*

江 あらすじ 27話【秀勝の遺言】

公開日: : 最終更新日:2016/02/23 大河ドラマのあらすじ ,

江は、夫である秀勝との子・完(さだ)を生むが、
秀勝を亡くした悲しみから我が子を抱く事も出来ずにいた。

姉の初が心配して江の見舞にくるが、江は元気になる事ができなかった。
京極龍子や細川ガラシャも江を元気付けようとするが効果がない。

そんな中、淀が大阪に戻り久々の再会を果たす三姉妹。
そして、淀は自身が再び懐妊している事を告げる。

淀は、自分も鶴松を失い悲しみに暮れていた事を話す。
自分で立ち直るしかない、希望をもつようにと江を励ます。
それでも江の耳には届かなかった。

ある日、江のもとに秀勝の遺品と手紙が届いた。
「何もしてやれなかった」と書かれた手紙に涙を流す江。
そして、江は、はじめて我が子・完を抱き上げる。

一方、江戸城にいた徳川秀忠は、秀吉の蛮行を嘲笑っていた。
しかし、秀勝が亡くなったという知らせに神妙な表情を浮かべる。

しばらくして、淀が、男児を出産する。
秀吉は、歓喜して「拾」と名付けた我が子を溺愛する。

そんな中、江の義兄である関白・秀次の立場が危うくなる事を
本人はもとより江も不穏な空気を感じ取っていた。

ab

スポンサーリンク

関連記事

江 あらすじ 2話【父の仇】

2011 NHK 大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」の第2話のあらすじ。 初回放送の視聴率は、20%

記事を読む

江 あらすじ 46話【希望】

江 あらすじ 46話【希望】 2011年の大河ドラマ「江~姫たちの戦国」46話が最終回でした。

記事を読む

江 あらすじ 5話【本能寺の変】

NHK大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」第5話(2011年2月6日放送)です。 いよいよ織田信長が、

記事を読む

江 あらすじ 19話【初の縁談】

茶々が秀吉の側室になってしまうかもしれないと焦る江。 江は、もうひとりの姉である初に相談しようとす

記事を読む

江 あらすじ 39話【運命の対面】

江 あらすじ 39話【運命の対面】 徳川秀忠が徳川幕府2代将軍となり、正室の江も御台所となる。

記事を読む

江 あらすじ 11話【猿の人質】

2011年大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」の第11話のあらすじ。 北庄城の落城に伴い、母のお市の方

記事を読む

江 あらすじ 30話【愛しき人よ】

江 あらすじ 30話【愛しき人よ】 江は、徳川秀忠に嫁いだが、ふたりの関係は最悪だった。 江

記事を読む

江 あらすじ 1話【湖国の姫】

2011年のNHK大河ドラマ「江~姫たちの戦国」がいよいよスタート。 浅井3姉妹の末っ子、江姫の生

記事を読む

江 あらすじ 26話【母になる時】

江 あらすじ 26話【母になる時】 江は秀勝と結婚して、京の聚楽第で幸せな生活を送っていた。 江

記事を読む

江 あらすじ 24話【利休切腹】

豊臣秀吉は、北条攻めの論功行賞として、徳川家康に 所領を加増すると見せかけて関東への国替えを命じた

記事を読む

ab

スポンサーリンク

ab

スポンサーリンク

平賀朝雅の最期とは?鎌倉殿になれず畠山重忠の乱の原因にもなった人物

北条時政とりく(牧の方)の娘婿である平賀朝雅を取り上げます。大河ドラマ

藤原兼子 北条政子と関係深く後鳥羽上皇の乳母として権勢を奮う

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」から紹介する登場人物、久しぶりに朝廷から藤

和田義盛 鎌倉殿の13人のひとりで初代侍所別当!巴御前が側室なのは本当?

鎌倉幕府の十三人の合議制に連なる御家人・和田義盛(わだよしもり)とはど

北条時房 北条政子・義時の異母弟で鎌倉幕府の初代連署を務める

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の登場人物、最近は13人の御家人を紹介して

三善康信 鎌倉殿の信頼厚い幕府の初代問注所執事!子孫が職を世襲

鎌倉殿の13人という事で、本日は三善康信(みよしやすのぶ)を取り上げま

→もっと見る

PAGE TOP ↑