*

江 あらすじ 46話【希望】

公開日: : 最終更新日:2016/02/23 大河ドラマのあらすじ , ,

江 あらすじ 46話【希望】
2011年の大河ドラマ「江~姫たちの戦国」46話が最終回でした。
最終回の視聴率は、19.1%でしたが、男子サッカーや
男子バレーボールが同時間帯に放送されたので少し影響あるかな?

それで、大河ドラマ「江」の第46話のあらすじですが、
江の義父である徳川家康が亡くなって夫・徳川秀忠の時代が
やってきます。秀忠は、徳川の世継ぎに竹千代(後の徳川家光)を
定めた。また、千姫の再婚の相手も決まり嫁ぐことになった。

江戸城では、ようやく落ち着きをみせた矢先、江にショックな
ことが起きる。秀忠の隠し子が発覚したのだ。
隠し子発覚後、しばらくは、よそよそしい態度をとっていた江。
しかし、隠し子でも徳川の子だと考えを改めてその子を呼び寄せる。
秀忠の隠し子は、保科幸松(後の保科正之)と言う。

隠し子騒動や将軍世継ぎの問題などがあったが、無事に解決する。

月日は流れ、江の長男である徳川家光がついに将軍になる。
江と秀忠は夫婦で久しぶりの晩酌を楽しみ、
過去の出来事やこれからの人生など語り合うのでした。

大河ドラマ「江」はこれで終了でした。
なんか史実とあきらか違い脚色しすぎな感じの大河ドラマでした。
幸松の存在が公に出来なかった原因は、江に合ったし、
竹千代と国松の関係は、最後まで険悪だったはずです。

ab

スポンサーリンク

関連記事

江 あらすじ 43話【淀、散る】

江 あらすじ 43話【淀、散る】 徳川家康は、大坂城にいる牢人たちを追放するか 秀頼と淀殿が大坂

記事を読む

江 あらすじ 6話【光秀の天下】

大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」第6話(2011年2月13日放送) 本能寺の変で、織田信長は明智光

記事を読む

江 あらすじ 34話【姫の十字架】

江戸城で、江はふたりの娘・千姫と珠姫と平穏な日々を送る。 徳川家康は、大阪城の西の丸に入り実権

記事を読む

江 あらすじ 44話【江戸城騒乱】

大坂の陣で、徳川方の勝利で終わった。 姉の淀殿の死の知らせを聞いて江は寝込んでしまう。 憔悴

記事を読む

江 あらすじ 26話【母になる時】

江 あらすじ 26話【母になる時】 江は秀勝と結婚して、京の聚楽第で幸せな生活を送っていた。 江

記事を読む

江 あらすじ 3話【信長の秘密】

江は、憧れの叔父・織田信長が、徳川家康の正室である 築山殿と嫡男・信康を死に追いやったことを知り衝

記事を読む

江 あらすじ 16話【関白秀吉】

江たちがいる大阪城に、羽柴秀吉の家族がやってきた。 秀吉の母・なか、秀吉の姉・とも、秀吉の妹・旭た

記事を読む

江 あらすじ 45話【息子よ】

竹千代に化粧をしていた理由を聞いても答えない。 理由もわからずただ怒りに震える江。 そんな中

記事を読む

江 あらすじ 22話【父母の肖像】

江 あらすじ 22話【父母の肖像】 江の姉・茶々が懐妊したことで、自分の子がいなかった 豊臣秀吉

記事を読む

江 あらすじ 7話【母の再婚】

2011年2月20日(日)放送の大河ドラマ「江」のあらすじ。 本能寺の変で、織田信長と後継者だった

記事を読む

ab

スポンサーリンク

ab

スポンサーリンク

平賀朝雅の最期とは?鎌倉殿になれず畠山重忠の乱の原因にもなった人物

北条時政とりく(牧の方)の娘婿である平賀朝雅を取り上げます。大河ドラマ

藤原兼子 北条政子と関係深く後鳥羽上皇の乳母として権勢を奮う

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」から紹介する登場人物、久しぶりに朝廷から藤

和田義盛 鎌倉殿の13人のひとりで初代侍所別当!巴御前が側室なのは本当?

鎌倉幕府の十三人の合議制に連なる御家人・和田義盛(わだよしもり)とはど

北条時房 北条政子・義時の異母弟で鎌倉幕府の初代連署を務める

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の登場人物、最近は13人の御家人を紹介して

三善康信 鎌倉殿の信頼厚い幕府の初代問注所執事!子孫が職を世襲

鎌倉殿の13人という事で、本日は三善康信(みよしやすのぶ)を取り上げま

→もっと見る

PAGE TOP ↑