*

豊臣秀吉 側室

公開日: : 最終更新日:2016/02/25 大河ドラマの登場人物 , ,

豊臣秀吉 側室 についてご紹介します。
戦国時代きっての女好き、天下人の豊臣秀吉に側室たちに
スポットライトをあててご紹介したいと思います。

戦国大名の多くは、お家のため政略結婚が多いです。
政略結婚の相手は、正室となりますので、
自分の好みの女性は側室に迎えればいいです。

一方、政略結婚の犠牲となる女性(いい家柄の姫さま)は、悲惨です。
一夫多妻の時代、夫となる男性と添い遂げなければなりません。
嫌いな相手でも結婚しなくてはならないのです。

戦国大名にも女性の好みがあったようです(^^;
それは、正室よりも側室でみると明らかです。

例えば・・・。

徳川家康 ⇒ 後家好き、ロリコン
織田信長 ⇒ 後家好き、年上の女性
武田信玄 ⇒ 美女好き

そして、豊臣秀吉は、女好きなので誰でも良さそうですが、
きちんと好みがありました。

豊臣秀吉 ⇒ 名門好き、美女好き

豊臣秀吉の側室といえば、淀殿(茶々)、松の丸殿(京極龍子)を
紹介してきましたが、その他にも有名な女性が沢山います。

・加賀殿(摩阿) 前田利家とまつの娘
・三の丸殿   織田信長の娘
・姫路殿    織田信長の姪
・三条殿(とら) 蒲生氏郷の妹
・甲斐姫    東国一の美女で勇敢
・香の前    賭け碁の賞品にされた側室

まだまだ、いますが、このあたりで終わりですm(_ _)m

ab

スポンサーリンク

関連記事

豊臣秀次 について

豊臣秀次 について。 大河ドラマ「江」の第28話の予告編で、豊臣秀次の切腹する 場面がありました

記事を読む

豊臣秀頼 側室 との子供

豊臣秀頼 側室 との子供は今後どうなるのか? NHK大河ドラマ「江」の登場人物を紹介していますが、

記事を読む

豊臣秀吉 側室③

豊臣秀吉 側室 について続きの続きです。 豊臣秀吉の側室は、ホントに沢山いたらしいのですが、 史

記事を読む

徳川国松(忠長)の生涯

徳川国松(忠長)の生涯 について。 江姫と徳川秀忠の次男で、徳川家光の弟である国松。 後の駿府藩

記事を読む

家光の側室 お万の方

新ドラマの「大奥 誕生~有功・家光篇」が始まりましたが、映画「大奥」と同様に男女逆転のお話です。主人

記事を読む

江 石田三成

江 石田三成 が登場しました。 これから浅井三姉妹にも大きく関わっていく石田三成。 今回は演じた

記事を読む

お振の方と千代姫

徳川家光の側室といえば、「お万の方」「お玉の方」「お楽の方」「お夏の方」が有名です。っていうか、この

記事を読む

no image

藤原頼長

藤原摂関家の超エリート! 武士(平清盛)の台頭を必死で抵抗した男!! 藤原頼長は、以前「歴史秘話

記事を読む

no image

北条政子

有名ずきて今更な感じがしますが、今回は源頼朝の妻・北条政子を取り上げたいと思います。大河ドラマ「平清

記事を読む

江が溺愛した徳川忠長の子供はあの松平長七郎!?

徳川家光の弟で、家光よりも出来が良く、江が溺愛したとされる徳川忠長。 最期は、家光の邪魔となり28

記事を読む

ab

スポンサーリンク

Comment

  1. コバヤン より:

    大河ドラマ『江』、周りの評判はあまりよくないですが、私は結構、ハマッテます。特に3姉妹が揃う場面は、どのシーンもなぜかおもしろく拝見させて貰ってます。(特にお気に入りは《初》ですね^^)こちらのブログで、ドラマで説明されない部分などを確認でき助かっています。今後もがんばってください。突然、スミマセンでした。

    • gou より:

      コメント有難うございます♪
      大河ドラマ「江」、確かに評判あまり良くないですね~。

      たまに「えー???」という場面もありますが、
      わたしも楽しく視聴しています。

      初、いいですよね。
      お菓子好きで好感が持てます(笑)

ab

スポンサーリンク

西郷隆盛ゆかりの地を巡る旅!生家や洞窟に上野より大きい銅像もあり

今年の大河ドラマ「西郷どん」がいよいよスタートしました。 視聴率

2018年大河ドラマ「西郷どん」の主人公を鈴木亮平が演じる!その他のキャストは?

2018年の大河ドラマに決まった「西郷どん」は、林真理子さんの小説「西

2016年の大河ドラマの主人公 真田幸村

2016年の大河ドラマ「真田丸」が始まっていますが、主人公の真田幸村を

家紋パンプス 人気の戦国武将は?

家紋パンプスを履いて、一体何処へ出掛けて行きましょう・・・。 家紋パ

2015年大河ドラマ「花燃ゆ」の簡単なあらすじ

今度の大河は、既に「花燃ゆ」に決定しています。 井上真央が主演

→もっと見る

PAGE TOP ↑