*

江 あらすじ 40話【親の心】

公開日: : 最終更新日:2016/02/23 大河ドラマのあらすじ , ,

竹千代が自分より乳母の福に懐いている事に悩む。
江は、竹千代に近づこうとするが、何となく余所余所しい。

一方、竹千代の弟・国松は竹千代と比べると聡明で
江自身が育てた事もあり溺愛するようになる。

江の国松に対する溺愛ぶりをみて江戸城内では、
家臣たちから「世継ぎは国松」とする噂が広がる。

その噂を耳にした福は、伊勢参りと偽って家康のもとに向かう。
駿府で家康に対面した福は、「竹千代を世継ぎに」と直訴する。

家康は、江戸城に戻った時に江や秀忠の前で、
「世継ぎはは竹千代」と告げる。

江は、突然に世継ぎを決められて焦るとともに激怒する。
家康が世継ぎを決めても将来はどうなるかわからないと
結局、世継ぎの問題はうやむやになる。

そんな時、秀忠の乳母である大姥局が病気で寝込むようになる。
大姥局は、家康と秀忠にお互いに話し合うようにとお願いをする。
そして、江には、「母が子を諦めてはならない」という言葉を
残して江戸城を去り1年後に亡くなってしまう。

大坂城では、豊臣秀頼と側室の間に生まれた男子・国松がいた。
千姫と秀頼は、淀によって実質的な夫婦になることを止められていた。
常高院は、千姫を不憫に思っていたが、秀頼と千姫は一緒に
淀のところに向かい本当の夫婦になりたいとお願いして許しを得る。

ab

スポンサーリンク

関連記事

江 あらすじ 17話【家康の花嫁】

江 あらすじ 17話【家康の花嫁】 天皇に継ぐ位となる関白になった羽柴秀吉。 天下人としての道を

記事を読む

江 あらすじ 31話【秀吉死す】

大火事で、秀忠との仲が深まった江は、これから徳川家の嫁 として生きていくことを心に誓う。 そ

記事を読む

江 あらすじ 35話【幻の関ヶ原】

江 あらすじ 35話【幻の関ヶ原】 石田三成が挙兵したことを知った徳川家康は、 上杉攻めを中止し

記事を読む

江 あらすじ 44話【江戸城騒乱】

大坂の陣で、徳川方の勝利で終わった。 姉の淀殿の死の知らせを聞いて江は寝込んでしまう。 憔悴

記事を読む

江 あらすじ 14話【離縁せよ】

江は、姉たちに別れを告げて尾張大野城の佐治一成のもとに嫁いだ。 佐治一成との婚礼の最中、江は乳母か

記事を読む

江 あらすじ 22話【父母の肖像】

江 あらすじ 22話【父母の肖像】 江の姉・茶々が懐妊したことで、自分の子がいなかった 豊臣秀吉

記事を読む

江 あらすじ 8話【初めての父】

2011年2月27日(日)放送の大河ドラマ「江~姫たちの戦国」 第8話は、お市と柴田勝家が結婚して

記事を読む

江 あらすじ 32話【江戸の鬼】

太閤、豊臣秀吉は、波乱に満ちたその生涯を閉じた。 秀吉が亡くなった事に江は、深い悲しみを感じていた

記事を読む

江 あらすじ 16話【関白秀吉】

江たちがいる大阪城に、羽柴秀吉の家族がやってきた。 秀吉の母・なか、秀吉の姉・とも、秀吉の妹・旭た

記事を読む

江 あらすじ 2話【父の仇】

2011 NHK 大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」の第2話のあらすじ。 初回放送の視聴率は、20%

記事を読む

ab

スポンサーリンク

ab

スポンサーリンク

平賀朝雅の最期とは?鎌倉殿になれず畠山重忠の乱の原因にもなった人物

北条時政とりく(牧の方)の娘婿である平賀朝雅を取り上げます。大河ドラマ

藤原兼子 北条政子と関係深く後鳥羽上皇の乳母として権勢を奮う

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」から紹介する登場人物、久しぶりに朝廷から藤

和田義盛 鎌倉殿の13人のひとりで初代侍所別当!巴御前が側室なのは本当?

鎌倉幕府の十三人の合議制に連なる御家人・和田義盛(わだよしもり)とはど

北条時房 北条政子・義時の異母弟で鎌倉幕府の初代連署を務める

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の登場人物、最近は13人の御家人を紹介して

三善康信 鎌倉殿の信頼厚い幕府の初代問注所執事!子孫が職を世襲

鎌倉殿の13人という事で、本日は三善康信(みよしやすのぶ)を取り上げま

→もっと見る

PAGE TOP ↑