*

江 あらすじ 14話【離縁せよ】

公開日: : 最終更新日:2016/02/23 大河ドラマのあらすじ , , ,

江は、姉たちに別れを告げて尾張大野城の佐治一成のもとに嫁いだ。
佐治一成との婚礼の最中、江は乳母から聞いた初夜の話を思い出し
倒れてしまう。そんな江を優しく慰める佐治一成に心を開く江でした。

元気になった江は、夫とともに清洲城にいる織田信雄に挨拶に行く。
そこには、徳川家康がいて、久しぶりの対面に江は驚く。

家康は、信雄と組んで打倒・羽柴秀吉を掲げ戦の準備を進めていた。
江の夫・佐治一成は、羽柴秀吉からの誘いを断って主君である織田信雄と
ともに織田方の一員として戦にでる覚悟を決めていた。

江は、羽柴方と織田方の戦いを止めるために嫁いできた。
しかし、戦は今にも起きそうな緊迫した状態だった。

そして、いよいよ戦が始まる。
羽柴秀吉は、徳川家康・織田信雄同盟軍に苦戦を強いられる。
秀吉は、信雄との戦を和睦に持ち込み、戦は突然終結する。

戦を終えた夫・佐治一成がようやく城に戻ってきた。
江は、再会を喜ぶ。そんな時、江のもとに文が届けられる。
その文には、姉の茶々が病気で寝込んでいるという内容だった。

江は、茶々のいる大阪城に急ぎ向かう。
しかし、江がみたのは、茶々の元気な姿だった。

実は、茶々が病気だというのは全くの嘘で、秀吉が江を
取り戻すために嘘の文を送ったのだ。
そして、秀吉は江に対して「佐治一成と離縁せよ」と告げる。
怒り狂う江だったが・・・。

ab

スポンサーリンク

関連記事

江 あらすじ 42話【大坂冬の陣】

大坂冬の陣が始まる。 徳川方が優位に戦いを進め、豊臣方を籠城へと追い込む。 優勢だった徳川家康は

記事を読む

江 あらすじ 27話【秀勝の遺言】

江は、夫である秀勝との子・完(さだ)を生むが、 秀勝を亡くした悲しみから我が子を抱く事も出来ずにい

記事を読む

江 あらすじ 26話【母になる時】

江 あらすじ 26話【母になる時】 江は秀勝と結婚して、京の聚楽第で幸せな生活を送っていた。 江

記事を読む

江 あらすじ 19話【初の縁談】

茶々が秀吉の側室になってしまうかもしれないと焦る江。 江は、もうひとりの姉である初に相談しようとす

記事を読む

江 あらすじ 43話【淀、散る】

江 あらすじ 43話【淀、散る】 徳川家康は、大坂城にいる牢人たちを追放するか 秀頼と淀殿が大坂

記事を読む

江 あらすじ 45話【息子よ】

竹千代に化粧をしていた理由を聞いても答えない。 理由もわからずただ怒りに震える江。 そんな中

記事を読む

江 あらすじ 23話【人質秀忠】

豊臣秀吉の妹で徳川家康の後妻になっていた旭が病床にいた。 お見舞いに駆け付けた江は、そこで家康の子

記事を読む

江 あらすじ 39話【運命の対面】

江 あらすじ 39話【運命の対面】 徳川秀忠が徳川幕府2代将軍となり、正室の江も御台所となる。

記事を読む

江 あらすじ 34話【姫の十字架】

江戸城で、江はふたりの娘・千姫と珠姫と平穏な日々を送る。 徳川家康は、大阪城の西の丸に入り実権

記事を読む

江 あらすじ 46話【希望】

江 あらすじ 46話【希望】 2011年の大河ドラマ「江~姫たちの戦国」46話が最終回でした。

記事を読む

ab

スポンサーリンク

ab

スポンサーリンク

平賀朝雅の最期とは?鎌倉殿になれず畠山重忠の乱の原因にもなった人物

北条時政とりく(牧の方)の娘婿である平賀朝雅を取り上げます。大河ドラマ

藤原兼子 北条政子と関係深く後鳥羽上皇の乳母として権勢を奮う

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」から紹介する登場人物、久しぶりに朝廷から藤

和田義盛 鎌倉殿の13人のひとりで初代侍所別当!巴御前が側室なのは本当?

鎌倉幕府の十三人の合議制に連なる御家人・和田義盛(わだよしもり)とはど

北条時房 北条政子・義時の異母弟で鎌倉幕府の初代連署を務める

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の登場人物、最近は13人の御家人を紹介して

三善康信 鎌倉殿の信頼厚い幕府の初代問注所執事!子孫が職を世襲

鎌倉殿の13人という事で、本日は三善康信(みよしやすのぶ)を取り上げま

→もっと見る

PAGE TOP ↑