*

服部正成 服部半蔵の2代目!徳川家康に忠義を尽くす

徳川家康と言えば、忍者を支配下にしていたことは有名です。その忍者の中で最も知名度があるのが服部半蔵です!

服部半蔵は忍者の代名詞になっていますが、実は忍者を家来に持った武士である服部家の当主が継承した通称です。

そして、家康に仕えた服部半蔵は2代目の服部正成を指します。

服部正成 服部半蔵の2代目を継ぐ

大河ドラマ「どうする家康」での服部半蔵正成は、ナイーブな感性で割と品の良さげな好青年を山田孝之が演じています。

服部正成は、天文11年(1542年)に初代・服部半蔵(服部保長)の五男(六男かも?)として三河国伊賀で生まれました。父・服部保長は忍者でした。

正成が6歳の時、大樹寺に預けられましたが3年後に出家するのを拒み逃げ出しました。その後の正成は16歳で初陣を飾るまで行方不明でした。

服部正成には何人かの兄がいたのですが、2代目として服部半蔵を継いだのは正成でした。他の兄達は三方ヶ原の戦いや小牧・長久手の戦いなどで討ち死にしています。

服部正成 鬼半蔵の異名をとる槍の達人

服部正成の初陣は、弘治3年(1557年)の三河国宇土城の夜襲でした。この時、服部正成は戦功をあげています。三河一向一揆の際も徳川家康に忠誠を誓い戦っています。

元亀6年(1572年)の三方ヶ原の戦いにおいては、徳川勢は敗北したもののその時の武功を認められ、槍を授けられて伊賀衆を束ねることになりました。

服部正成は、鬼半蔵と呼ばれるほどの槍の達人となるのです。

また、徳川家康の伊賀越えでも服部半蔵が束ねる伊賀・甲賀勢は活躍しました。

織田信長に招かれて堺に滞在中に起きた本能寺の変の際、徳川家康とその家臣一行は明智光秀の軍勢から逃れて三河を目指していました。

その時に服部家の出身地である伊賀を通って伊勢へ抜け、無事三河へ逃れることができました。これは、茶屋四郎次郎の資金力や伊賀・甲賀勢を味方につけていたからこその成功でした。

その後も、天正壬午の乱や小牧・長久手の戦い、小田原北条攻めと特殊戦力による防衛力を発揮して武功を重ねていくのです。

服部正成の最期

服部正成は、慶長元年(1597年)に病気のため亡くなりました。享年55歳でした。

徳川家康が征夷大将軍に任命されて江戸幕府が成立したのが慶長8年(1603年)ですので、正成は徳川家康の天下統一を見る前に亡くなってしまいましたね。

しかし、正成が警備を担った西端の門は「半蔵門」として地名・駅名で残っています。そして、松平信康のために建立した四谷の西念寺は服部家の菩提寺になっています。

服部正成は、徳川家康の長男である松平信康が武田への内通を疑われて信長から自決を申し渡された際に介錯役となりました。その時に、正成は信康にどうしても刃を向けられず果たせなかったことを逆に家康から評価されたという逸話が残されています。

服部半蔵が登場する作品と言えば?

2代目・服部半蔵こと服部正成は現代でも人気がありスーパースター(?)なので様々な作品に登場しています。

服部半蔵が主人公の作品をいくつか紹介しておきますね。

・映画「影の軍団 服部半蔵」(1980年)
・ドラマ「服部半蔵 影の軍団シリーズ」(1980年~1985年)
・コミック「戦国人物伝 服部半蔵 日本の歴史
・漫画「半蔵の門

ab

広告

関連記事

no image

祇王祇女と仏御前

平清盛の寵愛をうけた白拍子ということで、ドラマにも登場した祇王祇女、そして仏御前について取り上げたい

記事を読む

赤染衛門 凰稀かなめ演じる女流歌人!紫式部や和泉式部との仲は?

藤原道長の妻・源倫子に仕えていた赤染衛門を取り上げます。読み方は「あかぞめえもん」です。大河ドラマ「

記事を読む

明智光秀 本能寺の変

明智光秀 本能寺の変 今回、取り上げるのは明智光秀です。 主君、織田信長を裏切り本能寺の変で自害

記事を読む

徳川家康 正室 築山殿

徳川家康 正室 築山殿 について。 大河ドラマ「江」の2011年1月23日放送で、江に衝撃を与える

記事を読む

豊臣秀次 について

豊臣秀次 について。 大河ドラマ「江」の第28話の予告編で、豊臣秀次の切腹する 場面がありました

記事を読む

穴山梅雪の最期が悲惨?正室の見性院は徳川家康の庇護を受け長生きする

まだ、続いてます~大河ドラマ「どうする家康」の登場人物紹介!武田家の家臣・穴山梅雪(穴山信君)を取り

記事を読む

藤原惟規 紫式部の弟は出来が悪い?紫式部日記から分かる姉弟の仲とは

紫式部の弟とされる藤原惟規(ふじわらののぶのり/これのぶ)を取り上げます。まだ、ドラマでは子供時代な

記事を読む

梶原景時 石橋山の戦いで敗けた源頼朝をなぜ見逃した?その後、源義経と対立

2022年の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の登場人物の一人、中村獅童が演じる梶原景時を取り上げていきた

記事を読む

藤原実資とその妻・桐子の夫婦仲は?日記「小右記」は本当にあった

お笑いの「ロバート」秋山竜次が、大河ドラマ「光る君へ」で藤原実資を演じています。その妻である桐子役に

記事を読む

大野治長と大蔵卿局

大野治長と大蔵卿局 の親子を取り上げます。 大河ドラマ「江」での大野治長は、武田真治が演じています

記事を読む

ab

広告

ab

広告

藤原道長の妻 源明子は本来なら女王の身分!源倫子との格差が大きい

藤原道長には、嫡妻である源倫子のほかに妻がもう一人います。源明子と言っ

藤原実資とその妻・桐子の夫婦仲は?日記「小右記」は本当にあった

お笑いの「ロバート」秋山竜次が、大河ドラマ「光る君へ」で藤原実資を演じ

藤原義懐 大出世する花山天皇の叔父!ドラマとは乖離する人物像

大河ドラマ「光る君へ」で印象に残った人物として花山天皇の叔父にあたる藤

藤原公任は藤原道長よりも名門出身の御曹司!紫式部や清少納言とも交流あり

大河ドラマ「光る君へ」で、町田啓太が演じる藤原公任(ふじわらのきんとう

藤原道綱母 蜻蛉日記の作者は本朝三大美人の一人!道長の父・藤原兼家の妾妻

藤原道長の父である藤原兼家には、嫡妻である時姫以外にも当然の如く妻がい

→もっと見る

PAGE TOP ↑