*

江 あらすじ 8話【初めての父】

公開日: : 最終更新日:2016/02/25 大河ドラマのあらすじ ,

2011年2月27日(日)放送の大河ドラマ「江~姫たちの戦国」
第8話は、お市と柴田勝家が結婚して3姉妹を連れて北庄に移る。

途中、江が生まれた小谷城の前を通り、父が亡くなった場所を
3姉妹、そしてお市は花を手向けて祈るのでした。

茶々と初は、実父の浅井長政を裏切り再婚する母のお市を
許せず、養父となる柴田勝家を受け入れられなかった。
一方、江は、初めての父に戸惑ってしまうのでした。

勝家は、3姉妹のために色々と世話を焼いたりしたが、
茶々と初はよそよそしい態度をとるばかり。

柴田勝家―「鬼」と呼ばれた猛将柴田勝家

そんな中、江は馬を勝手に乗りまわし迷子になってしまった。
大雨が降る中、北庄城に帰れなくなった江。
お市、勝家、茶々、初みんな江を心配して眠れない夜を過ごすが、
とうとう江は一晩帰ってこなかった。

翌朝、江は馬と一緒に何もなかったように城に戻る。
江は、勝家に叩かれひどく叱られる。
馬番の家来のところに連れていかれ、土下座させられる江。
江が帰ってこなかったらこの家来の首が飛んでいたと言われ、
江は、勝家に上に立つ者のあるべき振る舞いを教えられる。
そして、江を抱きしめて涙する勝家だった。

茶々と初もそんな養父の姿をみて、心が動いた。
その日を境に、新しい家族はひとつにまとまった。

しかし、幸せな家族の前に羽柴秀吉の立ちふさがる。
憧れのお市を取られたせいで秀吉は、勝家に敵対心を募らせる。

柴田勝家―ひたむきに戦国乱世を駈け抜けた男柴田勝家

ab

広告

関連記事

江 あらすじ 34話【姫の十字架】

江戸城で、江はふたりの娘・千姫と珠姫と平穏な日々を送る。 徳川家康は、大阪城の西の丸に入り実権

記事を読む

江 あらすじ 17話【家康の花嫁】

江 あらすじ 17話【家康の花嫁】 天皇に継ぐ位となる関白になった羽柴秀吉。 天下人としての道を

記事を読む

江 あらすじ 42話【大坂冬の陣】

大坂冬の陣が始まる。 徳川方が優位に戦いを進め、豊臣方を籠城へと追い込む。 優勢だった徳川家康は

記事を読む

江 あらすじ 31話【秀吉死す】

大火事で、秀忠との仲が深まった江は、これから徳川家の嫁 として生きていくことを心に誓う。 そ

記事を読む

江 あらすじ 30話【愛しき人よ】

江 あらすじ 30話【愛しき人よ】 江は、徳川秀忠に嫁いだが、ふたりの関係は最悪だった。 江

記事を読む

江 あらすじ 32話【江戸の鬼】

太閤、豊臣秀吉は、波乱に満ちたその生涯を閉じた。 秀吉が亡くなった事に江は、深い悲しみを感じていた

記事を読む

江 あらすじ 24話【利休切腹】

豊臣秀吉は、北条攻めの論功行賞として、徳川家康に 所領を加増すると見せかけて関東への国替えを命じた

記事を読む

江 あらすじ 1話【湖国の姫】

2011年のNHK大河ドラマ「江~姫たちの戦国」がいよいよスタート。 浅井3姉妹の末っ子、江姫の生

記事を読む

江 あらすじ 27話【秀勝の遺言】

江は、夫である秀勝との子・完(さだ)を生むが、 秀勝を亡くした悲しみから我が子を抱く事も出来ずにい

記事を読む

江 あらすじ 2話【父の仇】

2011 NHK 大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」の第2話のあらすじ。 初回放送の視聴率は、20%

記事を読む

ab

広告

ab

広告

藤原定子 夫・一条天皇に寵愛されたが実家の没落に見舞われた悲運の皇后

母の高階貴子や清少納言は取り上げたのですが、肝心の藤原定子を取り上げて

藤原宣孝 紫式部の夫で歳の差20歳以上?結婚生活は約3年で死別する

紫式部は、源氏物語という名作を世に出しましたが、当の本人は清少納言や和

清少納言と紫式部は犬猿の仲!?2度の結婚と藤原定子への宮仕え

紫式部のライバルとして名高い清少納言を取り上げます。 大河ドラマ

藤原道長の妻 源明子は本来なら女王の身分!源倫子との格差が大きい

藤原道長には、嫡妻である源倫子のほかに妻がもう一人います。源明子と言っ

藤原実資とその妻・桐子の夫婦仲は?日記「小右記」は本当にあった

お笑いの「ロバート」秋山竜次が、大河ドラマ「光る君へ」で藤原実資を演じ

→もっと見る

PAGE TOP ↑