*

真田幸村 江

公開日: : 最終更新日:2016/02/25 大河ドラマの登場人物 , , , , ,

真田幸村 江 に登場!
大河ドラマ「江」の登場人物の紹介、今回は真田幸村です。
戦国大名の中ですごく人気がある人物ですね。
「戦国BASARA」「花の慶次」の印象が強いかも。

戦国BASARA3 宴

それでは、真田幸村の生涯について紹介します。
大坂夏の陣で豊臣家と殉死した悲劇の名将の本名は真田信繁です。
「真田幸村」と言う名前は、後世でそう呼ばれるようになったため。

真田幸村の家系でいうと、祖父の真田幸隆が武田信玄の家臣だった。
父の真田昌幸も武田家に仕えていたが、やがて武田家が滅亡する。
真田家の所領は安堵され、最終的に豊臣秀吉に仕える。
幸村は、豊臣家家臣の大谷吉継の娘・利世(竹林院)を正室に迎える。
豊臣秀次の娘も幸村の側室になっているので、
真田家と豊臣家は、深い繋がりがあったようです。

関ヶ原の戦いの時は、父とともに西軍についた。
兄の真田信之(妻は、あの小松姫)が東軍についたので、
兄弟で戦う事になってしまう。

そして、ドラマでも描かれたように上田城で大軍を率いた
徳川秀忠とわずかな兵で戦い善戦をしました。
徳川秀忠が関ヶ原の遅れたのがこれが原因でしたね。

西軍が負けると幸村と父・昌幸は、紀伊国に追放となる。
本当は切腹させられる身だったが、信之と小松姫の父である
本多忠勝の取りなしで、配流となったようです。
配流先の紀伊国で幸村の父・昌幸は亡くなっています。

そして、浪人となった幸村はいよいよ大坂の陣に出陣。
大坂夏の陣での幸村の活躍をみて徳川家康は再三、
徳川方に寝返るように説得したと言われている。
10万石、信濃一国など好条件を提示したが、幸村はすべて断る。

大坂冬の陣では、最後の最後まで徳川方を追い詰めた。
家康の本陣まで攻め込み馬印を倒したほど。
しかし、軍勢に勝る徳川方に攻められて49歳で亡くなった。

勇猛な武将と知られる真田幸村ですが、穏和で辛抱強く
滅多に怒らない人物だったそうです。

家康があの世に行ったら真っ先にお酒を酌み交わしたい
人物として真田幸村を挙げています。

また、数々の武勇伝と名言を残しています。
真田幸村は、小説、ドラマ、映画、漫画など
様々なところで作品化されています。

『真田幸村』を扱った人気作品

戦国人物伝 真田幸村

真田幸村 伝説になった英雄の実像

真田幸村と大坂の陣―家康を震撼させた猛将の戦い

真田幸村―家康が怖れた男の生涯

真田幸村をめぐる旅―戦国乱世を駆け抜けた名将

ab

スポンサーリンク

関連記事

江が溺愛した徳川忠長の子供はあの松平長七郎!?

徳川家光の弟で、家光よりも出来が良く、江が溺愛したとされる徳川忠長。 最期は、家光の邪魔となり28

記事を読む

藤田伝吾 本能寺の変や山崎の戦いで活躍した明智五宿老の一人

大河ドラマの印象的な登場人物を紹介するという事で、今回の記事では藤田伝吾を取り上げたいと思います。

記事を読む

正親町天皇 坂東玉三郎が演じる美しい帝と弟・覚恕との仲

坂東玉三郎が演じている第106代天皇の正親町天皇について調べてみました。 昨日の深夜、NHKで

記事を読む

深芳野 土岐頼芸から下贈された斎藤道三の側室で美濃一の美女

来年の大河ドラマ「麒麟がくる」で、濃姫を演じる予定だった沢尻エリカの逮捕により出演者変更となった事か

記事を読む

足利義昭 室町幕府15代将軍の最期と嫁について!駒は側室?

麒麟がくるの登場人物の中で登場シーンが多いわりにまだここで取り上げていなかった人物ということで足利義

記事を読む

江 初 茶々 浅井三姉妹

江 初 茶々 浅井三姉妹について。 浅井長政とお市の方の間に生まれた茶々、初、江。 通称『浅井三

記事を読む

お振の方と千代姫

徳川家光の側室といえば、「お万の方」「お玉の方」「お楽の方」「お夏の方」が有名です。っていうか、この

記事を読む

no image

堀河局 百人一首の女流歌人

今回、取り上げるのは堀河局です。 大河ドラマ「平清盛」では、りょうが演じています。 第4話で、堀河

記事を読む

松永久秀は茶器を抱いて爆死した戦国三大梟雄の一人!大河では吉田鋼太郎がハマり役

大河ドラマ「麒麟がくる」の登場人物、第1話から気になる人物を挙げていきその生涯や人物像などを紹介して

記事を読む

no image

源義朝の常盤御前以外の側室

源頼朝・義経の父親である源義朝は、正室に由良御前と側室に常盤御前がいました。ドラマでもその二人しか登

記事を読む

ab

スポンサーリンク

ab

スポンサーリンク

平宗盛の最期とは?平清盛の後継者で父と正反対の性格で家族思い!

今回は、平清盛の後継者である平宗盛(たいらのむねもり)を紹介していきま

大姫 源頼朝と北条政子の娘で婚約者の源義高を亡くし心の病になる

北条義時主人公の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」ですが、大姫の婚約者である

源範頼 源頼朝の弟で源義経と比較されて凡将?最期は謀反・・・

源平合戦の最終章・・・源義経がついに平氏を追い詰めていくストーリーを大

源義経の正室 郷御前は静御前と対立!?夫と共に平泉に逃れて悲劇の最期

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」では、源義経が無尽の活躍をみせて平氏がいよ

一条忠頼 武田信義の嫡男で源頼朝に粛清される最期

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で少ない出番ながらも気になった登場人物がい

→もっと見る

PAGE TOP ↑