*

第4回・殿上の闇討ち

公開日: : 最終更新日:2016/12/19 歴代・大河ドラマの紹介 , ,

大河ドラマ「平清盛」第4回放送(2012年1月29日)分のあらすじです。

平清盛は、北面の武士として鳥羽上皇に仕えることなった。
そこで、同じく北面の武士として仕える佐藤義清と出会います。
(第3回で待賢門院璋子に見惚れていた人物です)

佐藤義清は、荒っぽい清盛と正反対で気品がある。
さらに文武両道で、堀河局の難しい歌にもきちんと返答して一目置かれる。
義清を意識した清盛は、璋子達を前にして失敗して呆れられる有様だった。

一方、清盛の父・平忠盛は鳥羽上皇の信頼を得て「殿上人」になる。
忠盛は、武士としては初めて「殿上人」となり内裏へ上がることを許される。

平忠盛の出世を快く思わない者がいた。

藤原摂関家の長である藤原忠実をはじめとした貴族たちである。
また、平氏に差をつけられたと焦る同じ武士である源氏の棟梁・源為義。
源為義は、息子の源義朝からもなじられる始末。

ある日の事、平忠盛・清盛親子が藤原家成の館に招かれた。
その席には、藤原忠実と息子・忠通もやってきた。

藤原忠実に舞を舞うことを申しつけられた平忠盛は見事な舞を披露する。
しかし、わざと伴奏を乱れさせたり酒を投げつけたりして、忠盛は笑い者にされる。
屈辱を受けながらも忠盛は、最後まで舞を披露した。
その姿に清盛は怒りを覚える。

その後、藤原忠実は源為義を呼びつける。
そして、豊明節会の儀式で忠盛を暗殺するように唆す。
為義は、忠盛を殺そうと実行に移そうとするが、失敗する。

そして、忠盛は為義に「源氏と平氏の勝負は武士が朝廷で力をつけてからでも遅くない」「王家の犬では終わらない」と諭す。

その一部始終をずっと陰からみていた清盛と義朝。

清盛は、忠盛を待ち伏せして野心をいつからもっていたのかを問う。
忠盛の答えは、「清盛をわが子とした時からだ」と答える。
出世のために屈辱に耐えていたと思っていた父が、本当は自分と同じ気持ちだと知った清盛だった。

西行と清盛―時代を拓いた二人
平清盛の盟友 西行の世界をたどる

ab

スポンサーリンク

関連記事

no image

第27回・宿命の対決

大河ドラマ「平清盛」の第27回「宿命の対決」のあらすじです。宿命の対決ということで、当然、平清盛VS

記事を読む

no image

第7回・光らない君

清盛の前にあらわれた二人の女性 後に妻となる「明子」と「時子」が登場します! 大河ド

記事を読む

2015年大河ドラマ「花燃ゆ」の簡単なあらすじ

今度の大河は、既に「花燃ゆ」に決定しています。 井上真央が主演です。 放送開始は20

記事を読む

no image

白拍子とは?

平清盛の実母である舞子や祇園女御は元白拍子で登場します。 これから多分、登場するであろう清盛の愛妾で

記事を読む

no image

白河法皇の殺生禁断令

大河ドラマ「平清盛」第2話で、白河法皇が下した殺生禁断令について調べてみました。 殺生禁断令という

記事を読む

no image

平清盛の初回視聴率17.3%

2012年1月8日(日)に放送された大河ドラマ「平清盛」第1回。 初回視聴率がわかりました。 17

記事を読む

no image

第16回・さらば父上

平清盛のあらすじです! 第16回、2012年4月22日放送分。 「さらば父上」というタイトル

記事を読む

no image

第29回・滋子の婚礼

大河ドラマ「平清盛」の第29回は、清盛にとっては義理の妹にあたる平滋子の結婚がテーマです。相手は、あ

記事を読む

no image

第26回・平治の乱

大河ドラマ「平清盛」のあらすじを紹介しています。 第26回(2012年7月1日放送)は、1159年

記事を読む

no image

第14回・家盛決起

またまた簡単にあらすじ書きます。 記憶が乏しい大河ドラマ「平清盛」第14回 (2012年4月8

記事を読む

ab

スポンサーリンク

ab

スポンサーリンク

西郷隆盛ゆかりの地を巡る旅!生家や洞窟に上野より大きい銅像もあり

今年の大河ドラマ「西郷どん」がいよいよスタートしました。 視聴率

2018年大河ドラマ「西郷どん」の主人公を鈴木亮平が演じる!その他のキャストは?

2018年の大河ドラマに決まった「西郷どん」は、林真理子さんの小説「西

2016年の大河ドラマの主人公 真田幸村

2016年の大河ドラマ「真田丸」が始まっていますが、主人公の真田幸村を

家紋パンプス 人気の戦国武将は?

家紋パンプスを履いて、一体何処へ出掛けて行きましょう・・・。 家紋パ

2015年大河ドラマ「花燃ゆ」の簡単なあらすじ

今度の大河は、既に「花燃ゆ」に決定しています。 井上真央が主演

→もっと見る

PAGE TOP ↑