*

第14回・家盛決起

公開日: : 最終更新日:2016/12/19 歴代・大河ドラマの紹介 , ,

またまた簡単にあらすじ書きます。
記憶が乏しい大河ドラマ「平清盛」第14回 (2012年4月8日)放送分。

第14回の内容は、弟・平家盛が清盛に反旗を翻し我こそが平氏の跡継ぎじゃ!と主張。
あんなに兄に従順だった家盛をそそのかしたのは、○モ野郎の藤原頼長。

頼長と家盛のあららな場面もあり(汗)

平氏の間では兄弟、源氏の間では親子の関係がぎくしゃくし始めます。
為源義と義朝の関係を元に戻そうと由良御前は奮闘するが、かえって悪化する。

義朝はちょうど自分と同じように鬱憤が溜まっていた清盛と市場で酒を飲んでいた。
その時に出会ったのが、みすぼらしい身なりだが、あまりにも美しい娘。

常盤御前が初登場です!

常盤御前は、のちに源義朝の側室になり義経を産みます。
源義朝の死後は、子供たちの命を守るため清盛の側室になったと伝えられるが・・・


話は戻って、藤原頼長がなぜ自分に近づいたのか家盛はやっとその意図を知る。
平氏を抑え込むために、扱いやすい家盛を平氏の棟梁にしたいがためだった。
ショックを受けたまま家盛は、鳥羽院の熊野詣への警固に向かう。
その帰り道、家盛は幼き頃に兄弟仲良く遊んだことを思い出していた。
自分が騙されたとはいえ兄・清盛を裏切ったことを悔いていた。
思い出に浸っている途中、家盛は落馬・・・

平家盛が、何ともあっけなく亡くなった(泣)

ab

スポンサーリンク

関連記事

no image

白拍子とは?

平清盛の実母である舞子や祇園女御は元白拍子で登場します。 これから多分、登場するであろう清盛の愛妾

記事を読む

独眼竜政宗の両親 伊達輝宗の最期と義姫の毒殺未遂事件について

大河ドラマは、「麒麟がくる」が休止中ということで、6月14日放送分は1987年の「独眼竜政宗」の名場

記事を読む

no image

第26回・平治の乱

大河ドラマ「平清盛」のあらすじを紹介しています。 第26回(2012年7月1日放送)は、1159年

記事を読む

no image

第19回・鳥羽院の遺言

大河・平清盛のあらすじです。 2012年5月13日放送の第19回・・・あれからだいぶ経ってます

記事を読む

no image

第9回・ふたりのはみだし者

清盛と雅仁親王(後の後白河法皇)が出会います! 平清盛にはじめての子が誕生しました。 長男と

記事を読む

no image

第7回・光らない君

清盛の前にあらわれた二人の女性 後に妻となる「明子」と「時子」が登場します! 大河ド

記事を読む

no image

平清盛が白河院のご落胤なのは本当か?

平清盛は、白河法皇のご落胤だといわれるのは、「平家物語」での描かれ方が影響しているようです。白河法皇

記事を読む

大河ドラマの歴代ランキングは?戦国時代の作品のおすすめ

今週の大河ドラマ「麒麟がくる」も面白かったですね! ここまで毎週、視聴している「麒麟がくる」で

記事を読む

no image

第3回・源平の御曹司

NHK大河ドラマ「平清盛」、第3回のあらすじです。 今回のタイトルは「源平の御曹司」です。 生涯の

記事を読む

no image

第6回・西海の海賊王

NHK大河ドラマ「平清盛」の第6回は、2012年2月12日放送でした。 「西海の海賊王」が第6

記事を読む

ab

スポンサーリンク

ab

スポンサーリンク

渋沢市郎右衛門 渋沢栄一の父の生涯について!実はお婿さん

渋沢栄一の父である渋沢市郎右衛門を取り上げたいと思います。 大河

渋沢栄一は何した人なのか?嫁・千代以外にも妾がいて女好き!

NHKの大河ドラマ「青天を衝け」が2月14日からスタートしたわけですが

足利義昭 室町幕府15代将軍の最期と嫁について!駒は側室?

麒麟がくるの登場人物の中で登場シーンが多いわりにまだここで取り上げてい

三条西実澄から細川藤孝への古今伝授!三条西家の公家としての家格は?

大河ドラマで気になる人物を紹介しています。今日、取り上げるのは石橋蓮司

2023年の大河ドラマは松本潤主演の「どうする家康」に決定!

まだまだ先の話ですが、2023年・・・来年の大河ドラマの主演に嵐の松本

→もっと見る

PAGE TOP ↑