に領地没収を言い渡される。
さらに、羽柴秀吉の下につき毛利攻めに加わるよう命じられる。

明智光秀は、信長の本心を見抜けず憤りを感じていた。
そんな明智光秀の心情を森蘭丸は、察知していた。

そして、1582年6月2日未明、ついに明智光秀は謀反を企てる。
明智光秀は、「敵は本能寺にあり!」1万3千もの軍勢を率いて
織田信長がいる本能寺を包囲した。(本能寺の変)

織田信長の元には、わずか100人ぐらいしかいないので、
最期は、本能寺に火をつけて自害する事になる。
信長は、森蘭丸に骨も髪もすべてこの世に残すなと言い放つ。

江は、京で信長の死の知らせを聞くが信じられずにいた。
徳川家康とともに明智勢の追っ手から逃れるため、伊賀越えをする。
危うく難を逃れた江の前に、信長が現れて前に進めと励ます。

第5話の感想としては、本能寺で信長が最期の時を迎える時、
まぁドラマだから仕方がないのですが、江が現れたのは変だった。

ab

広告

関連記事

江 あらすじ 42話【大坂冬の陣】

大坂冬の陣が始まる。 徳川方が優位に戦いを進め、豊臣方を籠城へと追い込む。 優勢だった徳川家康は

記事を読む

江 あらすじ 45話【息子よ】

竹千代に化粧をしていた理由を聞いても答えない。 理由もわからずただ怒りに震える江。 そんな中

記事を読む

江 あらすじ 3話【信長の秘密】

江は、憧れの叔父・織田信長が、徳川家康の正室である 築山殿と嫡男・信康を死に追いやったことを知り衝

記事を読む

江 あらすじ 10話【わかれ】

大河ドラマ「江~姫たちの戦国」第10話です。 第10話は、茶々・初・江たち3姉妹と母、お市の方の

記事を読む

江 あらすじ 20話【茶々の恋】

江のもとに京極高次に嫁いだ初からの文が届いた。 その文には、初の「のろけ話」が沢山綴られていた。

記事を読む

江 あらすじ 14話【離縁せよ】

江は、姉たちに別れを告げて尾張大野城の佐治一成のもとに嫁いだ。 佐治一成との婚礼の最中、江は乳母か

記事を読む

江 あらすじ 36話【男の覚悟】

江 あらすじ 36話【男の覚悟】 徳川家康と石田三成の関ヶ原の戦いは、徳川方の勝利で終わった。

記事を読む

江 あらすじ 32話【江戸の鬼】

太閤、豊臣秀吉は、波乱に満ちたその生涯を閉じた。 秀吉が亡くなった事に江は、深い悲しみを感じていた

記事を読む

江 あらすじ 7話【母の再婚】

2011年2月20日(日)放送の大河ドラマ「江」のあらすじ。 本能寺の変で、織田信長と後継者だった

記事を読む

江 あらすじ 27話【秀勝の遺言】

江は、夫である秀勝との子・完(さだ)を生むが、 秀勝を亡くした悲しみから我が子を抱く事も出来ずにい

記事を読む

ab

広告

ab

広告

高階貴子 百人一首に選ばれた当代きっての女流歌人!中宮・藤原定子の生母

今回、取り上げる人物は、藤原道長の長兄・藤原道隆の奥さんである高階貴子

赤染衛門 凰稀かなめ演じる女流歌人!紫式部や和泉式部との仲は?

藤原道長の妻・源倫子に仕えていた赤染衛門を取り上げます。読み方は「あか

源倫子のおかげで藤原道長は出世した?子供に恵まれて長生きだった

2024年大河ドラマ「光る君へ」の第3回から登場している源倫子(みなも

円融天皇の愛妻は詮子・遵子ではなく最初の中宮・藤原媓子だった!?

大河ドラマ「光る君へ」に登場する人物という事で、第64代天皇である円融

藤原惟規 紫式部の弟は出来が悪い?紫式部日記から分かる姉弟の仲とは

紫式部の弟とされる藤原惟規(ふじわらののぶのり/これのぶ)を取り上げま

→もっと見る

PAGE TOP ↑