*

第6回・西海の海賊王

公開日: : 最終更新日:2016/12/19 歴代・大河ドラマの紹介 , , ,

NHK大河ドラマ「平清盛」の第6回は、2012年2月12日放送でした。
「西海の海賊王」が第6回タイトル。

今回の見所は、海賊王は清盛と面識のあるアノ男だった!
そして、恒例の璋子さまの天然ぶりがますますスゴイことに!!

海賊討伐の命を受けた平氏一族。
清盛も父・忠盛と一緒に海賊討伐へ同行した。
海賊討伐は楽勝かと思われたが、安芸の海で巨大な船と遭遇して激しい戦闘となります。
そんな中、清盛をかばって乳父の平盛康は深手を負ってしまう。

平氏は、一旦、宿営地に戻り作戦を練る。
巨大なあの船は、宋の唐船であったが、海賊を束ねていた者が何者なのかが謎だった。
清盛は、敵を探ろうとひとりで小船に乗り込み敵の元へ向かおうとする。
その小船にまた、高階通憲が乗りこんできた。

一方、東国に修行に出ていた源義朝は、尾張の熱田神宮で宮司を助ける。
そこで、由良姫という宮司のひとり娘と出会う。
由良姫は、源氏を侮る態度をみせ義朝に説教される。

由良姫は後に義朝の妻となる女性で源頼朝の生母

御所では、鳥羽上皇に入内した藤原得子が子供を身ごもっていた。
得子は璋子に勝ち誇った態度をみせるが、璋子は何も感じていない様子。
そんな璋子の態度にますます憎しみを抱く得子。

権力と鳥羽院の寵愛を巡って璋子VS得子の争いが本格的になってきます。
しかし、璋子は全然気にしてない様子ですが・・・

話は戻って、小船に乗った清盛と高階通憲は、海賊に捕まってしまう。
そして、唐船に閉じ込められたところに海賊の棟梁が現れる。
海賊の棟梁は何と、小さい頃に面識があった兎丸だった。
兎丸はかつて清盛の父・平忠盛に殺された朧月の息子だった。

清盛と兎丸は、はじめ互いを知らなかった時はその生き方に共感していた。
しかし、お互い誰なのかがわかると態度を一変させる。

兎丸は、忠盛に清盛を拉致したので沖にでてくるようにと手紙を届けた。
海賊船に平氏一行が立ち向かう。
平氏側は次々に海賊たちを討ち取っていく。

兎丸と清盛も激しい斬り合いになるが、清盛が兎丸を倒した。
そして、忠盛に海賊の処分を任された清盛だったが、兎丸を仲間とする事にした。
海賊を討伐して京に凱旋した平氏一行を多くの人々が見守る。

兎丸が清盛の仲間になるところ
あんな説得で心が動くかちょっと疑問だった!

ab

スポンサーリンク

関連記事

no image

第16回・さらば父上

平清盛のあらすじです! 第16回、2012年4月22日放送分。 「さらば父上」というタイトル

記事を読む

no image

崇徳天皇 呪い?

崇徳天皇は「悲運」「哀れ」という言葉が似合います。 「怨霊伝説」まである崇徳天皇はどんな人

記事を読む

麒麟がくるのキャスト 今井翼、金子ノブアキ、榎木孝明が新キャスト

長谷川博己が主演する大河ドラマ「麒麟がくる」は、越前編が始まった事で新キャストが発表になりました。今

記事を読む

no image

第23回・叔父を斬る

2012年6月10日に放送された「平清盛」第23回・叔父を斬る のあらすじを紹介します。 タイトル

記事を読む

no image

源義経は女好きだった!?

日本人の中では悲劇のヒーロー的な感じでとても人気のある源義経。静御前との悲恋もありイメージ的に何とな

記事を読む

独眼竜政宗の両親 伊達輝宗の最期と義姫の毒殺未遂事件について

大河ドラマは、「麒麟がくる」が休止中ということで、6月14日放送分は1987年の「独眼竜政宗」の名場

記事を読む

2015年大河ドラマ「花燃ゆ」の簡単なあらすじ

今度の大河は、既に「花燃ゆ」に決定しています。 井上真央が主演です。 放送開始は20

記事を読む

no image

第19回・鳥羽院の遺言

大河・平清盛のあらすじです。 2012年5月13日放送の第19回・・・あれからだいぶ経ってます

記事を読む

no image

第13回・祇園闘乱事件

平清盛のあらすじ、第13回放送(2012年4月1日)分です。 記憶が遠のいでいる・・・ 若き

記事を読む

no image

白河法皇の殺生禁断令

大河ドラマ「平清盛」第2話で、白河法皇が下した殺生禁断令について調べてみました。 殺生禁断令という

記事を読む

ab

スポンサーリンク

ab

スポンサーリンク

石川数正の出奔の原因となる説とは?長野県・松本城の築城について

2023年の大河ドラマ「どうする家康」で、俳優の松重豊が演じている石川

徳川美術館や名古屋城や熱田神宮の見どころは?名古屋の観光名所への行き方

前回の愛知県岡崎市の観光地(岡崎城やなど大樹寺など)に引き続きNHK大

岡崎城、八丁味噌の郷、大樹寺への行き方とそれぞれの見どころ

いつも大河ドラマの登場人物ばかりを紹介してきましたが、今回は久しぶりに

早川殿 今川氏真の正室で大河ドラマ「どうする家康」では糸という名前!

昨日取り上げた今川氏真に続いて、その妻である早川殿を取り上げたいと思い

今川氏真 徳川家康との関係やその子孫について!最期はどうなる?

大河ドラマ「どうする家康」で、溝端淳平が演じているのが今川氏真(いまが

→もっと見る

PAGE TOP ↑