*

江 あらすじ 11話【猿の人質】

公開日: : 最終更新日:2016/02/23 大河ドラマのあらすじ ,

2011年大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」の第11話のあらすじ。
北庄城の落城に伴い、母のお市の方と養父の柴田勝家を失った三姉妹。
江たちは、敵の羽柴秀吉のもとへと送られるのでした。

羽柴秀吉は、憧れのお市の方が自害した事を悲しむ。
三姉妹は、父・浅井長政と母・お市の方を死に追いやった
羽柴秀吉を前にして、生涯許さないと宣言する。

江たちは、その後、安土城へと行き、秀吉の妻・おねと対面する。
そこで、秀吉の側室となっていた京極龍子を紹介されるのでした。

京極龍子は、三姉妹にとって従姉妹にあたる。
京極龍子の母は、京極マリアと言って浅井長政の姉でした。
そして、龍子は明智光秀に味方した夫を秀吉に殺されています。
夫の仇なのに秀吉の側室となった京極龍子を理解できない三姉妹。

その後、三姉妹の元に織田信長の子である織田信孝自害の知らせが届く。
秀吉の差し金だと知り江たちは尚更、秀吉への嫌悪を強めていく。

そんな三姉妹だったが、安土城にて秀吉と久しぶりに顔を合わす。
秀吉は、お市の方にも似た茶々に心奪われる。

そして、秀吉の茶々に対する邪心に気付く江。
江は、秀吉から茶々を守ると宣言するのでした。

ab

広告

関連記事

江 あらすじ 23話【人質秀忠】

豊臣秀吉の妹で徳川家康の後妻になっていた旭が病床にいた。 お見舞いに駆け付けた江は、そこで家康の子

記事を読む

江 あらすじ 46話【希望】

江 あらすじ 46話【希望】 2011年の大河ドラマ「江~姫たちの戦国」46話が最終回でした。

記事を読む

江 あらすじ 4話【本能寺へ】

大河ドラマ「江~姫たちの戦国」、第4話をご紹介します。 4話は、明智光秀がクローズアップされた感じ

記事を読む

江 あらすじ 21話【豊臣の妻】

秀吉の思いが通じ、ついに茶々と秀吉は結ばれる。 そのことを知ってショックをうける江だが・・・。

記事を読む

江 あらすじ 40話【親の心】

竹千代が自分より乳母の福に懐いている事に悩む。 江は、竹千代に近づこうとするが、何となく余所余所し

記事を読む

江 あらすじ 9話【養父の涙】

2011年3月6日(日)放送の大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」 第9話は、「養父の涙」という内容で

記事を読む

江 あらすじ 30話【愛しき人よ】

江 あらすじ 30話【愛しき人よ】 江は、徳川秀忠に嫁いだが、ふたりの関係は最悪だった。 江

記事を読む

江 あらすじ 1話【湖国の姫】

2011年のNHK大河ドラマ「江~姫たちの戦国」がいよいよスタート。 浅井3姉妹の末っ子、江姫の生

記事を読む

江 あらすじ 2話【父の仇】

2011 NHK 大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」の第2話のあらすじ。 初回放送の視聴率は、20%

記事を読む

江 あらすじ 45話【息子よ】

竹千代に化粧をしていた理由を聞いても答えない。 理由もわからずただ怒りに震える江。 そんな中

記事を読む

ab

広告

ab

広告

藤原定子 夫・一条天皇に寵愛されたが実家の没落に見舞われた悲運の皇后

母の高階貴子や清少納言は取り上げたのですが、肝心の藤原定子を取り上げて

藤原宣孝 紫式部の夫で歳の差20歳以上?結婚生活は約3年で死別する

紫式部は、源氏物語という名作を世に出しましたが、当の本人は清少納言や和

清少納言と紫式部は犬猿の仲!?2度の結婚と藤原定子への宮仕え

紫式部のライバルとして名高い清少納言を取り上げます。 大河ドラマ

藤原道長の妻 源明子は本来なら女王の身分!源倫子との格差が大きい

藤原道長には、嫡妻である源倫子のほかに妻がもう一人います。源明子と言っ

藤原実資とその妻・桐子の夫婦仲は?日記「小右記」は本当にあった

お笑いの「ロバート」秋山竜次が、大河ドラマ「光る君へ」で藤原実資を演じ

→もっと見る

PAGE TOP ↑