*

豊臣秀吉の姉・ともの悲劇!秀次亡き後は日秀尼と称して仏門に入る

大河ドラマ「どうする家康」も終わりましたが、登場人物の紹介は続きます。でも今回、紹介する人物は今回ドラマには登場しませんでした。

豊臣秀吉の実姉である智(とも)です。

旭姫・豊臣秀長と秀吉の兄弟を立て続けに紹介していたのですが、そういえば「とも」の紹介してなかったなぁ~と。過去の大河ドラマでは「とも」が出てくる作品もありました。

豊臣秀吉の姉・ともが登場する大河ドラマ

1981年の大河ドラマ「おんな太閤記」演者:長山藍子
1996年の大河ドラマ「秀吉」演者:深浦加奈子
2011年の大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」演者:阿知波悟美

豊臣秀吉の姉・ともについて

智(とも)は、豊臣秀吉の実姉で3歳年上です。

大政所が生んだ子の中で、最初の夫である木下弥右衛門との間に出来た子供が「とも」と「秀吉」でした。そして、再婚した夫・竹阿弥との間に出来たのが「秀長」と「旭姫」です。

ただ、全員が木下弥右衛門の子だったという説もあるそうですが、いまだ不明のままです。確かなことは「とも」と「秀吉」は確実に同じ両親から生まれた血縁の強い関係だったことです。それなのに・・・。

ともは、弟の秀吉が天下人になったことで良いことも勿論あったでしょうが、誰よりも悲劇に見舞われた女性なのも確かです。

ともがどんな悲劇に見舞われたのかは下記をご覧下さい。

ともの悲劇 息子たちに先立たれた

豊臣秀吉の姉・ともは、三好吉房と結婚して3人の男子(秀次、秀勝、秀保)に恵まれました。ともは結婚も遅かったのですが、出産も遅く・・・末っ子の秀保を産んだのは何とともが45歳を数える時でした。今でも高齢出産なのに、当時ならなおさらですよね!

でも遅く生まれた子たちはやっぱり可愛いですよね。

しかし、ともはその3人の子供たちを自分よりも早くに亡くしています。

長男の豊臣秀次は、ご存じの通り秀頼可愛さに秀吉によって難癖をつけられて切腹させられます。そして、次男の秀勝(江姫の2度目の結婚相手!)は朝鮮出兵時に24歳の若さで急死しています。さらに三男の秀保は豊臣秀長の娘と結婚しますが、17歳で謎の死を遂げてしまいます。

ともと夫の三好吉房は、子供たちが早死にした分、めちゃくちゃ長生きするのです。どちらも90歳を超えるまで長生きしました。

自分たちが長生きしても子供や孫たちが悲運の死を遂げているので、長寿でも喜べないですよね。ともは、秀次が亡くなったあとは出家してかなり熱心な日蓮宗の信者になったそうです。そして、息子たちの菩提を弔っていた間に豊臣家が滅亡して徳川の世になりました。ともは何を思うのか・・・ですよね。

とも一家の栄華と悲劇

足軽から天下人になった弟・豊臣秀吉によって姉の智(とも)一家も大きく人生が変わっていきました。後々のことを考えると栄華よりも悲劇の方が勝っていた感じがします。

豊臣秀吉は、実子に恵まれなかったため血縁者を養子とするのは自然な流れでした。はじめは、秀次と秀勝が秀吉の養子となりました。

そして、秀吉の嫡子だった鶴松が3歳で病死すると関白職を秀次が譲られる形となり一家は聚楽第に住むようになります。

一方、秀吉は頼りにしていた弟・秀長や可愛い我が子を亡くしてしまい無謀な朝鮮出兵に明け暮れるようになります。そして、ともの次男・秀勝が出兵先で急死してしまいます。

そんな中、秀吉の側室・淀殿が秀吉の男子(豊臣秀頼)を生みます。大喜びの秀吉でしたが、関白職を秀次に譲ってしまったことを後悔し始めます。そして、秀次を失脚させるためにあの手この手で策を練り始めます。

