*

第4回・殿上の闇討ち

公開日: : 最終更新日:2016/12/19 歴代・大河ドラマの紹介 , ,

大河ドラマ「平清盛」第4回放送(2012年1月29日)分のあらすじです。

平清盛は、北面の武士として鳥羽上皇に仕えることなった。
そこで、同じく北面の武士として仕える佐藤義清と出会います。
(第3回で待賢門院璋子に見惚れていた人物です)

佐藤義清は、荒っぽい清盛と正反対で気品がある。
さらに文武両道で、堀河局の難しい歌にもきちんと返答して一目置かれる。
義清を意識した清盛は、璋子達を前にして失敗して呆れられる有様だった。

一方、清盛の父・平忠盛は鳥羽上皇の信頼を得て「殿上人」になる。
忠盛は、武士としては初めて「殿上人」となり内裏へ上がることを許される。

平忠盛の出世を快く思わない者がいた。

藤原摂関家の長である藤原忠実をはじめとした貴族たちである。
また、平氏に差をつけられたと焦る同じ武士である源氏の棟梁・源為義。
源為義は、息子の源義朝からもなじられる始末。

ある日の事、平忠盛・清盛親子が藤原家成の館に招かれた。
その席には、藤原忠実と息子・忠通もやってきた。

藤原忠実に舞を舞うことを申しつけられた平忠盛は見事な舞を披露する。
しかし、わざと伴奏を乱れさせたり酒を投げつけたりして、忠盛は笑い者にされる。
屈辱を受けながらも忠盛は、最後まで舞を披露した。
その姿に清盛は怒りを覚える。

その後、藤原忠実は源為義を呼びつける。
そして、豊明節会の儀式で忠盛を暗殺するように唆す。
為義は、忠盛を殺そうと実行に移そうとするが、失敗する。

そして、忠盛は為義に「源氏と平氏の勝負は武士が朝廷で力をつけてからでも遅くない」「王家の犬では終わらない」と諭す。

その一部始終をずっと陰からみていた清盛と義朝。

清盛は、忠盛を待ち伏せして野心をいつからもっていたのかを問う。
忠盛の答えは、「清盛をわが子とした時からだ」と答える。
出世のために屈辱に耐えていたと思っていた父が、本当は自分と同じ気持ちだと知った清盛だった。

西行と清盛―時代を拓いた二人
平清盛の盟友 西行の世界をたどる

ab

スポンサーリンク

関連記事

no image

第28回・友の子、友の妻

大河ドラマ「平清盛」のあらすじです。 第28回は「友の子、友の妻」という事で、清盛のよきライバルで

記事を読む

no image

第20回・前夜の決断

大河ドラマ「平清盛」のあらすじを紹介しています。 2012年5月20日放送の第20回 「前夜の

記事を読む

no image

第7回・光らない君

清盛の前にあらわれた二人の女性 後に妻となる「明子」と「時子」が登場します! 大河ド

記事を読む

no image

第15回・嵐の中の一門

大河「平清盛」第15回のあらすじ。 2012年4月15日放送分、また簡単にいっちゃいます。

記事を読む

no image

第25回・見果てぬ夢

2012年6月24日放送の第25回 「見果てぬ夢」のあらすじ。 平清盛は、信西と共に政治改革を推し

記事を読む

no image

第27回・宿命の対決

大河ドラマ「平清盛」の第27回「宿命の対決」のあらすじです。宿命の対決ということで、当然、平清盛VS

記事を読む

no image

第14回・家盛決起

またまた簡単にあらすじ書きます。 記憶が乏しい大河ドラマ「平清盛」第14回 (2012年4月8

記事を読む

2018年大河ドラマ「西郷どん」の主人公を鈴木亮平が演じる!その他のキャストは?

2018年の大河ドラマに決まった「西郷どん」は、林真理子さんの小説「西郷どん!」が原作です。それを中

記事を読む

独眼竜政宗の両親 伊達輝宗の最期と義姫の毒殺未遂事件について

大河ドラマは、「麒麟がくる」が休止中ということで、6月14日放送分は1987年の「独眼竜政宗」の名場

記事を読む

no image

第6回・西海の海賊王

NHK大河ドラマ「平清盛」の第6回は、2012年2月12日放送でした。 「西海の海賊王」が第6

記事を読む

ab

スポンサーリンク

ab

スポンサーリンク

平賀朝雅の最期とは?鎌倉殿になれず畠山重忠の乱の原因にもなった人物

北条時政とりく(牧の方)の娘婿である平賀朝雅を取り上げます。大河ドラマ

藤原兼子 北条政子と関係深く後鳥羽上皇の乳母として権勢を奮う

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」から紹介する登場人物、久しぶりに朝廷から藤

和田義盛 鎌倉殿の13人のひとりで初代侍所別当!巴御前が側室なのは本当?

鎌倉幕府の十三人の合議制に連なる御家人・和田義盛(わだよしもり)とはど

北条時房 北条政子・義時の異母弟で鎌倉幕府の初代連署を務める

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の登場人物、最近は13人の御家人を紹介して

三善康信 鎌倉殿の信頼厚い幕府の初代問注所執事!子孫が職を世襲

鎌倉殿の13人という事で、本日は三善康信(みよしやすのぶ)を取り上げま

→もっと見る

PAGE TOP ↑