*

第11回・もののけの涙

公開日: : 最終更新日:2016/12/19 歴代・大河ドラマの紹介 , ,

大河ドラマ「平清盛」第11回放送(2012.3.18)のあらすじです。

佐藤義清が失恋して出家・・・

佐藤義清が出家した時に詠んだ歌を崇徳天皇に伝える清盛。
その時に、清盛は白河院の子である事実に悩む崇徳天皇に
自分も同じく白河院の子であるが、自分は自分なりに面白く生きていく事を告げる。

そんな崇徳天皇にも自身の息子(重仁親王)ができる。
重仁親王に天皇の位を譲りたいと鳥羽院に表明するが、得子が邪魔をする。
そして、得子の子・躰仁親王がわずか3歳で天皇の位に就く。
躰仁親王は近衛天皇となり、得子はついに国母となる。

崇徳天皇はなぜすんなりと譲位したのか?

得子の悪知恵(?)で、崇徳天皇は、はめられたのでした。
崇徳天皇は、躰仁親王を自分の養子にして譲位するはすが、弟に帝の位を譲る形式になっていたのだ。弟に譲るという事は、上皇として院政を行うことができない。

怒りに震える崇徳天皇だったが、今さらどうする事も出来ず・・・

平家では、新年の祝いで宗子、明子、秀子(家盛の妻)が揃って演奏を聴かせていた。
又、明子の侍女・波子と平盛国の間に縁談話が持ち込まれる。

一方、東国で勢力を集める源義朝は有力武士の一族を次々と配下におさめていた。
三浦一族の娘、波多野一族の娘との間に、それぞれ息子が生まれていた。
義朝の帰りを待つ由良姫はイライラMAX!!!

王家では、得子が権力を奮う一方、権勢をすっかり失ってしまった待賢門院璋子。
璋子は、得子にいよいよ追い詰められる時がきた。
璋子に仕える者が得子を呪詛したと濡れ衣を着せたのだ。
その事件がきっかけで、璋子は仏門に入る事になる。

清盛の愛妻・明子との別れの時が・・・

物乞いを介抱したことで疫病にかかった明子が倒れてしまう。
清盛は僧を集めて祈祷させたりしたが、祈りむなしく明子は息を引き取る。

ab

スポンサーリンク

関連記事

2020年の大河ドラマ「麒麟がくる」のあらすじとキャストについて

来年、2020年の大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」が非常に楽しみです。 2019年の大河ドラ

記事を読む

no image

第12回・宿命の再会

前回の更新から1ヶ月以上放置。 久しぶりの更新になってしまった(ドラマが面白くないとか・・・そ

記事を読む

no image

第10回・義清散る

NHK大河ドラマ「平清盛」のあらすじを紹介しています。 今回は、2012年3月11日放送の第1

記事を読む

no image

崇徳天皇 呪い?

崇徳天皇は「悲運」「哀れ」という言葉が似合います。 「怨霊伝説」まである崇徳天皇はどんな人

記事を読む

no image

第9回・ふたりのはみだし者

清盛と雅仁親王(後の後白河法皇)が出会います! 平清盛にはじめての子が誕生しました。 長男と

記事を読む

no image

第28回・友の子、友の妻

大河ドラマ「平清盛」のあらすじです。 第28回は「友の子、友の妻」という事で、清盛のよきライバルで

記事を読む

no image

第2回・無頼の高平太

NHK大河ドラマ「平清盛」第2回の放送が終わりました。 第2回のタイトルは「無頼の高平太」です。 い

記事を読む

2018年大河ドラマ「西郷どん」の主人公を鈴木亮平が演じる!その他のキャストは?

2018年の大河ドラマに決まった「西郷どん」は、林真理子さんの小説「西郷どん!」が原作です。それを中

記事を読む

no image

第1回・ふたりの父

2012年NHK大河ドラマ「平清盛」がスタートしました。 ドラマの始まりは、源氏の棟梁である源頼朝

記事を読む

no image

平清盛 視聴率ダウンは関西

大河ドラマ「平清盛」の視聴率が、歴代ワースト3でした。 初回放送から現在、第4回まで放送されましたが

記事を読む

ab

スポンサーリンク

ab

スポンサーリンク

石川数正の出奔の原因となる説とは?長野県・松本城の築城について

2023年の大河ドラマ「どうする家康」で、俳優の松重豊が演じている石川

徳川美術館や名古屋城や熱田神宮の見どころは?名古屋の観光名所への行き方

前回の愛知県岡崎市の観光地(岡崎城やなど大樹寺など)に引き続きNHK大

岡崎城、八丁味噌の郷、大樹寺への行き方とそれぞれの見どころ

いつも大河ドラマの登場人物ばかりを紹介してきましたが、今回は久しぶりに

早川殿 今川氏真の正室で大河ドラマ「どうする家康」では糸という名前!

昨日取り上げた今川氏真に続いて、その妻である早川殿を取り上げたいと思い

今川氏真 徳川家康との関係やその子孫について!最期はどうなる?

大河ドラマ「どうする家康」で、溝端淳平が演じているのが今川氏真(いまが

→もっと見る

PAGE TOP ↑