秀吉は、秀次に様々な汚名をかぶせてついに切腹させるに至りました。それ以前に秀保が謎の死を遂げていました。また、秀次の妻子たちの殆どが処刑された事もあり秀吉の秀次の後継者を残さない(秀頼にとって火種を残さない)という容赦のなさが窺い知ることが出来ますね。

結果的に、約3年でともの子3人全員が亡くなってしまいました。秀頼が誕生していなかったらこの悲劇は防げたはずです。

また、秀吉が秀次の近親者たちを容赦なく弾圧したために豊臣家に恨みを持つ大名たちが関ケ原の合戦で徳川軍に味方したとも伝わります。最上義光の娘・駒姫が有名です。

最終的に、秀吉の身内の中で一番、人生を狂わせられたのは他でもない実姉のともだったかもしれませんね。

ab

広告

関連記事

明智光秀の母 お牧の方は人質になり非業の最期を遂げたのは嘘!

大河ドラマ「麒麟がくる」いよいよ始まりましたね。 最初観た時、映像が鮮やかで衣装も何だか綺麗す

記事を読む

源頼家の正室はどちら?若狭局(せつ)と辻殿(つつじ)は御台所にならず

鎌倉幕府の2代将軍、源頼家の正室というか御台所は一体誰なのか? 大河ドラマ「鎌倉殿の13人」に

記事を読む

家光の側室 お楽の方

ドラマ「大奥 誕生~有功・家光篇」の登場人物から捨蔵を取り上げます。捨蔵のモデルは、徳川家光の側室、

記事を読む

細川藤孝 明智光秀の盟友で細川ガラシャの義父!世渡り上手な文化人

前回は、異母兄の三淵藤英を取り上げたので、今回はその弟である細川藤孝を取り上げたいと思います。後の細

記事を読む

源行家 死神と言われた男の最期とは?源頼朝、源義経、源義仲の叔父

さて、本日取り上げるのは源頼朝・源義経・源義仲の叔父にあたる源行家(みなもとのゆきいえ)になります。

記事を読む

天崇院 勝姫

江姫と徳川秀忠の間に生まれた子供で、三女の勝姫を取り上げます。勝姫はひじょ~に気の強い女性だったとい

記事を読む

大野治長と大蔵卿局

大野治長と大蔵卿局 の親子を取り上げます。 大河ドラマ「江」での大野治長は、武田真治が演じています

記事を読む

梶原景時 石橋山の戦いで敗けた源頼朝をなぜ見逃した?その後、源義経と対立

2022年の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の登場人物の一人、中村獅童が演じる梶原景時を取り上げていきた

記事を読む

平宗盛の最期とは?平清盛の後継者で父と正反対の性格で家族思い!

今回は、平清盛の後継者である平宗盛(たいらのむねもり)を紹介していきます。大河ドラマ「鎌倉殿の13人

記事を読む

藤原秀衡の正室が義理の息子・藤原国衡に再嫁する!?マジ話でした

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」先週の第20回放送で気になる場面がありました。 その場面というのは

記事を読む

ab

広告

ab

広告

藤原定子 夫・一条天皇に寵愛されたが実家の没落に見舞われた悲運の皇后

母の高階貴子や清少納言は取り上げたのですが、肝心の藤原定子を取り上げて

藤原宣孝 紫式部の夫で歳の差20歳以上?結婚生活は約3年で死別する

紫式部は、源氏物語という名作を世に出しましたが、当の本人は清少納言や和

清少納言と紫式部は犬猿の仲!?2度の結婚と藤原定子への宮仕え

紫式部のライバルとして名高い清少納言を取り上げます。 大河ドラマ

藤原道長の妻 源明子は本来なら女王の身分!源倫子との格差が大きい

藤原道長には、嫡妻である源倫子のほかに妻がもう一人います。源明子と言っ

藤原実資とその妻・桐子の夫婦仲は?日記「小右記」は本当にあった

お笑いの「ロバート」秋山竜次が、大河ドラマ「光る君へ」で藤原実資を演じ

→もっと見る

PAGE TOP ↑