*

江 あらすじ 10話【わかれ】

公開日: : 最終更新日:2016/02/23 大河ドラマのあらすじ , , , ,

大河ドラマ「江~姫たちの戦国」第10話です。
第10話は、茶々・初・江たち3姉妹と母、お市の方の
今生の別れがついにやってきます。

本能寺の変の翌年、天正11年(1583年)の冬、柴田勝家と
羽柴秀吉は、ついに決戦の時を迎えます(賤ケ岳の戦い)

賤ケ岳の戦いは、秀吉軍が有利で柴田軍は劣勢になり、
そのまま北庄城へと敗走することになります。

羽柴軍に北庄城を包囲されて、茶々と初は、幼い頃に
父、浅井長政を亡くした小谷城の落城を思い出します。

柴田勝家は、お市の方に三姉妹とともに城から脱出してほしいと願う。
しかしお市は、この申し出を断り、夫と城とともに自害する道を選ぶ。
お市は、生き延びても秀吉の側室になる運命にあり、
浅井長政から託された三姉妹を育てる約束も果たしたので
今度は夫とともに死を選ぶことにしたのだった。

三姉妹は、母が城に残ると告げられて、自分たちも城に残ると訴える。
お市は三姉妹にそれぞれ形見の品を渡して、意思が固い事をわからせる。
そして、三姉妹を石田三成に託してお市は勝家とともに自害するのでした。

ab

広告

関連記事

江 あらすじ 25話【愛の嵐】

豊臣秀吉に切腹を命じられた千利休。 上杉軍の兵3千に囲まれた屋敷に軟禁されてしまう。 江は、

記事を読む

江 あらすじ 30話【愛しき人よ】

江 あらすじ 30話【愛しき人よ】 江は、徳川秀忠に嫁いだが、ふたりの関係は最悪だった。 江

記事を読む

江 あらすじ 16話【関白秀吉】

江たちがいる大阪城に、羽柴秀吉の家族がやってきた。 秀吉の母・なか、秀吉の姉・とも、秀吉の妹・旭た

記事を読む

江 あらすじ 11話【猿の人質】

2011年大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」の第11話のあらすじ。 北庄城の落城に伴い、母のお市の方

記事を読む

江 あらすじ 5話【本能寺の変】

NHK大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」第5話(2011年2月6日放送)です。 いよいよ織田信長が、

記事を読む

江 あらすじ 19話【初の縁談】

茶々が秀吉の側室になってしまうかもしれないと焦る江。 江は、もうひとりの姉である初に相談しようとす

記事を読む

江 あらすじ 24話【利休切腹】

豊臣秀吉は、北条攻めの論功行賞として、徳川家康に 所領を加増すると見せかけて関東への国替えを命じた

記事を読む

江 あらすじ 43話【淀、散る】

江 あらすじ 43話【淀、散る】 徳川家康は、大坂城にいる牢人たちを追放するか 秀頼と淀殿が大坂

記事を読む

江 あらすじ 45話【息子よ】

竹千代に化粧をしていた理由を聞いても答えない。 理由もわからずただ怒りに震える江。 そんな中

記事を読む

江 あらすじ 18話【恋しくて】

江 あらすじ 18話【恋しくて】 大阪城で、江たち三姉妹と羽柴一族が集まっていた。 秀吉は、「豊

記事を読む

ab

広告

ab

広告

藤原定子 夫・一条天皇に寵愛されたが実家の没落に見舞われた悲運の皇后

母の高階貴子や清少納言は取り上げたのですが、肝心の藤原定子を取り上げて

藤原宣孝 紫式部の夫で歳の差20歳以上?結婚生活は約3年で死別する

紫式部は、源氏物語という名作を世に出しましたが、当の本人は清少納言や和

清少納言と紫式部は犬猿の仲!?2度の結婚と藤原定子への宮仕え

紫式部のライバルとして名高い清少納言を取り上げます。 大河ドラマ

藤原道長の妻 源明子は本来なら女王の身分!源倫子との格差が大きい

藤原道長には、嫡妻である源倫子のほかに妻がもう一人います。源明子と言っ

藤原実資とその妻・桐子の夫婦仲は?日記「小右記」は本当にあった

お笑いの「ロバート」秋山竜次が、大河ドラマ「光る君へ」で藤原実資を演じ

→もっと見る

PAGE TOP ↑