*

源倫子のおかげで藤原道長は出世した?子供に恵まれて長生きだった

2024年大河ドラマ「光る君へ」の第3回から登場している源倫子(みなもとのともこ)を取り上げますね。ドラマでは、黒木華が演じています。

この女人は、のちに藤原道長の嫡妻(本妻や正室の意味)となります。そして、藤原道長が大きく花開き出世したのはこの嫡妻がいたからでもあります。

源倫子とはどんな女性だったのかや夫である藤原道長との夫婦仲などを中心に紹介したいと思います。

源倫子は高貴なお姫様

ドラマ上で黒木華が演じる源倫子は、おっとりしていて少し風変わりなお姫さまという印象を持ちました。実際の源倫子はどんな女性だったのか気になりますよね。

「栄花物語」によると源倫子は「穏やかでおっとりしている」と記されているそうです。これは、源明子が道長の妾妻になった際にみせた倫子の様子だそうです。ドラマのあのおっとり感は強ち嘘ではないのでしょうね。

源倫子は、964年(康保元年)に左大臣・源雅信と藤原穆子(中納言・藤原朝忠の娘)との間に誕生しました。父の源雅信は、宇多天皇の孫にあたる人物です。すなわち倫子は、宇多天皇の曾孫になるというわけですね。

高貴な身分のお姫さまだった源倫子は、幼少の頃から后となるために育てられます。しかし、残念ながら入内は叶わず。そして、その代わりと言っては何ですが藤原道長と結婚することになるのです。

源倫子と藤原道長の結婚

源倫子が藤原道長と結婚した当時、道長は摂関家出身で家柄は良いが藤原兼家の5男(嫡子としては3男)だったので出世は難しいと思われていました。

当然の如く、倫子の父・源雅信は道長との結婚に難色を示しましたが、倫子の母である藤原穆子が道長を強く推してくれて結婚にこぎ着けたのです。なので、道長は生涯この義母に頭が上がらなかったと伝わります。

そして、二人の結婚した年齢にも注目です。倫子が24歳で道長が2歳下の22歳でした。当時としてはかなり晩婚ですよね。

結婚後の二人は、源雅信が所有する邸「土御門殿」で暮らすようになります。道長が出世した背景には、子供に恵まれたほか倫子の実家力も大きな影響を与えたようです。

源倫子の子供たち

源倫子と藤原道長の夫婦仲は良好でした。

2男4女に恵まれて、同じく妻だった源明子が生んだ子供たちと比較すると倫子が生んだ子は大出世を果たしていくのです。

長女の藤原彰子は、一条天皇の中宮になります。次女の藤原妍子は、三条天皇の中宮。そして、四女(倫子の三女)の藤原威子は後一条天皇の中宮になるのです。

藤原威子が立后したときに道長がかの有名な「この世をば 我が世とぞ思ふ望月の 欠けたることも なしと思へば」を詠みました。これは、自分の娘3人が三后として揃ったときに詠まれた歌なのです。

源倫子は超長生きだった

源倫子は、1053年(天喜元年)6月に90歳の大往生で亡くなりました。今でさえ長生きの年齢ですが、平安時代なので本当にもうとんでもなく長生きですよね。

夫の道長は、1027年(万寿4年)に亡くなっています。倫子が亡くなる26年前です。彰子以外の娘たちも倫子より先に亡くなってます。ちなみに彰子も87歳と長生きでした。

ab

広告

関連記事

鳥居忠吉 武士でありながら優れた経済感覚で徳川家康の財政面を支えた

久しぶりの更新ですが、NHK大河ドラマ「どうする家康」の登場人物から鳥居忠吉にスポットをあてて紹介し

記事を読む

渋沢市郎右衛門 渋沢栄一の父の生涯について!実はお婿さん

渋沢栄一の父である渋沢市郎右衛門を取り上げたいと思います。 大河ドラマ「青天を衝け」では、小林

記事を読む

久松俊勝 徳川家康の母・於大の方の再婚相手!家康に激怒で隠居する?

徳川家康の義父にあたる久松俊勝を取り上げます。 大河ドラマ「どうする家康」では、リリー・フラン

記事を読む

no image

統子内親王(むねこないしんのう)

久々に朝廷側の人物を取り上げたいと思います。 統子内親王(上西門院)という女性で、大河ドラマ「平清

記事を読む

今川氏真 徳川家康との関係やその子孫について!最期はどうなる?

大河ドラマ「どうする家康」で、溝端淳平が演じているのが今川氏真(いまがわうじざね)です。氏真は、今川

記事を読む

阿波局 北条政子と北条義時の妹を演じるのは宮澤エマ

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の登場人物、今回は宮澤エマ演じる実衣を紹介していきたいと思います。

記事を読む

徳川家光 竹千代

徳川家光 竹千代 について。 大河ドラマ「江」の登場人物を紹介しています。 今回登場するのは、江

記事を読む

和田義盛 鎌倉殿の13人のひとりで初代侍所別当!巴御前が側室なのは本当?

鎌倉幕府の十三人の合議制に連なる御家人・和田義盛(わだよしもり)とはどんな人物だったのかを紹介してい

記事を読む

藤原道綱母 蜻蛉日記の作者は本朝三大美人の一人!道長の父・藤原兼家の妾妻

藤原道長の父である藤原兼家には、嫡妻である時姫以外にも当然の如く妻がいました。有名どころでは、「蜻蛉

記事を読む

於大の方 徳川家康の母で実子に対しては非常に愛情深い女性

大河ドラマ「麒麟がくる」の登場人物を紹介しております。 今回は、竹千代(後の徳川家康)の生母で

記事を読む

ab

広告

ab

広告

藤原定子 夫・一条天皇に寵愛されたが実家の没落に見舞われた悲運の皇后

母の高階貴子や清少納言は取り上げたのですが、肝心の藤原定子を取り上げて

藤原宣孝 紫式部の夫で歳の差20歳以上?結婚生活は約3年で死別する

紫式部は、源氏物語という名作を世に出しましたが、当の本人は清少納言や和

清少納言と紫式部は犬猿の仲!?2度の結婚と藤原定子への宮仕え

紫式部のライバルとして名高い清少納言を取り上げます。 大河ドラマ

藤原道長の妻 源明子は本来なら女王の身分!源倫子との格差が大きい

藤原道長には、嫡妻である源倫子のほかに妻がもう一人います。源明子と言っ

藤原実資とその妻・桐子の夫婦仲は?日記「小右記」は本当にあった

お笑いの「ロバート」秋山竜次が、大河ドラマ「光る君へ」で藤原実資を演じ

→もっと見る

PAGE TOP ↑