*

戦国時代 姫

公開日: : 最終更新日:2016/12/19 戦国時代のエピソード , ,

戦国時代 姫 に纏わる話をご紹介します!
大河ドラマ「江」は、ヒロインのお江、姉の茶々と初、
いわゆる『浅井3姉妹』を中心としたストーリー展開です。

戦国時代の大名家のお姫さまは、政略結婚の道具とされて、
自分の意思とは関係なく家のために生きる宿命にあります。
幸せに生きた戦国時代のお姫さまは少ないのでは?

江は、少女時代は一見不遇のように感じますが、父は亡くしたが
母や姉たちがいて、後ろ盾もあり恵まれていたように思います。
結婚3回でも最後は、徳川2代将軍のただひとりの妻として
子供たちにも恵まれて幸せな一生を送れたと思います。

悲惨な戦国時代のお姫様は、家が滅ぼされると自害したり
殺されたり強姦されたり売り飛ばされたりしたそうです。
滅ぼされた家の奥方や姫が、敵方の側室になる事もあります。
敵方に嫁ぐのは、可哀相な感じもしますが、かえって
幸せな事かもしれません。路頭に迷うところを救われるのですから。

戦国時代の印象深い姫についてご紹介します。
駒姫というお姫様です。

■駒姫

最上義光の息女で、豊臣秀次の側室だった。
東国一の美少女と呼ばれ、その噂を聞いた豊臣秀次が無理矢理
側室にした。輿入れして間もなく秀次が切腹させられた。
秀次とはまだ夫婦になっていなかったが、連座の罪で秀次の
妻・子供たちと一緒に駒姫も三条河原で処刑された。
駒姫の実母は、ショックのあまり14日後に自害している。

もっと知りたい! お江と戦国の女たち大河ドラマ 江

ab

スポンサーリンク

関連記事

no image

平家物語のあらすじ

平清盛という人物を知る上で役立つ書物といえば、やはり「平家物語」だと思います。平家物語を読んだ事がな

記事を読む

no image

平清盛関係のおすすめ本

大河ドラマの存在を抜きにしても平清盛を扱った書籍は沢山出回っています。今回は、平清盛を扱った作品の中

記事を読む

戦国大名で格式のあるのは?

戦国時代は、下剋上の時代なので身分の低い者が身分の高い者を倒して大名になるというのが行われていました

記事を読む

戦国時代の下剋上と裏切り

戦国時代は下剋上の時代なだけあって、下の者が上の者を裏切るというのはよくある話です。中でも裏切りとい

記事を読む

歴代の大奥総取締役

最終回を迎えたテレビドラマ「大奥誕生~有功・家光編」ですが、視聴率は振るわなかったようですね。初回が

記事を読む

側室が家臣に与えられるのは普通にあり?

戦国時代や江戸初期にお殿様の側室が家臣に払い下げられるという事があったようです。有名どころでは、豊臣

記事を読む

戦国時代のお化粧

大河ドラマでは、女優さんが演じているのもありますが、登場人物の女性は化粧をしている事が多いです。化粧

記事を読む

戦国時代の戦場で女も戦った?

戦国時代の戦場は、男ばかり、、、では実はないです!女性も一緒に戦っている事が史実でも明らかにされてい

記事を読む

ab

スポンサーリンク

ab

スポンサーリンク

牧の方 りくという名前で登場する北条時政の後妻

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」ですが、今回登場する人物は宮沢りえが演じて

平宗盛の最期とは?平清盛の後継者で父と正反対の性格で家族思い!

今回は、平清盛の後継者である平宗盛(たいらのむねもり)を紹介していきま

大姫 源頼朝と北条政子の娘で婚約者の源義高を亡くし心の病になる

北条義時主人公の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」ですが、大姫の婚約者である

源範頼 源頼朝の弟で源義経と比較されて凡将?最期は謀反・・・

源平合戦の最終章・・・源義経がついに平氏を追い詰めていくストーリーを大

源義経の正室 郷御前は静御前と対立!?夫と共に平泉に逃れて悲劇の最期

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」では、源義経が無尽の活躍をみせて平氏がいよ

→もっと見る

PAGE TOP ↑