*

江 あらすじ 26話【母になる時】

公開日: : 最終更新日:2016/02/23 大河ドラマのあらすじ , ,

江 あらすじ 26話【母になる時】
江は秀勝と結婚して、京の聚楽第で幸せな生活を送っていた。
江は、甲斐甲斐しく秀勝のために世話を焼き、侍女達も呆れる程だった。

新婚の江と秀勝には、秀吉から兄の秀次を監視するという
役目を背負わされていたが、兄を慕っていた秀勝は、
監視は無用だと江に伝える。

江は、秀次・秀勝が本当に仲が良い兄弟で、秀次自身、
文学が好きで優しい一面がある事を知る。

幸せな生活の中、突然、秀勝が朝鮮に出陣する事になる。
江は、不安の中、秀勝を送りだす。

大坂城にいた淀(茶々)は、鶴松の死を乗り越えて、
子供が欲しいと九州の秀吉のもとに旅立つ支度をしていた。

そんな中、江は懐妊した事に気付く。
愛する人の子供を宿し母となる喜びをかみしめる江。

しかし、身重の江に次々と不幸の知らせが届く。
秀吉の母、大政所が病に倒れ亡くなる。
そして、夫、秀勝が戦地で亡くなったという知らせも届く。

絶望の中、江は出産を迎えていた。

ab

広告

関連記事

江 あらすじ 16話【関白秀吉】

江たちがいる大阪城に、羽柴秀吉の家族がやってきた。 秀吉の母・なか、秀吉の姉・とも、秀吉の妹・旭た

記事を読む

江 あらすじ 43話【淀、散る】

江 あらすじ 43話【淀、散る】 徳川家康は、大坂城にいる牢人たちを追放するか 秀頼と淀殿が大坂

記事を読む

江 あらすじ 24話【利休切腹】

豊臣秀吉は、北条攻めの論功行賞として、徳川家康に 所領を加増すると見せかけて関東への国替えを命じた

記事を読む

江 あらすじ 1話【湖国の姫】

2011年のNHK大河ドラマ「江~姫たちの戦国」がいよいよスタート。 浅井3姉妹の末っ子、江姫の生

記事を読む

江 あらすじ 14話【離縁せよ】

江は、姉たちに別れを告げて尾張大野城の佐治一成のもとに嫁いだ。 佐治一成との婚礼の最中、江は乳母か

記事を読む

江 あらすじ 34話【姫の十字架】

江戸城で、江はふたりの娘・千姫と珠姫と平穏な日々を送る。 徳川家康は、大阪城の西の丸に入り実権

記事を読む

江 あらすじ 23話【人質秀忠】

豊臣秀吉の妹で徳川家康の後妻になっていた旭が病床にいた。 お見舞いに駆け付けた江は、そこで家康の子

記事を読む

江 あらすじ 41話【姉妹激突!】

江 あらすじ 41話【姉妹激突!】 江戸城では、長男・竹千代の傍若無人な振る舞いをみて 江は、福

記事を読む

江 あらすじ 9話【養父の涙】

2011年3月6日(日)放送の大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」 第9話は、「養父の涙」という内容で

記事を読む

江 あらすじ 20話【茶々の恋】

江のもとに京極高次に嫁いだ初からの文が届いた。 その文には、初の「のろけ話」が沢山綴られていた。

記事を読む

ab

広告

ab

広告

高階貴子 百人一首に選ばれた当代きっての女流歌人!中宮・藤原定子の生母

今回、取り上げる人物は、藤原道長の長兄・藤原道隆の奥さんである高階貴子

赤染衛門 凰稀かなめ演じる女流歌人!紫式部や和泉式部との仲は?

藤原道長の妻・源倫子に仕えていた赤染衛門を取り上げます。読み方は「あか

源倫子のおかげで藤原道長は出世した?子供に恵まれて長生きだった

2024年大河ドラマ「光る君へ」の第3回から登場している源倫子(みなも

円融天皇の愛妻は詮子・遵子ではなく最初の中宮・藤原媓子だった!?

大河ドラマ「光る君へ」に登場する人物という事で、第64代天皇である円融

藤原惟規 紫式部の弟は出来が悪い?紫式部日記から分かる姉弟の仲とは

紫式部の弟とされる藤原惟規(ふじわらののぶのり/これのぶ)を取り上げま

→もっと見る

PAGE TOP ↑